IBM・イン・アトムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

IBM in atoms(IBM・イン・アトムズ)は、1989年にIBMの科学者が行った、個別の原子を操作する技術のデモンストレーションである[1]

カリフォルニア州サンノゼにあるIBMアルマデン基礎研究所英語版ドン・アイグラー英語版とErhard Schweizerは、走査型トンネル顕微鏡を使用して、ニッケルの冷却結晶の基板上に"IBM"の3文字の形になるように35個のキセノン原子を個別に配置した。原子を平面上に正確に配置したのはこれが世界で初めてだった[2]

2013年4月30日、IBMはこの技術を応用した原子によるアニメーション"A Boy and His Atom"を公開した[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]