ITiDコンサルティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社iTiDコンサルティング
(アイティアイディコンサルティング)
iTiD Consulting,LTD
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 iTiD
本社所在地 日本の旗 日本
108-0075
東京都港区港南2-17-1
設立 2001年6月
業種 サービス業
法人番号 5010401053830
事業内容 製品開発力向上のコンサルティング
開発力に関する調査・分析
代表者 吉本敦 (代表取締役社長)
資本金 3億円
純利益 1億2630万4000円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 8億9108万1000円(2018年12月31日時点)[1]
主要株主 株式会社電通国際情報サービス 100%(2014年3月現在)
外部リンク http://www.iTiD.co.jp/
テンプレートを表示

iTiDコンサルティングは、日本のコンサルティング会社である。製造業の開発力向上を主なミッションとしている。

概要[編集]

2001年、米国のツールベンダーであるITI(International TechneGroup Inc.)と、日本のシステムインテグレーターである電通国際情報サービスの合弁によって設立された。製造業の企画~設計開発領域に特化したコンサルティングを行っている。

数年おきに「開発力白書」を発行しており、日本の製造業が持つ開発力を数値化し公表している。

2010年12月27日 電通国際情報サービスがITI所有の株式を取得し、完全子会社化。 [2]

人材[編集]

主に、製造業での製品開発経験のある人間をコンサルタントとして採用している。 製造業で注目されていた製造分野に対し、ブラックボックス化していた設計開発領域を改善するためには、実際の製品開発経験が有効であるとしている。
新卒採用は行っていない。

主なパートナー企業[編集]

International TechneGroup Inc.(ITI):CAD/CAE/PLM等に関するソリューションを提供する米国のツールベンダー
Technalysis : 流体、熱伝導、電磁場、応力、材料処理等各種解析のサービス・コンサルティングやツールを提供する米国のツールベンダー
エステック:解析・実験の受託開発や、カスタムソフトウェア販売等も行うコンサルティング会社

主な出版物等[編集]

書籍[編集]

  • 吉本敦 『開発力革命 技術立国から開発立国へ』ソフトバンクパブリッシング ISBN 4-7973-2560-7
  • 北山厚監修、iTiDコンサルティング編著 『それでもコストは削れる。 改革を阻む六つの落とし穴』日経BP社 ISBN 978-4-8222-2099-0
  • 福嶋徹晃、高野昌也、濱田研一、菅仁著 北山厚監修 『開発力白書2012』出版文化社 ISBN 978-4-88338-465-5

雑誌・WEB連載[編集]

  • 北山厚 『開発力強化の方針』日経ものづくり 2005年4月~6月
  • 津田真吾 『モジュラー化の先にあるもの』日経BP Tech-ON![3]
  • 佐藤晃、福嶋徹晃、菅仁、濱田研一、高野昌也『日本製造業の実態~1万人の技術者への調査から見えた姿~』日経BP Tech-ON![4]
  • 松田有記、寺村良寛、矢吹豪佑、仙場拓人『実践!進化型すりあわせ開発』 日経BP Tech-ON![5]

主な出身者[編集]

  • 柳瀬吉助(政治家 神奈川県議会議員)

脚注[編集]

  1. ^ a b 株式会社アイティアイディコンサルティング 第18期決算公告
  2. ^ M&Aニュース「ISID(4812)ITIDを完全子会社化”. 2012年2月24日閲覧。
  3. ^ 『モジュラー化の先にあるもの』日経BP Tech-ON!”. 2012年4月19日閲覧。
  4. ^ 『日本製造業の実態~1万人の技術者への調査から見えた姿~』日経BP Tech-ON!”. 2012年4月19日閲覧。
  5. ^ 『実践!進化型すりあわせ開発』 日経BP Tech-ON!”. 2014年1月21日閲覧。