ISO 31-11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

ISO 31-11は、数学記号について定めた国際標準化機構(ISO)の国際規格で、ISO 31の一部である。

2009年に発行されたISO 80000-2によって置き換えられ、ISO 31-11は廃止された[1]

日本工業規格(JIS)では、JIS Z 8201が相当するが、数理論理学や集合の記号が記載されてないなど、内容は一部異なる。ISO 31の他の部は JIS Z 8202 が相当するが、ISO 31-11に相当する部分はJIS Z 8201を参照することとなっており、 JIS Z 8202 は第11部が欠番になっている。ISO 80000-2 が発行されても、2016年現在、 JIS Z 8201 は改訂されていない[2]

出典[編集]