iBasso Audio

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

iBasso Audio(アイバッソ オーディオ)は、中国に本拠を置く音響機器メーカー。ヘッドフォン・イヤフォン用のポータブルアンプDACDACの開発・製造を主業務としている。

概要[編集]

2006年に設立されて以来、小型・高音質のポータブルヘッドフォンアンプおよび派生製品の製造を行っている。日本に於いては2010年からヒビノインターサウンド[1]が輸入代理店となり、7月から製品の販売が開始された。日本で取り扱っていた製品についてはヒビノがその改良提案・アドバイスを行っており、ベースモデルとは細部に相違点があった[2]

2018年8月から輸入代理店が株式会社MUSINに引き継がれた[3][4]

主な製品(日本)[編集]

ここでは代理店経由で日本へ輸入・販売されている主な製品について解説する。

ヘッドフォンアンプ[編集]

D12 Hj

内部電源としてリチウムポリマー二次電池を搭載する。一部の製品はUSB端子からの外部直接給電に対応する。LR独立オペアンプやハイサンプリング・ハイレゾリューション音源に対応したDACを搭載した製品もある。
(発売時系列順に記載)

  • T3 Hj
  • D2+ Hj Boa
  • D12 Hj
  • D5 Hj
  • A01
  • A02
  • D55
  • D zero-SE
  • MICRO PRECISION DH1

ポータブルメディアプレーヤー[編集]

  • HDP-R10
インターフェイスにAndroid OS (Android 2.3.1) を採用したポータブルメディアプレーヤー[5]高級オーディオ並みのLR独立オペアンプや32bit DACを搭載し、非圧縮24bit/192kHzのハイレゾリューションPCM音源およびDSD音源(但しDSD2.8Mのみ対応かつ内部でPCMにリアルタイム変換される)に対応。プリインストールされている「HD Music Player」は、圧縮音源やCD並み無圧縮音源のアップサンプリングに対応している。Wi-Fi通信機能を持つ[6]が、Google Playには非対応[7]。単体のDACとしては機能しない(各種デジタル入力やPC用音源としてのUSB入力は無い)[8]
  • DX90j
独自UIを採用したデジタルオーディオプレーヤー。HDP-R10とはうって変わって小型化し、音楽再生に特化している。中国市場向けのDX90に対して無鉛銀ハンダ使用、別工場への製造委託といった日本市場向け独自のチューニング・品質管理がされている[9]
LR独立したD/Aコンバータやオペアンプを搭載。ハイレゾリューションPCM音源およびDSD音源再生に対応している(但しDSD2.8Mのみ対応かつ内部でPCMにリアルタイム変換される)。ストレージは内部に8GB分を内蔵しているほか、拡張用micro SDHC/SDXCスロット1基搭載。また、UUSB-OTG機能により外部ストレージにも対応[10]。USB-DAC機能を搭載している。
  • DX80
2016年4月発売。DX90jの下位モデルの位置づけながら、米SiTime社のMEMSクロックを2基搭載し、DSD音源も5.6MHzまでネイティブ再生に対応するなど、スペックアップしている部分もある[11]。バランス出力には対応していない。
  • DX150
2018年8月発売。インターフェイスにAndroid OSを搭載したプレイヤー。フラッグシップモデルであるDX200のDACを変更している[12]。DX200と同じ規格のアンプモジュールに対応し、標準ではAMP6(2.5mmバランス対応、省電力版)が搭載される。
  • DX200
2018年11月発売。本国では2016年末に発売されたが、日本では代理店(ヒビノ)による取り扱いが行われず、代理店変更により漸く正規取り扱いがされるようになった。この機種から採用された独自規格のアンプモジュールに対応し、標準ではAMP1(2.5mmバランス対応)が搭載される。

脚注[編集]

  1. ^ ヒビノの子会社
  2. ^ iBasso Audioの注目のポータブルアンプ、2機種を聴く -AV Watch(2010年7月15日 インプレス
  3. ^ iBasso Audio製品 輸入販売代理店変更のお知らせ(ヒビノインターサウンド)
  4. ^ iBasso Audioブランドの輸入代理業務を開始(株式会社MUSIN)
  5. ^ ハイレゾ音源持ち出せる究極の携帯プレーヤー「HDP-R10」、その真価を探る! : BCNニュース : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(2012年9月8日 読売新聞
  6. ^ ただし、音楽再生時のノイズの原因になるという理由で、メーカー側からはできるだけWi-Fi機能をオフにしておくことが推奨されている
  7. ^ 発売開始当初の製品にはGoogle Playがバンドルされていたが、一部のアプリケーションのインストールにより音飛びやノイズが発生するという理由により、2012年12月のファームウェア・アップデートにおいてバンドルが廃止された。
  8. ^ 【レビュー】FLAC/DSD対応のAndroid再生機「iBasso HDP-R10」を聴く -AV Watch(2012年8月28日 インプレス
  9. ^ iBassoからハイレゾポータブルプレーヤー「DX90j」登場! 音質・使い勝手をレビュー - Phile-web(2014年7月23日付 音元出版
  10. ^ iBasso Audioから日本向けにリファインされたポータブルプレーヤーDX90j | Stereo Sound ONLINE(2014年6月27日付 ステレオサウンド
  11. ^ MEMSクロックを搭載したハイレゾ対応ポータブルプレーヤー、iBasso「DX80」が発売に(2016年4月21日付 ITmedia
  12. ^ AK4490EQをデュアルで搭載