INTERFACE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
INTERFACE
M-AGEスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル VICTOR XEO LABEL
プロデュース M-AGE, JUNICHI TANAKA
M-AGE アルバム 年表
vibES
(1992年)
INTERFACE
(1993年)
STAR SHELL
(1994年)
テンプレートを表示

INTERFACE』(インターフェイス)は、M-AGEの3枚目のフルアルバムで最後のオリジナルアルバム。

概要[編集]

シングル「mother/cure」、「Blind Venus」に次いでリリースされた。「cure」、「Blind Venus」はどちらもシングルとはバージョン違いで、「mother」はシングルとは異なり、インストゥルメンタルのリミックス違いとなっている。

ベーシストKAJIWARA脱退後唯一のアルバム。M-AGE最後のオリジナルアルバムでもある。

裏ジャケットでは各曲1文字ずつ大文字で表記されており、それを繋ぐと「INTL ESCAPE POINT」となる。

ミックスはMIKE "SPIKE" DRAKEによる。

収録曲[編集]

  1. Inflation (Instrumental) (PEAH)
  2. the eNd of century (KOICHIRO / MIYO-KEN)
  3. moTher (Instrumental)(complete mix) (MIYO-KEN)
  4. blink blink bLink (KOICHIRO / PEAH)
  5. Earthache (KOICHIRO / OKAZAKI)
  6. star Shell (Instrumental) (M-AGE)
  7. oCean rain (KOICHIRO / MIYO-KEN)
  8. dream All day (MIYO-KEN)
  9. Personal ascension (KOICHIRO / MIYO-KEN)
  10. curE (absolute mix) (KOICHIRO)
  11. samPle return (Instrumental) (PEAH)
  12. cry for the moOn (MIYO-KEN)
  13. revIve (KOICHIRO / OKAZAKI)
  14. bliNd venus (release mix) (KOICHIRO / MIYO-KEN)
  15. The ideal image (KOICHIRO)

関連シングル[編集]

  • mother
    • mother / cure
  • Blind Venus
    • Blind Venus / Strange Future / Blind Venus (RADIO EDIT)

参加ミュージシャン[編集]

  • KOICHIRO: vocals
  • MIYO-KEN: guitars, vocals, backing vocals
  • OKAZAKI: drums, programming
  • PEAH: dj, manipulate
  • JOHN SWEAT: backing vocals
  • TRACII SHERMAN: backing vocals