I SHOULD BE SO LUCKY/愛コトバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
I SHOULD BE SO LUCKY/愛コトバ
mihimaru GTシングル
初出アルバム『mihimarise
A面 I SHOULD BE SO LUCKY
愛コトバ
リリース
ジャンル J-POP
レーベル UNIVERSAL J
プロデュース tearbridge production
チャート最高順位
mihimaru GT シングル 年表
俄然Yeah!
2007年
I SHOULD BE SO LUCKY/
愛コトバ

(2007年)
diverge
2008年
テンプレートを表示

I SHOULD BE SO LUCKY/愛コトバ』(アイ・シュッド・ビー・ソー・ラッキー/あいコトバ)は、mihimaru GTの15枚目のシングル。2007年11月28日発売。発売元は、ユニバーサルミュージック

解説[編集]

収録曲[編集]

  1. I SHOULD BE SO LUCKY
    フジテレビドラマ暴れん坊ママ主題歌
    暴れん坊ママ」の制作サイドのリクエストで、カイリー・ミノーグ同名楽曲(邦題:ラッキー・ラブ)に日本語詞や新たなラップパートを制作している(そのためクレジットはカバー扱いになっている)[1]。楽曲の制作サイドからは「そのままカバーして欲しい」と注文されたが、それではmihimaru GTが標榜するコンセプトである「ヒップポップ」が表現できないとして、mihimaru GT側から様々なリクエストをしたとする報道もある[2]ヒップホップ的な鋭さや躍動感を出す為、重い音やベース音などを加えて「ドスの効いたサウンドを追求した」という[2]
  2. 愛コトバ
    • 作詞:hiroko and mitsuyuki miyake / 作曲:mitsuyuki miyake
  3. I SHOULD BE SO LUCKY (Instrumental)
  4. 愛コトバ (Instrumental)

DVD(初回盤のみ)[編集]

  • I SHOULD BE SO LUCKY -Video Clip-
    • PVはhirokoがさまざまな衣装を披露し、顕微鏡で見た世界を表現している。
  • マジカルスピーカー(@ Zepp Tokyo 2007.7.8)
  • So Merry Christmas(from DVD「mihimaLIVE」@ Zepp Tokyo 2006.12.14)

収録アルバム[編集]

I SHOULD BE SO LUCKY

愛コトバ

  • mihimarise

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ MihimaruGTが歌う"リニューアル・ソング"が主題歌に決定しました!” (日本語). 暴れん坊ママ. フジテレビジョン. 2008年11月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年8月26日閲覧。
  2. ^ a b “ミヒマルGTが新曲 名曲と自作の融合「ヒップ・ポップ」” (日本語). 読売新聞(東京夕刊、芸能A): p. 12. (2007年12月13日)  - ヨミダス文書館にて2013年8月26日閲覧。