INO hidefumi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
INO hidefumi
別名 猪野秀史
出身地 日本の旗 日本宮崎県
ジャンル ロック
アーバンブルース
ジャズ
エレクトロ
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
作曲家
担当楽器 フェンダー・ローズ
ピアノ
ピアニカ
オルガン
アナログシンセサイザー
ボーカル
活動期間 2004年 -
レーベル innocent record
事務所 innocent record/Treasure Net Production
公式サイト innocent record official web

INO hidefumi猪野 秀史 いの ひでふみ)は、宮崎県延岡市生まれ[1]の、日本のミュージシャン[2]

略歴[編集]

2002年5月1日、東京都恵比寿2丁目にカフェ「テネメント」と「innocent record」を設立し、そこを拠点に自身の音楽を発信する。

音楽[編集]

5歳からピアノを習う[1]

人物・エピソード[編集]

  • 小学校時代の音楽の先生が授業で毎回映画音楽のレコード鑑賞をさせることがきっかけで、映画音楽に強く関心を持つようになった。

デビュー以降[編集]

2002年に、「1レーベル1アーティスト」をコンセプトに自身の音源を発信する音楽レーベル『innocent record』を設立した[1]

  • 2004 期待の大型新人!(身長)として、7inchアナログシリーズ第一弾『ビリージーン』でデビュー。
  • 2009 タワーレコード新宿店にて初のトークショーを行う。
  • 2010 J-WAVE日本ユニセフ主催『HAPPY BIRTHDAY DOWNLOAD for Children』にてバースデーソングを制作提供。

主なライヴ出演[編集]

ディスコグラフィ[編集]

7インチシリーズ[編集]

  • Billie Jean(2005年)
  • Spartacus(2005年)
  • Pillow Talk(2005年)
  • Solid Foundation(2006年)
  • +2℃(2007年)
  • Serendipity(2008年)
  • Suicide Is Painless(2008年)
  • ありあまる自由のなかで(2012年)
  • CRY ME A RIVER(2013年)featuring 鈴木茂
  • CAN'T SLEEP(2017年)

LP[編集]

  • INOCOLOGY(2009年)
  • SATISFACTION(2016年)

アルバム[編集]

  • Satisfaction(2006年)
  • Living Message(2008年)
  • INOCOLOGY(2009年)
  • KALEIDOSCOPIC(2010年)
  • NEW MORNING -新しい夜明け-(2013年)[11]
  • NO SATISFACTION(2016年)

ミニアルバム[編集]

  • The Force of Exotic(2007年)/ TOWER RECORDS × innocent record

DVD[編集]

  • INO hidefumi LIVE SET(2008年)

CM[編集]

  • 「ピカソ展」CM楽曲提供(2008年)

その他参加作品[編集]

  • 小西康陽 監修アルバム「Readymade Digs Classics」 (Avex) にて楽曲アレンジ制作(2005年)
  • 宮崎県立延岡青朋高等学校校歌編曲(2006年)
  • ホテルニューオータニ Web SiteBGM楽曲制作(2007年)
  • アントニオ・カルロス・ジョビン生誕100年記念アルバム「Jobiniana」(SONY Music) にて楽曲アレンジ制作(2007年)
  • 自動車メーカー「Audi TT+TKO PROJECT」 にて楽曲提供(2007年)
  • ニューヨーク紀伊国屋書店にて「INO hidefumiアルバムリスニングイベント」開催。(2008)
  • アパレルブランドA.P.C.デザイナーJean Touitouとアルバム「INO+Jean/Three Easy Pieces」(A.P.C.Section Musical)リリース(2007年)
  • 小泉今日子アルバム「nice middle」(Victor Entertainment)にキーボードとして参加(2008年)
  • 藤原ヒロシ小島大介とのユニットI.D.F.名義でのアルバム「LIVE@F.I.L」(Tune Bakery)リリース(2008年)
  • ガンダム30周年記念アルバム「Gundam World Dance Track 0079」 にて楽曲制作(2009年)
  • TOKYO FM赤坂泰彦ディア・フレンズ」テーマ曲制作 "楕円 / Oval" (2010年)
  • TOWA TEIが始動した配信レーベル"MACH"より第1弾シリーズとして音源「Light」「Firecracker」をリリース(2010年)
  • MUROアルバム「Diggin' For Beats」にゲスト参加(2012年)
  • "鈴木茂 ギター・プレイ・オブ・バンドワゴン”DVDに参加。(2013年)
  • TOWA TEIアルバム "94+14 COVERS”に参加。(2014年)
  • TOWA TEIアルバム「CUTE」にFender Rhodesで参加。10.CHAISE LONGUE (2015年)
  • OKAMOTO'Sのアルバム『OPERA』にキーボードで参加。9.エキストラ[12](2015年)
  • OKAMOTO'Sのアルバム『NO MORE MUSIC』にピアニカ、キーボードで参加。8.時差[13](2017年)
  • MONDO GROSSOのアルバム『何度でも新しく生まれる』にヴォーカルで参加。4.迷子のアストゥルナウタ [Vocal:INO hidefumi] [14](2017年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c inohidefumi-official | PROFILE 2019年1月3日閲覧
  2. ^ 朝日新聞: 朝刊33面(福岡). (2013年10月18日) 
  3. ^ DE DE MOUSEとINO hidefumiのディープな音楽談義”. CINRA.NET. 2019年1月3日閲覧。
  4. ^ Rittor Music公式ホームページ [1]
  5. ^ keyboard magazine 公式ホームページ[2]
  6. ^ Billboard Live 公式ホームページ参照[3]
  7. ^ keyboard magazine 公式ホームページ[4]
  8. ^ Rittor Music公式ホームページ [5]
  9. ^ [6]
  10. ^ http://rsr.wess.co.jp/2015/artists/lineup/profile/056hh_00.html
  11. ^ http://www.honeyee.com/think/2013/inohidefumi/
  12. ^ http://www.okamotos.net/special/opera/
  13. ^ http://www.okamotos.net/special/nmm/
  14. ^ http://www.mondogrosso.com