INDクイーンズ・ブールバード線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
INDクイーンズ・ブールバード線
IND Queens Boulevard Line
NYCS-line-black-Queens-Blvd.svg
E系統F系統M系統R系統がクイーンズ・ブールバード線を走行する。
概要
種別 高速鉄道
系統 ニューヨーク市地下鉄
所在地 ニューヨーク市
起終点 50丁目駅
ジャマイカ-179丁目駅
1日の乗客数 251,456人(2010年、平日)[1][note 1]
運営
所有者 ニューヨーク市
運営者 ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティ
路線諸元
軌間 1,435 mm (4 ft 8 12 in) 標準軌
路線図
INDクイーンズ・ブールバード線
凡例
ジャマイカ-179丁目駅
169丁目駅
パーソンズ・ブールバード駅
サットフィン・ブールバード駅
INDアーチャー・アベニュー線
ブライアーウッド駅
ジャマイカ車両基地連絡線
IND万国博覧会線
キュー・ガーデンズ-ユニオン・ターンパイク駅
75番街駅
ジャマイカ車両基地連絡線
フォレスト・ヒルズ-71番街駅
67番街駅
63rdドライブ-レゴ・パーク駅
ウッドヘイブン・ブールバード駅
グランド・アベニュー-ニュータウン駅 IRTフラッシング線
エルムハースト・アベニュー駅 INDウィンフィールド支線
(未成線・至 ロッカウェイ)
ジャクソン・ハイツ-ルーズベルト・アベニュー駅 (上層は未使用)
65丁目駅
急行線が分岐
ノーザン・ブールバード駅
46丁目駅
スタインウェイ・ストリート駅
急行線が分岐
36丁目駅
IND63丁目線
クイーンズ・プラザ駅
60丁目トンネル連絡線
INDクロスタウン線
IRTフラッシング線
コート・スクエア-23丁目駅
53丁目トンネル
レキシントン・アベニュー-53丁目駅
5番街/53丁目駅
IND6番街線
7番街駅
50丁目駅
テンプレートを表示

INDクイーンズ・ブールバード線(IND Queens Boulevard Line、QBLとも略される[2])はニューヨーク市地下鉄Bディビジョン英語版の路線で、マンハッタン区クイーンズ区を結んでいる。全線地下を通り、マンハッタンから53丁目の下を通って東進しクイーンズ区ジャマイカに向かっている。マンハッタンおよびクイーンズ区ロングアイランド・シティの複線区間はIND53丁目線(IND 53rd Street Line)とも呼ばれる。

経路[編集]

INDクイーンズ・ブールバード線の起点はジャマイカ-179丁目駅E系統F系統)で、ヒルサイド・アベニューの下を複々線で走行している。ヴァン・ワイク高速道英語版の下で北に曲がり、アーチャー・アベニュー線英語版からの複線(E系統)が合流する。そのすぐ先で西に曲がり、クイーンズ・ブールバードの下を走る。

ノーザン・ブールバードにある39番街複合換気施設(39th Avenue Ventilation Complex)

キュー・ガーデンズ-ユニオン・ターンパイク駅英語版の東でジャマイカ車両基地英語版に向かう連絡線が東に分岐する。この連絡線はY字型になっており、もう一方は西へ延びてキュー・ガーデンズ-ユニオン・ターンパイク駅のすぐ西で本線の下層に潜り、75番街駅英語版を通過したところで本線に合流する。

フォレスト・ヒルズ-71番街駅M系統R系統の東端駅で、ここからはE系統・F系統・M系統・R系統がクイーンズ・ブールバードを西進し、グランド・アベニュー-ニュータウン駅英語版を過ぎたところで北に曲がってブロードウェイの下に入る。ジャクソン・ハイツ-ルーズベルト・アベニュー駅には計画のみで終わった第二独立地下鉄網英語版用のトンネルがあり、駅の上層階(未使用)に繋がっている[3]。ブロードウェイ-ノーザン・ブールバード交差点では、ノーザン・ブールバード駅英語版の西で急行線が西に曲がってノーザン・ブールバードの下に入る。一方、緩行線はいったん急行線と分かれてブロードウェイの下をさらに進み、スタインウェイ・ストリートで南に曲がった後さらに西に曲がってノーザン・ブールバードの下に入り、再び急行線と並走する。この区間はニューヨーク市地下鉄で2つしかない急行線と緩行線が別経路を通る区間の1つである(もう1つはINDカルバー線7番街駅英語版-チャーチ・アベニュー駅間である)[2][4]

36丁目駅英語版IND63丁目線英語版(F系統)が分かれて41丁目の下をマンハッタンに向かっていく。クイーンズ・ブールバード線は引き続きノーザン・ブールバードの下をクイーンズ・プラザ駅まで走行する(E系統・M系統・R系統)。急行線(E系統・M系統)はマンハッタンに向かって44thドライブの下を進み、緩行線は60丁目トンネル連絡線英語版を経て北西に進むルート(R系統)とINDクロスタウン線に入ってジャクソン・アベニュー(ノーザン・ブールバードのクイーンズ・プラザ以南の区間)を進むルート(定期列車なし)に分かれる。ここからクイーンズ・ブールバード線は複線になる。

クイーンズ・ブールバード線はさらに西進し、53丁目トンネルイースト川を潜ってマンハッタン区に入る。レキシントン・アベニュー-53丁目駅英語版を過ぎると西行き線は東行き線の上を通るようになる。5番街/53丁目駅英語版の先で西行き線はIND6番街線の南行き緩行線と合流し、ここからIND63丁目線英語版とその連絡線が始まる。ここで6番街線の急行線は53丁目の下を西に曲がり、クイーンズ・ブールバード線のすぐ南を通る。両線は7番街駅英語版のホームを共有しているが、接続線は設けられていない。

その後、クイーンズ・ブールバード線は南に曲がってIND8番街線の下を通って50丁目駅の下層ホームに入線する。ここで42丁目-ポート・オーソリティ・バスターミナル駅の北で8番街線と合流する線路が分岐する。42丁目-ポート・オーソリティ・バスターミナル駅の最下層ホームには、かつてクイーンズ・ブールバード線からの南行き線 が入線し、8番街線の南行き線は駅の南で1本になっていた[5][6]が、長らく使われなかったこのホームは2013年6月に7系統延伸計画のため取り壊された[7]

注釈[編集]

  1. ^ Note: excludes 7th Avenue-53rd Street, Lexington Avenue-53rd Street, Court Square, and Roosevelt Avenue due to interchange status

脚注[編集]