ISPS HANDA PGAツアー・オブ・オーストラレイジア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ISPS HANDA PGAツアー・オブ・オーストラレイジア
競技 ゴルフ
創立 1973年
代表 オーストラリアの旗 ソル・ボーン
オーストラリアの旗 オーストラリア
 ニュージーランド
フィジーの旗 フィジー
最多優勝 オーストラリアの旗 ケル・ナグル (61)
公式サイト ISPS HANDA PGA Tour of Australasia

ISPS HANDA PGAツアー・オブ・オーストラレイジアISPS HANDA PGA Tour of Australasia)は、オーストラリアニュージーランドフィジーにおける男子プロゴルフツアーを運営する団体、およびこの団体が運営するツアートーナメントの名称。公式大会はワールドゴルフランキングポイントがカウントされる。2016年、国際スポーツ振興協会とパートナーシップを提携して以降の全ての大会において、ヨーロピアンツアーとの共催となる[1]

概要[編集]

トッププレーヤーのほとんどはオーストラリア人であり、少数ながらニュージーランド人選手や、多くの国々からも参加がある。主力選手は、PGAツアーヨーロピアンツアーに頻繁に参加しており、毎年2、3の大会のために帰国したり、全く帰国しなかったりというのが典型的である。本ツアーは、より大規模なツアーのために供給源となっている。主な大会のいくつかは、ヨーロピアンツアーと共催しているため、より上位のランキング選手が参戦し、多くのスポンサーを集めている。2000年以上で世界ランキングトップ20入りを果たしたのは、スティーブ・エルキントンアダム・スコットの2選手である。

ツアーのシード権を得るためには、ツアーのQスクールで上位25位に入らなければならない。Qスクールの26位~50位の選手には、限られたステータスが付与される。シード権を保持するためには、賞金ランキングで上記60位内に入らなければならない。61位から75位のゴルファーには、条件つきの地位が与えられ、61位から100位までの選手には、Qスクールの最終ステージへのエントリーが付与される。上位100位以下の選手は、生涯通算賞金リストで上位20位など、他の方法で予選免除されない限り、シード権を喪失する。 優勝すれば、2年間にわたり殆どのイベントで予選が免除され、ティアワンとされるイベントでは、3年間免除される。賞金ランキング1位及びツアーの3大イベント(オーストラリアPGA選手権、オーストラリアオープン、及びオーストラリアマスターズ)優勝選手には5年間の予選免除が行われる。賞金ランキング1位の選手にはオープン選手権へのエントリー権が付与され、オーストラリアオープンの上位3人の非免除選手は、オープン選手権へのエントリー権を得る。

歴史[編集]

1973年にPGAオーストラリアツアーとして発足し、1991年にPGAツアー・オブ・オーストラレイジアに名称に変更された。2008年に、PGAオブオーストラリアとPGAツアーオブオーストラリアが合併した[2]。2009年から、フォン・ニダツアーは、PGAオーストラレイジアツアーに合併した[3]。かつて、このデベロップメントツアー(下位のツアー)として、賞金が10万豪ドル前後の10大会が、フォン・ニダツアー[注 1]で開催されていた。

2016年に、日本の国際スポーツ振興協会とパートナーシップを提携し、ISPS HANDA PGAツアー・オブ・オーストラレイジアという名称となる[4]

ツアー[編集]

歴代賞金王[編集]

氏名
2017 ブルット・ラムフォード英語版
2016 マシュー・グリフィン英語版
2015 ネイサン・ホルマン英語版
2014 グレッグ・シャルマーズ英語版
2013 アダム・スコット
2012 ピーター・シニア英語版
2011 グレッグ・シャルマーズ英語版
2010 ジェフ・オギルビー
2009 マイケル・シム英語版
2008 マーク・ブラウン英語版
2007 クレイグ・パリ―英語版
2006 ニック・オハーン英語版
2005 アダム・スコット
2004 リチャード・グリーン英語版
2003 ピーター・ロナード英語版
2002 クレイグ・パリ―英語版
2001 アーロン・バデリー英語版
2000 マイケル・キャンベル
1998/99 ジャロード・モズリー英語版
1997/98 アンドリュー・コルタート英語版
1996/97 ピーター・ロナード英語版
1995 クレイグ・パリ―英語版
1994 ロバート・アレンビー英語版
1993 ピーター・シニア英語版
1992 ロバート・アレンビー英語版
1991 ロジャー・デイヴィス英語版
1990 ロジャー・デイヴィス英語版
1989 ピーター・シニア英語版
1988 グレグ・ノーマン
1987 ピーター・シニア英語版
1986 グレグ・ノーマン
1985 オシー・ムーア英語版
1984 グレグ・ノーマン
1983 グレグ・ノーマン
1982 ボブ・シアラー英語版
1981 ボブ・シアラー英語版
1980 グレグ・ノーマン
1979 ジャック・ニュートン
1978 グレグ・ノーマン
1977 ボブ・シアラー英語版
1976 マーク・ライ英語版
1975 ビル・ダンク英語版
1974 ボブ・シアラー英語版
1973 スチュワート・ギン英語版

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ オーストラリア人ゴルファーのノーマン・フォン・ニダの名前を付けた

出典[編集]

  1. ^ 第2回「ISPSハンダ グローバルカップ」国際スポーツ振興協会
  2. ^ オーストラリア、PGA組織が合体に、Golf Equipment World、2008年01月01日
  3. ^ “オーストラレイジアンツアーに吸収された下位イベント”. PGA of Australia. (2008年10月28日). http://www.pga.org.au/?s=vntnewsdisplay&aid=127938 2016年6月29日閲覧。 
  4. ^ ISPS HANDA PGA Tour of Australasia”. ISPS HANDA PGA Tour of Australasia (2013年). 2016–06-23閲覧。