IBSレディオヘヴン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
IBSレディオヘヴン
ジャンル 音楽・バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1999年10月4日2000年3月31日
パーソナリティ 増田明美
古瀬俊介
高木圭二郎
テンプレートを表示

IBSレディオヘヴンは、茨城放送1999年10月4日から2000年3月31日まで放送された音楽番組である。

当時の茨城放送のナイターオフ編成時は19時から「松本ひでおヨッ!お疲れさん」(ニッポン放送発)を19時30分で飛び降り、19時30分からそれまで放送していたIBSミュージックデリバリーをリニューアルする形でスタートした。(月曜のみ20時5分から)

出演者[編集]

1999年11月3日は、古瀬がナビスコカップ取材のため、高木が代役で務めた。

放送時間[編集]

毎週月~金曜 19:30~21:00(月曜のみ20:05~21:00)途中20:00~20:05茨城新聞ニュース挿入

ただし、IBSスーパーサッカー、県立高校の解答と解説が同枠に入る場合、番組はお休みとなった。

主な内容[編集]

  • 月曜 ワールドミュージック
  • 火曜 あの頃のあの歌
  • 水曜 ランキング19××
  • 木曜 最新J-POP
  • 金曜 最新洋楽

主なコーナー[編集]

リクエスト
番組前半は上述のテーマ音楽を流し、後半にリスナーからのリクエストを流していた。
リクエストは放送開始前の18:30から20:30まで受け付けていた。なお、リクエストは上述のテーマに限らずリクエストできる。
CDシングルルーレット
木曜前半のコーナー。茨城放送のレコード室には10000枚程度(1999年当時)の8Cmシングルが保管してあり(入荷順から順にシングルナンバーが付けられ、99年頃は9000番台後半まであった。)、1分間万歩計を使って出た数字(例:例えば105という数字が出ればシングルナンバー0105番の8Cmシングルがかかる)や、1~0の数字の書かれた的に鉛筆を4回倒して出た数字などの曲をかけていた。
また、このコーナーは後に「PIT IN!」でも行っている。
くしくも1999年頃はシングル盤が8Cm盤より現在のようにマキシシングルでリリースするほうが多くなってきた頃でもある。(最近のJ-POPではほとんど8Cm盤シングルでのリリースは無い)
クイズdeヘブン
木曜後半のコーナー。2人のリスナーと電話を繋いでクイズに答えるというコーナー。3問正解すればリクエストがかかる。
原曲VSカバー曲
金曜後半のコーナー。主に洋楽(原曲)と、日本人アーティストがカバーした曲を流す。

関連項目[編集]

茨城放送(IBS) ナイターオフ平日夜の番組
前番組 番組名 次番組
1999年度
IBSレディオヘヴン
※ここまでIBS自社制作
2000年度
スーパーミュージックスタジアム
(※ここからニッポン放送ネット)