ICE T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ICE T
ICE T
ICE T
基本情報
運用者 ドイツ鉄道
製造所 シーメンスボンバルディアアルストム
製造年 1997年 - 2004年
製造数 411形: 60編成
415形: 11編成
運用開始 1999年5月[1]
主要諸元
編成 411形: 7両編成
415形: 5両編成
軌間 1,435 mm
電気方式 交流15kV 16.7Hz
最高速度 230 km/h
編成長 411形: 185 m
415形: 132.6 m
編成出力 411形: 4,000 kW
415形: 3,000 kW
テンプレートを表示

ICE Tは、ドイツ鉄道車体傾斜式高速電車である。ICE 3と同様の動力分散方式を採用する。

開発[編集]

車体傾斜試験 ICE T

ICEの高速列車網を高速新線だけでなくカーブが多い在来線にも拡大するため[1]車体傾斜機構を搭載し、従来のインターシティーに代わる列車として開発されたのが動力分散式のICE Tである[1]。7両編成の411形と5両編成の415形の2種類が存在する[1]

ドイツ南部の丘陵路線の高速化のために導入され、1999年5月にシュツットガルトからスイスチューリッヒの間で5両編成の415形の営業運転を開始した[1]。同年秋には7両編成の411形も登場している[1]。前面形状は同じく動力分散式のICE 3と類似するが、前面形状やライト配置、先頭部の赤帯の有無で識別できる[2]。411形は2編成、415形は最大3編成の併結運転も可能である。

最高速度は230km/hである[1]。車体傾斜機構はペンドリーノと同じイタリアフィアット社の技術を用いた[1]。最大傾斜角は8度で、曲線通過速度は20%向上した[1]

制御装置はインバータ制御方式を、電動機には三相交流誘導電動機を採用している。

編成[編集]

411形[編集]

DBとÖBBの両方のロゴが入ったÖBBの4011形

7両編成のグループ。1999年 - 2000年に、一次車として32編成が製造された。また2004年 - 2005年には、二次車 (ICE T2) として28編成が製造された。二次車は一次車より、編成定員が増加している。

2007年12月のダイヤ改正に合わせて、オーストリア連邦鉄道がドイツ鉄道の411形のうち3編成を購入し[3]、同鉄道の4011形となっている。

編成内容は以下のとおりである。

  • 411.5形:1号車・制御車(パンタグラフ付)・2等車
  • 411.6形:2号車・電動車・2等車
  • 411.7形:3号車・電動車・2等車
  • 411.8形:4号車・付随車・2等車
  • 411.2形:5号車・電動車・食堂車 (Bord Restaurant)
  • 411.1形:7号車・電動車・1・2等車
  • 411.0形:8号車・制御車(パンタグラフ付)・1等車

415形[編集]

5両編成のグループ。1997年に11編成が製造された。供食設備は"Board Restaurant"ではなく、立食形式の"Board Bistro"となっている。

編成内容は以下のとおりである。

  • 415.5形:1号車・制御車(パンタグラフ付)・2等車
  • 415.6形:2号車・電動車・2等車
  • 415.7形:3号車・電動車・2等車
  • 415.1形:7号車・電動車・食堂車 (Bord Bistro) ・2等車
  • 415.0形:8号車・制御車(パンタグラフ付)・1等車

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『世界の高速列車II』195頁
  2. ^ 『世界の高速列車II』196頁
  3. ^ 『世界の高速列車II』197頁

参考文献[編集]

  • 『世界の高速列車II』 地球の歩き方、ダイヤモンド社、2012年、194頁-199頁。ISBN 978-4-478-04279-3。

関連項目[編集]