ICa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ICa(アイカ)とは、北陸鉄道グループが運行するバス・鉄道で利用されている、非接触型ICカード方式による乗車カードの名称である。日本海側では初導入のIC式乗車カードである。技術自体はソニーが開発したFeliCaを採用している。名称は、一般公募によって集められた642件の中から「利用客に愛されたいと言う意味を込めて、またICカードをそのまま表しシンプルで覚えやすく親しみやすい」と選ばれた、北陸鉄道の登録商標である。

ICa定期券(通学定期)

特徴[編集]

  • プリペイドカード定期乗車券とバス回数乗車券の機能を統合している。
  • 高齢者への分かりやすさを考慮し、プリペイド追加入金のことを「積み増し」と称する。積み増しはバス車内及び取り扱い窓口のほか、窓口などに設置されている自動積み増し機でも行うことができる。

カードの種類[編集]

カードはいずれも、取り扱い窓口でのみ購入することができる。バス車内では販売していない。

一般カード

初回販売額は2,000円(カードデポジット500円、及び利用残額1,500円にプレミア10%分150円が付与される)で、残額がなくなったらカードに「積み増し」し、1枚のカードを繰り返し利用することが可能である。

  • プリペイドタイプ - 紙製のバス回数乗車券(10%割引)を代替したため、運賃割引制度を継承している。後述する会員登録をせずとも、希望すればカード表面に記名してもらえる。[要検証]
  • 定期券タイプ - プリペイドタイプに定期乗車券機能を追加したタイプ。後述する会員登録がなされ、利用履歴照会の際は身分証明書(運転免許証など)が必要。
定期乗車範囲を乗り越した場合、乗り越し料金はプリペイド残高から精算される。乗り越し区間が両側にまたがる場合は、それぞれの乗り越し料金が減算される。
定期乗車経路外で利用した場合もプリペイド残高から運賃精算される。
記念カード

初回販売額や1枚のカードを繰り返し利用可能という点では一般カードと同じであるが、贈答用途を含んでいるため、

  1. 会員登録をすることができない
  2. 定期券として利用することができない

という点で一般カードと異なる。

利用可能範囲[編集]

バス

プリペイドタイプ、定期券タイプともに利用が可能。車体外部の乗車口近くに、ICaを使用することが可能であることを示すステッカーが貼ってあるバスで利用可能。

石川県外高速バス、定期観光バス、城下まち金沢周遊、北陸鉄道バスグループが運行を受託している金沢ふらっとバス以外のコミュニティバス白山市めぐーる」、能美市のみバス」など)、能登・加賀方面特急・急行バス、イベント・臨時バス(兼六園シャトルはICa利用可能)や、北鉄能登バス北鉄奥能登バス加賀温泉バスが運行する能登・加賀地区一般乗合路線では、ICaを利用することはできない。
鉄道

定期券タイプのみが利用可能。石川線浅野川線ともに下記の終着駅のみにリーダ・ライタが設置されている。

上記4駅以外で乗降する場合は、駅係員に経路・氏名などの印字面を提示しなければならない。

主なサービス[編集]

会員登録[編集]

希望する利用客は取扱窓口で会員登録をすることができ、カードに氏名が印字される。カード新規購入時に限らず未登録の既存カードでも登録でき、登録したカードは紛失時の再発行が可能となる。登録手続きは、住所、氏名、生年月日、電話番号、性別、学生は学校名などを所定の申込用紙に記入のうえ、(未登録既存カードの場合は当該カードも供に)取扱窓口に提出すればよい。

利用者を限定する条件で発行する下記カードの場合は、会員登録が必要となる。

  1. 定期券タイプ
  2. ジュニアカード(自動的に小児運賃で精算)
  3. 特別割引カード(自動的に割引適用後の運賃で精算)

プレミア[編集]

新規に購入するとき、また追加入金(積み増し)時に、一律10%の「プレミア」がつく。紙製のバス回数乗車券を代替したため、運賃割引制度を継承している。紙製のバス回数乗車券は車内でも購入可能だったため、車内でのプリペイド追加入金を可能としている。観光客などの短期少回数利用を想定して、11枚綴りの紙製回数券については引き続き販売している。

複数回乗車割引[編集]

30分以内のバス乗り継ぎで、乗継割引(30円引)が適用される。30分以内の往復利用を想定しているほか、停留所を移動しての乗り継ぎ(降車停留所と再乗車停留所が不一致)でも適用される。紙製回数乗車券では実現不可能であった割引制度である。小松空港特急バスとの間でも適用されるが、金沢ふらっとバスや兼六園シャトル、および特別運賃区間(武蔵ヶ辻 - 香林坊間の100円区間など)がどちらかに含まれる場合は乗り継いだバスに乗継割引が適用されない。

エコポイント[編集]

金沢市の中心市街地活性化や、公共交通機関の利用促進などを目的として、2007年2月1日から開始された。

ICaをエコポイント対応カードに更新する[編集]

2007年1月31日以前に購入したICaは、エコポイントに対応していない。そのため、いずれかの方法でエコポイント対応カードに更新できる。

  • ICaの入金(積み増し)を係員が行っている窓口においてICaを提出、または入金(積み増し)する。バス車内や自動積み増し機では対応していない。
  • ポイント端末設置場所においてICaにポイントを加算する。

エコポイントをためる[編集]

  • バス
    • 利用金額100円につき1ポイント加算
    • 定期券金額100円につき1ポイント加算
  • 買い物
    • 加盟店ステッカーがある商業施設でICaを提示すると、購入金額2,000円につき20ポイント券が贈呈され、この券をポイント端末設置場所の窓口へ持参するとICaに加算してもらえた。2013年9月30日に全サービス終了。
  • カーシェアリング
    • カーシェア会員になると毎月エコポイント券が贈呈されていた。2006年11月よりサービスを開始したが、2013年2月に事業が終了した。事業終了後もしばらくはカーシェア会員向けポイント券を主要サービスセンターへ持参するとICaにエコポイントを加算してくれたが、2013年4月30日をもってポイント加算も終了し、カーシェア金沢発行のエコポイント券は無効になっている[1]

エコポイントを確認する[編集]

バス車内、ICaの入金(積み増し)を係員が行っている窓口、自動積み増し機、ポイント端末設置場所で確認することができる。

エコポイントを使う[編集]

100ポイント以上になると、ICaへの入金(積み増し)時や定期券継続購入時に、自動的に100ポイント単位で1ポイント=1円として「積み増し」に変換される。なお、これについては、バス車内や自動積み増し機でも対応している。

その他[編集]

  • 利用履歴照会 - 主な取扱窓口では、カードを提示することで最新から20件までの利用履歴印字を受け取ることができる。その際、会員登録済みカードの場合は身分証明が必要となる。
  • 自動積み増し機 - 取り扱い窓口などに設置されている自動積み増し機は1000円、2000円、5000円、1万円の各紙幣(一部は1000円紙幣のみ)が利用できるが、つり銭は出ない(投入紙幣全額が積み増しに充当される)ため、利用には留意を要する。

沿革[編集]

  • 2003年平成15年)4月1日 - ICカード推進室発足
  • 2004年(平成16年)
    • 1月16日 - ICカード愛称募集
    • 3月7日 - 第1次モニター試験運行開始 モニター126名(プリペイドタイプのみ)
    • 6月20日 - 第2次モニター試験運行開始 モニター330名(プリペイドタイプ222名・定期券タイプ108名)
    • 6月30日 - ICカード愛称発表 「ICa(アイカ)」
    • 10月12日 - マスコットキャラクター「アイカちゃん」発表
    • 11月4日 - 「ICa(アイカ)」体験会を実施
    • 12月1日 - プリペイドタイプ運用開始(バスのみ)
  • 2005年(平成17年)3月1日 - 定期券タイプ運用開始(バス・電車) ※電車は一部区間のみ
  • 2006年(平成18年)10月 - 発行数が10万枚を突破
  • 2007年(平成19年)2月1日 - 「ICaエコポイント」を開始
  • 2013年(平成25年) - 「ICaエコポイント」の一部サービスを終了

他社ICカードとの関係など[編集]

2015年3月14日西日本JRバス金沢エリアの一般路線においてICカード「PiTaPa」が導入された(同時に全国相互利用サービス対応カードも利用可能)。同日に北陸新幹線金沢駅への延伸開業に伴う利便性向上を目的としている。

2015年3月26日よりあいの風とやま鉄道の一部(「富山エリア」)で利用を開始し、2017年4月15日にはJR西日本・IRいしかわ鉄道・あいの風とやま鉄道の3社に跨った「石川・富山エリア」に利用範囲が拡大された(全国相互利用サービス対応)。

しかしながら、現状北陸鉄道のICカードである「ICa」については相互利用や片利用の予定は無く、現在ICaを西日本JRバス金沢エリア一般路線バスで利用することはできず、またICaをJR西日本やIRいしかわ鉄道で利用することはできない(その逆も同様)[2]

名鉄グループの傘下事業者のうち、名古屋鉄道が導入するmanacaや全国相互利用サービスに対応せず他のICカードを導入している例は、北陸鉄道の他に岐阜バス(ayuca)が存在する。いずれもmanacaより早く開始しているため統一が難しい。なお、名鉄グループの一社でicscaを導入している宮城交通は、2016年3月26日に片利用(Suica仙台エリアのみ交通相互利用)でmanacaや全国相互利用サービスに対応開始した。

また、2015年7月に国土交通省は、ICaを含む地域独自カードエリアにおいて、manacaや全国相互利用サービスに対応する新片利用システムの開発、支援を行うことを検討していると発表している。

2018年2月23日から、金沢駅西口バス待合室に設置の小松空港リムジンバス自動券売機(2基)のみ、全国交通系ICカードに対応した。(乗車券購入、残額確認のみ。ICa(アイカ)での購入は不可。カードリーダーのマークはmanaca)[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]