INOKI GENOME 〜Super Stars Festival 2011〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
INOKI GENOME 〜Super Stars Festival 2011〜
イベント詳細
シリーズ
主催 イノキ・ゲノム・フェデレーション株式会社
開催年月日 2011年8月27日
開催地 日本の旗 東京都墨田区
会場 両国国技館
開始時刻 16:00

INOKI GENOME〜Super Stars Festival 2011〜(イノキゲノム〜スーパースターズフェスティバル2011〜)は、IGFが主催するプロレス興行である。

概要[編集]

  • アントニオ猪木東日本大震災チャリティー興行として開催を発表。
  • 同日は日本武道館にてメジャー3団体による合同興行「ALL TOGETHER」の開催が既に発表されており、意図的に同日開催に重ねてきた。ただし「ALL TOGETHER」の主催者である東京スポーツは本興行にも後援として名を連ねており、完全に敵対しているというわけではない。
  • 同時開催によって、各地からもっとファンが集まるという姿勢を語っているが、アントニオ猪木に「ALL TOGETHER」の呼びかけがこなかったことが理由とも語られている。
  • また、同日には準メジャー団体のZERO1も「橋本真也7回忌記念大会」を橋本の地元・岐阜県土岐市で開催した。
  • 興行内では2011年に創設されたIGFチャンピオンシップを始め、異種格闘技戦も組み込まれる。
  • また、IGFではプロデューサーに専念している蝶野正洋が1試合限定で選手としてリングに上がった。
  • 当初はIGFチャンピオンシップトーナメント決勝戦としてジョシュ・バーネットジェロム・レ・バンナ戦が行なわれる予定だったが、8月19日になってバーネットの欠場が発表された[1]。バーネットは9月10日に開催されるStrikeforce興行(Strikeforce: Barnett vs. Kharitonov)への出場を優先させたものと見られており、IGFではバーネットに対する法的措置も検討するとしている[2]。その後協議を重ねた結果、レ・バンナの不戦勝と扱い初代王者として、初防衛戦を行なうことになった。
  • 当初参戦予定であったボブ・サップは、特に公式発表もなく参戦選手から削除されていた。

主催団体等[編集]

カード[編集]

シングルマッチ 10分1本勝負
定アキラ 10分00秒
時間切れ引き分け
松井大二郎
IGFキックボクシングルールマッチ
○木村秀和 3R 3分00秒 判定勝ち
判定3-0
MASASHI●
IGF柔術 vs キックボクシング
タカ・クノウ 2分51秒
逆十字固め
バル・ハーン●
シングルマッチ
ケンドー・カシン 6分50秒
雪崩式飛びつき逆十字固め
ブラック・タイガー
シングルマッチ
▲エリック・ハマー 5分45秒
両者リングアウト
ボビー・ラシェリー▲
藤波辰爾デビュー40周年特別試合・第4弾 レジェンドスーパースターズマッチ
藤波辰爾 10分00秒
時間切れ引き分け
ミル・マスカラス
黒のカリスマ vs コスプレファイター 異種対決!!
蝶野正洋 12分58秒
S.T.F
長島☆自演乙☆雄一郎
シングルマッチ
小川直也 12分45秒
レフェリーストップ
澤田敦士
シングルマッチ
モンターニャ・シウバ 3分40秒
反則
レイ・セフォー
シングルマッチ
鈴木秀樹 4分47秒
ダブルアーム・スープレックス
ハリー・スミス
オランダの怪童 vs IGFの怪童
ピーター・アーツ 11分01秒
TKO
鈴川真一
IGFチャンピオンシップ
ジェロム・レ・バンナ
(初代王者)
4分57秒
KO
藤田和之
(挑戦者)
初代王者が初防衛に成功。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ バーネットが二重契約発覚でドタキャン - デイリースポーツ・2011年8月20日
  2. ^ ジョシュ・バーネット欠場のお知らせ - IGF・2011年8月19日