IN★POCKET

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(JIS X 2012(補助漢字)に収録)が含まれています詳細

IN★POCKET』(イン・ポケット)は、講談社が発行していた月刊の文芸PR誌・文庫情報誌。

概要[編集]

毎月15日頃、講談社文庫と同じ発売日に発売していた。定価は200円(創刊時は100円。1995年4月号から150円。2000年4月号から200円)。文庫判1983年10月号より刊行を開始した「月刊講談社文庫」が母体[1]。各社の約50の文庫の新刊情報、作家のインタビュー・対談などのほか、連載小説なども掲載。”月刊文庫情報誌”などと紹介され、書店では講談社文庫と同じコーナーに並べられることが多かった[2]

毎年11月号では、海外ミステリーのランキングを発表した。詳細は文庫翻訳ミステリー・ベスト10を参照。 2018年8月号を最後に休刊

出版社が発行するPR誌には他に、『』(新潮社)、『図書』(岩波書店)、『青春と読書』(集英社)、『本の旅人』(KADOKAWA)、『asta*』(ポプラ社)などがある。

連載作品[編集]

小説[編集]

エッセイほか[編集]

  • 儒教と負け犬(酒井順子
  • 『せめて昼メシ』講座(江上剛枝元なほみ
  • お変わり、もういっぱい!(中島さなえ
  • ひとり上手な結婚(文・山本文緒 / 漫画・伊藤理佐
  • ポルノグラフィー的想像力(植島啓司
  • もうひとつのあとがき
    • 作品を書き上げるまでの経緯やエピソードが綴られたエッセイ。一号につき複数人のエッセイが掲載される。
  • ようこそ♥アマゾネス・ポケット編集部へ(ジェントルメン中村)

脚注[編集]

  1. ^ インポケット 雑誌 バックナンバー - メルク堂古書店
  2. ^ IN・POCKET(イン・ポケット)|講談社|ブックサービスの定期購読