IBM Systems

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

IBM Systems(IBMシステムズ)は、IBMが2005年より使用している、サーバーおよびストレージ製品のブランド名である。

IBM Systems
開発元 IBM
公式サイト システム基盤(サーバー、ストレージ)
テンプレートを表示

概要[編集]

従来の「eServer」はダウンサイジングの潮流に直面した時期のため「オープン標準を備えたサーバー」のイメージを強調したが、2005年からの「IBM Systems」は過去のSystem/360等へ回帰するネーミングであり、また「サーバー単体ではなく、トータルシステムとして」のイメージとされた[1]

IBM Systemsは、現在では以下の各シリーズ(サーバー 3シリーズ、およびストレージ)から構成される。

2008年に、System iとSystem pが統合され、Power Systemsとなった[3]。なお「Systems」と複数形になるのは、総称である「IBM Systems」と、統合後である「Power Systems」のみである。

IBMのサーバー全体のブランド名の推移は下表の通りである。ただし個別の製品名称では、以下のブランド名は付かないものもある(S/390エンタープライズサーバーBladeCenterなど)。

IBMのサーバーのブランド名の推移
1990年 - 2000年 - 2005年 - (2008年 - )
サーバー全体 (なし) IBM eServer IBM Systems
メインフレーム ES
(Enterprise System)
eServer zSeries System z
ミッドレンジ AS
(Application System)
eServer iSeries System i Power Systems
UNIXサーバー RS
(RISC System)
eServer pSeries System p
x86システム PS
(Personal System)
eServer xSeries System x
ストレージ (なし) (なし) System Storage

参照[編集]

関連項目[編集]