ICE 4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ICE 4
ICE 4
ICE 4
基本情報
運用者 ドイツ鉄道
製造所 シーメンス・モビリティボンバルディア
運用開始 2017年12月
主要諸元
編成 K1n: 7両編成(3M4T)
K3s: 12両編成(6M6T)
軸配置 K1n: 2'2' + Bo'Bo' + 2'2' + Bo'Bo' + Bo'Bo' + 2'2' + 2'2'
K3s: 2'2' + Bo'Bo' + Bo'Bo' + 2'2' + Bo'Bo' + Bo'Bo' + 2'2' + Bo'Bo' + 2'2' + Bo'Bo' + 2'2' + 2'2'
軌間 1,435 mm
電気方式 交流15 kV 16.7 Hz
最高運転速度 K1n: 230 km/h
K3s(10両編成): 249 km/h
K3s(7・12両編成): 250 km/h
K4s: 265 km/h
編成重量 K1n: 455 t
K3s: 659 t
長さ 先頭車: 28.6 m
中間車: 27.9 m
2,852 mm
高さ 4,115 mm
編成出力 K1n: 4,950 kW
K3s (12輌編成): 9,900 kW
K4s: 11550 kW
テンプレートを表示

ICE 4は、ドイツ鉄道の高速列車ICEで使用される動力分散方式高速鉄道電車である[1]。車両形式は電動車412形制御車付随車812形が付与された。

概要[編集]

機関車が牽引する客車列車のICと、ICE 1ICE 2の置き換え、将来的なICE網の拡充のために導入が計画された。 そのため、高速化に重点が置かれていたICE 3までのICEシリーズに対し、ICE 4では最高速度はやや控えめで、多様な両数の編成にも柔軟に対応できるなど、経済性に重点が置かれている[2]

量産先行車の落成は2015年1月で、同年3月に10両から12両編成に注文を変更、同年12月にICxからICE4に再命名され[3]た。2016年の秋から14ヶ月の試運転を開始し[4]、2017年12月から運用開始の予定であったが[3]、同年6月時点で異常振動が発生しているとデア・シュピーゲル紙が報じている[5]

構造[編集]

車体はICE 3同様にアルミニウム合金を採用し、軽量化が図られている。前面形状はICE 3に類似しているが差異が見られる。運転席はICE 3同様、車体中央部に配置されている。これにより、国によって複線の通行方向(右側・左側、ドイツは右側通行)が異なっていても対応できるようになっている。

MT比が1:1の動力分散方式で、制御装置はインバータ制御方式、最高速度は組成によって異なり、3M4Tは量産先行車(K1n 編成)が230 km/h、量産車(K1s)が250 km/h、5M5T(K3s)が249 km/h、6M6T(K3s)が250 km/h、7M6T(K4s)が265 km/hである[3]欧州鉄道機関相互運用性を確保するTSIの等級区分のうち、速度の境界は250 km/hであり、K3sの10両編成を190 km/h以上250 km/h未満の「クラス2」とすることで設備投資を抑えることが可能となる。

12両編成では、全長346 m、座席数830席(1等205席、2等625席)[3]となる。

脚注[編集]

関連項目[編集]