infinite synthesis 4

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
infinite synthesis 4
fripSideスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
トランス
シンセポップ
ポップ・ロック
時間
レーベル NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
プロデュース 八木沼悟志
チャート最高順位
fripSide アルバム 年表
crossroads
2017年
infinite synthesis 4
(2018年)
infinite synthesis 5
2019年
『infinite synthesis 4』収録のシングル
  1. killing bites
    リリース: 2018年2月28日
  2. divine criminal
    リリース: 2018年5月16日
テンプレートを表示
fripSide 15th Anniversary Tour 2017-2018 "crossroads" supported by animelo mix
fripSide の アルバム・ツアー
場所 ニトリ文化ホール
幕張メッセ・国際展示場7,8ホール
福岡サンパレスホール
神戸ワールド記念ホール
名古屋国際会議場・センチュリーホール
関連アルバム crossroads
初日 2017年11月18日 (2017-11-18)
最終日 2018年1月8日 (2018-1-8)
公演数 7
fripSide ツアー 年表
fripSide concert tour 2016-2017 -infinite synthesis 3- supported by animelo mix
(2016年/2017年)
fripSide 15th Anniversary Tour 2017-2018 "crossroads" supported by animelo mix
(2017年/2018年)
fripSide Concert Tour 2018-2019 -infinite synthesis 4- supported by animelo mix
(2018年/2019年)

infinite synthesis 4』(インフィニット・シンセシス・フォー)は、日本音楽ユニットfripSide2018年10月10日NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンから発売した第2期5枚目(通算10枚目)のオリジナルアルバム

内容[編集]

コンピレーションアルバムcrossroads』から約1年ぶり、オリジナルアルバムとしては前作『infinite synthesis 3』から約2年ぶりのアルバム。

今作はマクロの視点とミクロの視点を、1作を通して表現するコンセプトを元に制作された。宇宙視点の1曲目「Edge of the Universe」から始まって、個人視点の14曲目「Like a blink, a short night.」で終わる構成になっている[1]

初回限定盤Blu-ray版と初回限定盤DVD版、通常盤の3形態で発売され、各初回限定盤には今作のリード曲「Edge of the Universe」のミュージック・ビデオとメイキング映像、今作のスポットCM映像、2017年12月2日幕張メッセ・国際展示場7,8ホールにて行われた結成15周年記念ライブツアー『fripSide 15th Anniversary Tour 2017-2018 "crossroads" supported by animelo mix』のライブ映像を収録したBlu-rayとDVDが同梱されている[2]。また、全盤の初回生産分特典として『fripSide Concert Tour 2018-2019 -infinite synthesis 4- supported by animelo mix』のシリアル番号付きチケット先行申込券が封入された。

収録曲[編集]

  1. Edge of the Universe [5:47]
    今作のリード曲。第1期fripSideとしての2ndアルバム『2nd fragment of fripSide』の収録曲「trangitory orbit」の原型であるデモ音源を元に制作された楽曲[3][4]ミュージック・ビデオにはお笑いタレントレイザーラモンHGが出演している。八木沼は、「『Infinite synthesis 4』になったらゲスト出演をお願いしたいと以前公言していたんですが、それが実現しました」と語っている[4]
  2. killing bites [4:43]
    13thシングルの表題曲。
  3. divine criminal [5:07]
    14thシングルの表題曲。
  4. snow of silence [5:35]
    イントロと間奏にオーケストラル・ヒットを取り入れている[4]
  5. white relation (IS4 version) [7:36]
    『シュヴァルツェスマーケン ミュージックコレクション』収録曲のリミックスバージョン[5]。イントロとミックスバランスが新たに加えられている。
  6. colorless fate -version 2018- [7:01]
    第1期fripSideとしての1stアルバム『first odyssey of fripSide』の収録曲で、3度目のセルフカバーとなる。
  7. under a starlit sky [4:29]
    2曲目の「killing bites」同様ロック色の強い楽曲[4]
  8. breaking dawn [5:05]
    ボーカルの声を切り刻んで並べるスライスという技法を取り入れた楽曲[4]。この技法を取り入れたのは、『infinite synthesis 3』収録曲の「2016 -Third cosmic velocity-」以来2作ぶり。
  9. one dream [5:06]
    中国大陸をイメージして制作された楽曲[4]
  10. adverse wind [4:35]
  11. beyond the horizon [6:02]
  12. you only live once [5:42]
  13. close to you [5:03]
    今作で一番最初に制作された楽曲[4]
  14. Like a blink, a short night. [5:50]

収録映像曲[編集]

本編
  1. 2016 -Third cosmic velocity-
  2. 1983-schwarzesmarken- (IS3 version)
  3. future gazer
  4. fortissimo -from insanity affection-
  5. Heaven is a Place on Earth
  6. everlasting
  7. Luminize
  8. eternal reality
  9. killing bites
  10. late in autumn
  11. endless memory 〜refrain as Da Capo〜
  12. fortuna on the Sixteenth night
  13. Hesitation Snow
  14. white forces -IS3 edition-
  15. white relation
  16. way to answer
  17. whitebird
  18. ひだまりバスケット
  19. magicaride -version2016-
  20. clockwork planet
  21. LEVEL5-judgelight-
  22. infinite synthesis
アンコール
  1. black bullet
  2. Two souls -toward the truth-
ダブルアンコール
  1. sister's noise
  2. only my railgun

参加ミュージシャン[編集]

CD[編集]

fripSide
Additional Musician
  • a2cGuitar (#1,2,3,5,6,10,11,13)
  • 戸口田隆広:Guitar (#4,12)
  • 城石真臣:Guitar (#7,8,14)
  • 海老澤祐也:Guitar (#9)

Blu-ray・DVD[編集]

fripSide
バンドメンバー

タイアップ[編集]

脚注[編集]