ISO/TR 11941

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ISO/TR 11941:1996は、国際標準化機構(ISO)で用いられている朝鮮語ローマ字表記法である。この標準は、2013年12月に取り下げられた。

表記法[編集]

子音[編集]

k/g kk/gg ks/gs kh/k lk/lg
t/d tt/dd th/t lth/lt
p/b pp/bb ps/bs ph/p lp/lb lph/lp
c/j cc/jj ch/c nc/nj
s ss ls
m lm
–, ng h lh nh
r/l n

母音[編集]

a ae ya yae wa wae
eo e yeo ye weo we
o oe yo
u yu
eu
i yi wi

使用[編集]

他のローマ字表記法と比べて、あまり使用されていない。

Unicodeにおけるハングルの文字名はISO 11941に従っている。例えば、ᄎ(U+110E)は"HANGUL CHOSEONG CHIEUCH"(한글 초성 치읓)という名前であり、ㅊが"ch"と表記されている。しかし、차(U+CC28)は"HANGUL SYLLABLE CA"という名前であり、ㅊが"c"と表記されている。

関連項目[編集]