I.L

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
漫画:I.L
作者 手塚治虫
出版社 小学館
掲載誌 ビッグコミック
発表期間 1969年8月 - 1970年3月
テンプレート - ノート

I.L』(アイエル)は、手塚治虫による日本の各回読み切りの漫画。「ビッグコミック」(小学館)にて1969年8月から1970年3月にかけて連載された。

概要[編集]

当初は風俗漫画の予定であったが、結局は大人のためのメルヘンとして構想された。 『I.L』という謎めいたタイトルは、もともと手塚自身がI'll(私は~であろう)とするつもりだったにもかかわらず、出版社のミスでこのようになり、手塚がヒロインの名前に「I.L」を使って難を切り抜けたという。 手塚作品の中では、失敗作として挙げられることも多いが大林宣彦により「天才の失敗作は、凡人の成功作よりも遥かに魅力的である。」として評価された。

あらすじ[編集]

実験映画の全盛期に反発する伊万里大作は、やけくそで実験映画のパロディーを作って廃業に追い込まれる。 面白くない気分で街をぶらついているうちに、怪しい家屋に引き寄せられ、その中でアルカード伯爵と名乗る怪人物(実はDraculaのアナグラムで吸血鬼)から、現実社会がもっと神秘的なものとなるように、この世の陰の演出家を勤めてほしい、と強引に言い渡される。 そして姪だという不思議な乙女、I.Lが委ねられる。 I.Lは棺桶にこもって、誰にでも変身することのできる女だった……。

単行本[編集]