iD PHOTO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
iD PHOTO
iD
Idphotodisc.jpg
メディアの種類 光ディスク
記録容量 730MB
読み取り方法 赤色レーザー
書き込み方法 磁界変調記録
回転制御方式 CLV
策定 三洋電機日立マクセルオリンパス
主な用途 デジカメ用、データ等
ディスクの直径 5cm
大きさ φ5cm×0.6mm
関連規格 GIGAMOMOHi-MDMD
テンプレートを表示

iD PHOTO(アイディーフォト)は記録容量730MB、直径50mmの小型光磁気ディスクオリンパス光学工業三洋電機日立マクセルの3社が共同で開発し、1999年に発表した[1]

デジタルカメラ用の記録媒体として三洋電機のiD-Shot(IDC-1000Z)に採用され、実売されたが普及に至らず、後継機種や新規採用商品も販売されなかったため、市場から姿を消した。

概説[編集]

iD PHOTOは当時の光磁気関連技術の粋を集めたものといえる。

AS-MO(Advanced Storage Magnet Optical)の技術をベースに、デジタルカメラ向けに小型化したメディアとそれを納めるカートリッジ、メディアの論理フォーマット、記録するファイルフォーマットをまとめた規格で、デジタルカメラ用の大容量メディアとして注目された。

メディアは、120mmのAS-MOに対し50.8mmと小型化されており、カートリッジを含めたサイズも、MDよりもさらにコンパクト(Clik!と同程度)なものであった。記録方式は、磁界変調方式(MFM~Magnetic Field Modulation)で、トラックピッチやビット長もAS-MOに準拠。小型でありながら、730MBの大容量を実現している。

メディアのフォーマットには、DVDにも使われているUDF(Universal Disk Format)を採用。DCF(Design rule for Camera File system)準拠のディレクトリ(フォルダ)構造と、静止画(JPEG、DCF準拠)、音声(Exif2準拠)、動画(QuickTime準拠)の各ファイルフォーマットが規定されている。

2001年当時の半導体メモリはコンパクトフラッシュなどで容量が小さく、高価であったため730MBで2000円程度というiD-PHOTOディスクのメガ当たりの単価は半導体メモリーより2桁低いと考えられ、充分な競争力を持っていると思われた[2]。 しかしながら、半導体メモリーの大容量化や、PCとの親和性の向上、大幅な価格下落により容量・コストのメリットが薄れ、さらにデジカメの高画素競争により、対応商品であるiD-shotの150万画素のスペックでは競争力を有することができなかった。

メディアの種類[編集]

光磁気ディスクを採用しており、書き換え型である。日立マクセルが製造した。

対応機器[編集]

2001年2月1日に三洋電機がiD SHOT IDC-100Z(定価16万円)を販売開始し、「iD PHOTO」が実用化された[3]
2001年10月19日に三洋電機がメモリカードの画像を「iD PHOTO」ディスクに記録できるiDstorageを販売した[4]

経緯[編集]

1999年[編集]

  • オリンパス光学工業、三洋電機、日立マクセルの3社がiD フォーマットを発表。

2000年[編集]

  • 9月 - iD PHOTO規格書発行。
  • 10月1日 - 三洋電機より対応商品として、一眼レフ型デジタルカメラ iD-Shotのリリース発表。
  • 12月8日 - 発売予定日だったが延期。

2001年[編集]

  • 2月1日 - iD-Shot 正式販売開始。
  • 10月19日 - 三洋電機がiD PHOTO対応ストレージャiDstorageを販売開始。

2005年[編集]

  • 5月 - 国際規格IEC62345としてID formatが承認された[5]

余談[編集]

その後、三洋電機のデジカメは半導体メモリーを採用し、OEMを中心に製造シェアを拡大。自社ブランドでも動画デジカメXactiを展開し、大きな成功を収める。三洋電機のH.22のデジカメ部門売り上げは約1500億に達している[6]。 この成功の背景には開発当時に圧倒的な大容量を持ったiD PHOTOディスクをデジカメに採用したことにより、高画質動画デジカメに関する開発が先行したが挙げられている[7][8]

脚注[編集]

  1. ^ iDフォーマット PC Watch 2/28記事
  2. ^ 日本応用磁気学会誌 vol. 25, (no.1), pp.37-40, (2001) iD PHOTO フォーマット 
  3. ^ iD shot PC Watch 記事
  4. ^ iDstrage PC Watch 記事
  5. ^ IEC62345 IEC
  6. ^ H22.3三洋決算資料 三洋電機パナソニック入りの年の決算
  7. ^ 成功の陰にあるもの 日経エレクトロニクスTech-ON! 記事
  8. ^ 日経エレクトロニクスでは2009年3月23日号 Xactiの開発物語 記事

参考文献[編集]

  • 日本応用磁気学会誌vol. 25, (no.3-2), pp.339-342, (2001)「iD PHOTO, a New MO Disk for Digital Still Cameras」
  • SANYO TECHNICAL REVIEW Vol.33 No.2 (2001)

関連項目[編集]