ITTFプロツアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索

ITTFワールドツアーとは、国際卓球連盟(ITTF)が主催し、世界各地で開催される卓球の国際オープン大会の総称である。2011年までの名称はITTFプロツアーであった。世界ランキングの対象となる大会の中で最も頻繁に開催されていることから、この大会での成績が世界ランキングに大きく影響を与える。

目次

概要

それまで世界各地で開催されていた国際オープン大会を、国際卓球連盟が世界各地を転戦するツアーとして組織化したものであり、1996年から開始された。現在では、毎年15大会前後が開催されている。各大会では、男女ともにシングルス、ダブルス、アンダー21(21歳以下の選手のみが参加できるシングルス)の3種目が行われる。2008年のジャパンオープン、ドイツオープン、オーストリアオープン、フォルクスワーゲンオープン中国大会の4大会は、最も格付けの高いプレミアム大会として、男女ともにシングルス、団体戦(4単1複のオリンピック方式)が行われた。団体戦を除く各種目で上位に進出した選手は、順位に応じてポイントを獲得し、各種目ごとのワールドツアースタンディング(獲得ポイントによるランキング:世界ランキングとは異なる)の上位者が、グランドファイナルへの出場資格を得る。

グランドファイナル

ワールドツアースタンディングの上位者によって争われる大会である。出場資格を得られるのは、以下の条件を満たした各種目のワールドツアースタンディング上位者と、開催協会枠による出場者である。

  • シングルス・・・3大陸以上の大会もしくは6大会以上に参加。
  • ダブルス・・・同一ペアで4大会以上に参加。
  • アンダー21・・・2大陸以上の大会かつ4大会以上に参加。


参加人数は、以下の通りである。

  • シングルス・・・ワールドツアースタンディングの上位15名と開催協会枠1名の計16名
  • ダブルス・・・ワールドツアースタンディングの上位7組と開催協会枠1組の計8組
  • アンダー21・・・ワールドツアースタンディングの上位8名

但し、ワールドツアースタンディング上位者による出場枠の中に開催協会の選手が含まれている場合には、開催協会枠は無くなり、ワールドツアースタンディングで次点の選手が出場資格を得る。

グランドファイナルの歴代優勝者

開催地 男子シングルス 女子シングルス 男子ダブルス 女子ダブルス アンダー21
男子シングルス
アンダー21
女子シングルス
1996 天津 孔令輝 鄧亞萍 王励勤
閻森
鄧亞萍
楊影
1997 香港 ブラディミル・サムソノフ 李菊 孔令輝
劉国梁
李菊
王楠
1998 パリ 王励勤 王楠 王励勤
閻森
李菊
王楠
1999 シドニー 劉国正 陳静 孔令輝
馬琳
李菊
王楠
2000 横浜 王励勤 張怡寧 王励勤
閻森
孫晋
楊影
2001 天津 馬琳 王楠 金擇洙
呉尚垠
李恩実
柳智恵
2002 ストックホルム 荘智淵 張怡寧 孔令輝
馬琳
李佳
牛剣峰
2003 広州 王皓 牛剣峰 馬琳
陳玘
郭躍
牛剣峰
2004 北京 王励勤 郭躍 馬琳
陳玘
王楠
張怡寧
2005 福州 ティモ・ボル 張怡寧 ティモ・ボル
クリスティアン・ズース
高軍
シェン・ヤンフェイ
ヤン・ツー スン・ベイベイ
2006 香港 王皓 張怡寧 郝帥
馬龍
王楠
張怡寧
ヤカブ・ヤーノシュ イベタ・バチェノフスカ
2007 北京 馬琳 李暁霞 王励勤
陳玘
郭躍
李暁霞
趙彦来 馮天薇
2008 マカオ 馬龍 郭焱 ヤン・ツー
ガオ・ニン
リ・ジャウェイ
スン・ベイベイ
江宏傑 石垣優香
2009 マカオ 馬龍 郭焱 ティモ・ボル
クリスティアン・ズース
丁寧
劉詩雯
ヤロスラフ・ツムデンコ ユー・モンユー
2010 ソウル 水谷隼 馮天薇 江天一
唐鵬
金暻娥
朴美英
林高遠 石垣優香
2011 ロンドン 馬龍 劉詩雯 馬琳
張継科
郭躍
李暁霞
金珉鉐 石川佳純

関連項目

今日は何の日(7月18日

もっと見る

「ITTFプロツアー」のQ&A