IRT2番街線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
IRT2番街線
IRT Second Avenue Elevated
Second Avenue El - demolition.jpg
1942年9月の解体中の2番街線。13丁目から1番街を南に向かって撮影。
概要
種別 高架鉄道
系統 インターボロー・ラピッド・トランジット
起終点 125丁目駅
シティ・ホール駅
サウス・フェリー駅
運営
開業 1878年
廃止 1940年 - 1942年
所有者 ニューヨーク市
運営者 ニューヨークシティ・トランジット・オーソリティ
路線構造 高架
路線諸元
軌間 4 ft 8 12 in (1,435 mm)
テンプレートを表示

IRT2番街線(IRT2ばんがいせん、英語: IRT Second Avenue Line)あるいは2番街高架線(2ばんがいこうかせん、英語: Second Avenue Elevated, Second Avenue El)はアメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタン区にあったインターボロー・ラピッド・トランジット (IRT) の高架鉄道路線である。1940年以降は私営地下鉄3社 (IRT・INDBMT) の市営合併によりニューヨーク市によって運営されていた。57丁目駅以北は1940年6月11日に廃止され、以南は1942年6月13日に廃止された。

歴史[編集]

1875年、高速輸送委員会 (Rapid Transit Commission) はギルバート高架鉄道 (Gilbert Elevated Railway) に対し2番街沿ってバッテリー・パークからハーレム川を結ぶ鉄道路線の建設を認可した[1]

その後委員会は6番街線の運営をギルバート高架鉄道が行うことを許可し、その後ギルバート高架鉄道の社名をメトロポリタン高架鉄道 (Metropolitan Elevated Railway) に変更した。

1990年頃路線は電化された[2]。1914年から1916年の間にラッシュ時に急行列車の運行を行うために急行線の建設が行われた[2]。1916年1月17日より急行列車の運行が開始された[3]

2番街線は全線に渡って2番街上を通過しているわけでは無かった。シティ・ホール駅からチャタム・スクエア駅間はIRT3番街線と線路を共用しており、チャタム・スクエア駅では南側はシティ・ホール駅方面とサウス・フェリー駅方面、北側は2番街線方面と3番街線方面に分岐していた。チャタム・スクエア駅からは3番街線と別れディビジョン・ストリートに沿って東へ向かいアレン・ストリートで北へ曲がった。その後ハウストン・ストリートより1番街を更に北へ向かい23丁目との交差点で左へ曲がって2番街を129丁目まで北上した。129丁目駅からはまた3番街線に合流しハーレム川を渡ってブロンクス区へ入っていった[4]

1934年には以下の列車が運行されていた。

  • 2番街線各駅停車:昼と夜は129丁目駅 - サウス・フェリー駅間、夜と日曜は129丁目駅 - シティ・ホール駅間を運行。夜間はサウス・フェリー駅発着とシティ・ホール駅発着の列車を交互に運行。終日運転は行われていなかった。
  • 2番街線急行:平日・土曜朝ラッシュ時にIRT3番街線ブロンクス・パーク駅→シティ・ホール駅間、平日夕ラッシュ時にシティ・ホール駅→3番街線フォーダム・ロード駅・トレモント・アベニュー駅間を運行。また、3番街線よりウェスト・ファームズ・ロード線に乗り入れフリーマン・ストリート駅を発着する列車も運行された。
  • クイーンズ区発着列車:平日・土曜朝ラッシュ時にIRTフラッシング線ウィレッツ・ポイント・ブールバード駅 - サウス・フェリー駅間、平日昼間と夕ラッシュ時にシティ・ホール駅 - ウィレッツ・ポイント・ブールバード駅間、夜間・日曜に57丁目駅 - ウィレッツ・ポイント・ブールバード駅間、平日朝ラッシュ時・昼間・土曜昼間にシティ・ホール駅 - BMTアストリア線アストリア駅間、平日夕ラッシュ時にサウス・フェリー駅 - アストリア駅間、夜間・日曜に57丁目駅 - アストリア駅間を運行。昼間・土曜の列車は急行線を走行し平日ラッシュ時の列車は緩行線を走行した。

1939年9月8日よりBMTアストリア線の列車が平日夕ラッシュ時に2番街線へ乗り入れシティ・ホール駅を発着するようになった。1940年6月12日、2番街線は57丁目駅以北が廃止された[2][5]。夕方・日曜のクイーンズ区発着列車はシティ・ホール駅発着からサウス・フェリー駅発着に変更された。 1941年5月19日、夕方・日曜の列車の運行が廃止され、1942年6月13日をもって全列車の運行が廃止された[2][6]

現在IRT2番街線とほぼ同じ経路を通っているM15系統バスはニューヨーク市内で最も混雑するバス路線の1つである[7]。しかし、バスであることから一度に輸送できる乗客の数が鉄道よりも少ない。

2番街の地下を通過する2番街地下鉄は1919年以来計画され続けている[8][9]。IRT2番街線の廃止は2番街地下鉄の建設を見越してのことであった[10][9]。2017年1月1日に72丁目駅 - 96丁目駅間が開通し[9][11]、現在は96丁目駅 - ハーレム-125丁目駅間が建設中である[12]

駅一覧[編集]

駅名 線路 開業日 廃止日 乗換
129丁目駅 全線 1878年12月30日 1940年6月11日
IRT3番街線と分岐
125丁目駅 全線 1940年6月11日
121丁目駅 緩行線 1940年6月11日
117丁目駅 緩行線 1940年6月11日
111丁目駅 緩行線 1940年6月11日
105丁目駅 緩行線 1940年6月11日
99丁目駅 緩行線 1940年6月11日
92丁目駅 緩行線 1940年6月11日
86丁目駅 全線 1940年6月11日
80丁目駅 緩行線 1940年6月11日
72丁目駅 緩行線 1940年6月11日
65丁目駅 緩行線 1880年3月1日[13] 1940年6月11日
クイーンズボロ・プラザ駅へ向かうクイーンズボロ橋支線が分岐
57丁目駅 全線 1942年6月13日
50丁目駅 緩行線 1942年6月13日
42丁目駅 全線 1880年3月1日[13] 1942年6月13日
34丁目駅 緩行線 1942年6月13日 34丁目フェリー駅方面
23丁目駅 緩行線 1880年3月1日[13] 1942年6月13日
19丁目駅 緩行線 1942年6月13日
14丁目駅 全線 1880年3月1日[13] 1942年6月13日
8丁目駅 緩行線 1880年3月1日[13] 1942年6月13日
1丁目駅 緩行線 1880年3月1日[13] 1942年6月13日
リビングトン・ストリート駅 緩行線 1880年3月1日[13] 1942年6月13日
グランド・ストリート駅 緩行線 1880年3月1日[13] 1942年6月13日
キャナル・ストリート駅 緩行線 1880年3月1日[13] 1942年6月13日
チャタム・スクエア駅 全線 1880年3月1日[13] 1955年5月12日 3番街線・シティ・ホール支線
IRT3番街線に合流
フランクリン・スクエア駅 全線 1878年8月26日[14] 1950年12月22日
フルトン・ストリート駅 全線 1878年8月26日[14] 1950年12月22日
ハノーバー・スクエア駅 全線 1878年8月26日[14] 1950年12月22日
IRT9番街線と並走
サウス・フェリー駅 全線 1878年8月26日[14] 1950年12月22日

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Rapid Transit in New York City and in Other Great Cities. prepared by the Chamber of Commerce of the State of New York. (1905). p. 52. https://books.google.com/books?id=Th4oAAAAYAAJ&pg=PA51 2009年2月11日閲覧。. 
  2. ^ a b c d Manhattan East Side Transit Alternatives (MESA): Major Investment Study/Draft Environmental Impact Statement, August 1999”. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ, アメリカ合衆国運輸省, 連邦交通局 (1999年8月). 2016年7月11日閲覧。
  3. ^ Senate, New York (State) Legislature (January 1, 1917) (英語). Documents of the Senate of the State of New York. https://books.google.com/books?id=05clAQAAIAAJ&printsec=frontcover&source=gbs_ge_summary_r&cad=0#v=onepage&q&f=false. 
  4. ^ Red Book Information Guide to New York. Interstate Map Co.. (1935). 
  5. ^ ニューヨーク・タイムズ, Two 'El' Lines End Transit Service, June 12, 1940, page 27
  6. ^ Discontinuance of service Second Avenue elevated line.”. nytm.pastperfectonline.com. ニューヨーク市運輸局 (1942年). 2016年12月4日閲覧。
  7. ^ Facts and Figures”. mta.info (2011年8月28日). 2016年1月19日閲覧。
  8. ^ “CITY'S GROWTH DISCOUNTED IN PLANS FOR ADDING 830 MILES OF TRACK TO RAPID TRANSIT SYSTEMS; Work to Cover Period of Twenty-five Years and Cost $350,000,000--New Lines and Extensions Would Provide for a Population of Nine Millions and Carry Five Billion Passengers”. ニューヨーク・タイムズ. (1920年10月3日). ISSN 0362-4331. https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1920/10/03/109800180.pdf 2017年1月2日閲覧。 
  9. ^ a b c Paumgarten, Nick (2017年2月6日). “The Second Avenue Subway Is Here!”. The New Yorker. 2017年2月24日閲覧。
  10. ^ Second Avenue Subway Project - History”. mta.info. メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ (2002年10月19日). 2002年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年2月15日閲覧。
  11. ^ Slotnik, Daniel E.; Wolfe, Jonathan; Fitzsimmons, Emma G.; Palmer, Emily; Remnick, Noah (2017年1月1日). “Opening of Second Avenue Subway: Updates”. The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2017/01/01/nyregion/second-avenue-subway-opening-upper-east-side-manhattan.html 2017年1月1日閲覧。 
  12. ^ Fitzsimmons, Emma G. (2015年10月29日). “Anger in East Harlem Over New Delays in 2nd Ave. Subway Plans”. https://www.nytimes.com/2015/10/30/nyregion/anger-in-east-harlem-over-new-delays-in-2nd-ave-subway-plans.html 2015年11月3日閲覧。 
  13. ^ a b c d e f g h i j “More Elevated Facilities, the Second Avenue Line and City Hall Branch Opened” (PDF). ニューヨーク・タイムズ. (1880年3月2日). p. 3. https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1880/03/02/98613946.pdf 2009年2月21日閲覧。 
  14. ^ a b c d “Rapid Transit on the Bowery” (PDF). ニューヨーク・タイムズ. (1878年8月26日). p. 8. https://timesmachine.nytimes.com/timesmachine/1878/08/26/80726551.pdf 2009年2月10日閲覧。 

参考文献[編集]

  • "Second Avenue El in Manhattan". By NJI Publishing with text provided by Joe Cunningham. 1995. 0-934088-33-0
  • 100 Years Ago on Second Avenue”. The Launch Box (2013年1月20日). 2019年3月24日閲覧。