IWGP U-30無差別級王座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

IWGP U-30無差別級王座は、日本プロレス団体である新日本プロレスが管理する王座。旧名称はU-30無差別級王座

概要[編集]

棚橋弘至の提唱により、30歳以下のレスラーを対象としたタイトル。「U-30無差別級王座」の名称で設置される。当初は棚橋のプライベート王座の色合いが濃かったが、2004年11月4日以降は正式なIWGPの認可タイトルとして執行され、名称も「IWGP」を冠した。

第3代王者の棚橋の返上以降王座決定の動きが止まっており、現在は事実上封印。

歴代王者[編集]

歴代 レスラー 防衛回数 獲得日付 獲得した場所
初代 棚橋弘至 11 2003年4月23日 広島サンプラザホール
第2代 中邑真輔 0 2005年1月4日 東京ドーム、王座返上
第3代 棚橋弘至 2 2005年6月18日 京都市体育館、王座返上

エピソード[編集]

2011年10月10日、棚橋弘至がIWGPヘビー級王座を防衛した試合後に矢野通が乱入しベルトを強奪し、10月22日に矢野との試合後にベルトが入っているとおもわれるアタッシュケースを棚橋が奪い取るも、ケースを開けたら中身はU-30のベルトであった、このベルトが公の場に出るのは約6年ぶりとなった。