iPhone 8 Plus

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
アップル > iPhone > iPhone 8 > iPhone 8 Plus
iPhone 8 Plus
IPhone 8 Plus wordmark.svg
IPhone 8 plus vector.svg
開発元 アップル
世代 第11世代
発売日 通常モデル
2017年9月22日
(PRODUCT)RED
2018年4月13日
OS iOS 11(初期搭載)→iOS 13.6
CPU Apple A11 Bionic 6コア
メモリ 3GB
ストレージ 64, 128, 256 GB
ディスプレイ 5.5インチマルチタッチディスプレイ , 1,920 x 1,080 ピクセル 401ppi
デジタルカメラ

背面:
12メガピクセル広角カメラと12メガピクセル望遠カメラ, 裏面照射型センサー, 4Kビデオ 24.30.60fps

前面:
7.0メガピクセル, 裏面照射型センサー, HDカメラ
サイズ 縦 158.4mm
横 78.1mm
厚さ 7.5mm
重量 202g
前世代ハード iPhone 7
iPhone 7 Plus
次世代ハード iPhone XR
IPhone XS
iPhoneXSMax
関連商品 iPhone 8
iPhone X
ウェブサイト www.apple.com/jp/iphone-8/

iPhone 8 Plus(アイフォーン エイト プラス)は、アップルが開発・販売したiPhoneの第11世代目のモデルである。

詳細[編集]

iPhone 7 Plusの後継機種である。CPUはApple A11 Bionicを搭載。Taptic EngineiPhone 6sから搭載されている3D Touchを採用している[1]

外観は、iPhone 6 PlusiPhone 6s Plusに似ているが、ガラスとアルミフレームを組み合わせた構造に変わっている。画面、背面ともにより強化されたカスタムガラスを使用している[2]。背面のカラーバリエーションはシルバー、ゴールド、スペースグレイ、プロダクトレッドの4色。アルミフレームはそれに合わせたカラーになっている。iPhone 8 PlusはIP67等級の防水・防塵耐性を有する[1]

iPhone 7 Plusよりも重量は14g増えている[1]

画面サイズはiPhone 7 Plus同様5.5インチスクリーン。新たにTrue Toneに対応したRetina HDディスプレイを採用している。

ワイヤレス充電(Qi準拠)に対応し、高音質コーデックであるEnhanced Voice Services(EVS-WB[3])に対応している[4]

2018年3月30日、iOS 11.3とキャリア設定アップデートより、NTTドコモのPREMIUM 4Gで最大受信速度594Mbpsのデータ通信に対応した[5]

2018年4月、(PRODUCT)RED™モデルを発売開始[6]、au とソフトバンクからは13日、NTTドコモは14日から[7]

2018年9月13日、iPhone 8と同様に(PRODUCT)RED™モデルが販売終了。

2019年9月11日、iPhone 8と同様に256GBモデルの販売が終了し128GBモデルの発売を開始。

2020年4月16日、iPhone SE (第2世代)の発売に伴い、終売[8]

ソフトウェア[編集]

iPhone 8 Plusは出荷開始時はiOS 11がプリインストールされていた。

不具合[編集]

一部のユーザーからバッテリーが膨張しているという報告が上がっている。この問題に対してAppleは現在調査中とコメントしている[9][10]

通話中にノイズが発生する問題があったが、iOS 11.0.2で修正された[11]

付属品[編集]

以下の物が含まれる[1]

  • EarPods with Lightning Connector
  • Lightning - USBケーブル
  • 5W USB電源アダプタ
  • マニュアル

急速充電(PD充電)の仕様[編集]

iPhone 8 Plusを急速充電するにはApple USB-C - Lightningケーブルと18W、29W、30W、61W、87W、96WのApple USB-C電源アダプタを使用する必要がある。急速充電を行うと30分で50%まで充電できる[12]。18W以上のApple USB-C電源アダプタを使用しても18W電源アダプタと同じ出力になる。iMacのUSB-Cポートでは15Wでの急速充電が出来る[13]。またiPadに付属する10Wもしくは12W電源アダプタを使用すれば、付属する5W電源アダプタより、速く充電出来る[14]

iPhoneのモデルのタイムライン[編集]

iPhone SE (第2世代)iPhone 11 ProiPhone 11iPhone XRiPhone XSiPhone XiPhone 8iPhone 7iPhone 6SiPhone 6iPhone SE (第1世代)iPhone 5SiPhone 5CiPhone 5iPhone 4SiPhone 4iPhone 3GSiPhone 3GiPhone (初代)
出典: Apple Newsroom Archive[15]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d iPhone 8 - 仕様” (日本語). Apple(日本). 2019年1月29日閲覧。
  2. ^ 株式会社インプレス (2017年9月13日). “アップル、全面ディスプレイ「iPhone X」とスタンダードな「iPhone 8/8 Plus」を発表” (日本語). ケータイ Watch. 2020年8月1日閲覧。
  3. ^ 対応機種 : VoLTE | VoLTE/VoLTE(HD+) | サービス・機能 | NTTドコモ”. www.nttdocomo.co.jp. 2020年8月3日閲覧。
  4. ^ 「iPhone X待ち」は多い? 3G非対応の影響は──au田中社長に聞く(前編)
  5. ^ iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone XがiPhoneシリーズ国内最速受信時最大594Mbpsの通信サービスに対応”. NTTドコモ. 2018年3月30日閲覧。
  6. ^ Apple、iPhone 8 および iPhone 8 Plus (PRODUCT)RED Special Editionを発表” (日本語). Apple Newsroom. 2019年1月29日閲覧。
  7. ^ “ドコモ、au、ソフトバンクがiPhone 8/8 Plusの「(PRODUCT)RED」取り扱い 販売条件は既存モデルと同等”. itmedia (株式会社アイ・ティー・メディア). (2018年4月10日). http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1804/10/news080.html 2018年10月22日閲覧。 
  8. ^ iPhone SE発表でiPhone8/8 Plusが販売終了に”. 2020年4月16日閲覧。
  9. ^ Tane, Kiyoshi. “iPhone 8 Plusのバッテリーが膨張する事例が複数報告される。アップル「すでに認識し調査中」 - Engadget Japanese” (日本語). Engadget JP. 2019年1月29日閲覧。
  10. ^ Inc, mediagene (2017年10月4日). “Apple、iPhone 8 Plusのバッテリー膨張問題を調査中らしい” (日本語). www.gizmodo.jp. 2019年1月29日閲覧。
  11. ^ iOS 11 のアップデートについて” (日本語). Apple Support. 2019年1月29日閲覧。
  12. ^ iPhone を高速充電する” (日本語). Apple Support. 2019年1月29日閲覧。
  13. ^ iMac および iMac Pro の外部の機能とポートについて” (日本語). Apple Support. 2019年1月29日閲覧。
  14. ^ “iPad や Mac ノートブックの電源アダプタで iPhone を充電する” (日本語). Apple Support. https://support.apple.com/ja-jp/HT202105 2018年6月26日閲覧。 
  15. ^ Apple Inc. (2007-2018). iPhone News - Newsroom Archive. Retrieved September 28, 2018.
先代:
iPhone 7iPhone 7 Plus
iPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone X
第11世代
次代:
iPhone XSXS Max
iPhone XR