Intorlerance... あるいは暮林助教授の逆説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Intorlerance... あるいは暮林助教授の逆説』は、川原泉漫画作品。1985年(昭和60年)に「花とゆめ」18号、19号に掲載された。

概要[編集]

ギャグは散りばめられているものの、シリアスなタッチでストーリーは展開し、男女関係に絡んだ殺人が仄めかされるなど、全体に暗い雰囲気が漂う。明るく穏やかな作風の川原作品の中では、かなりの異色作となっている。

川原自身が「シリアスとは何ぞや?」を考察した結果、描かれた作品であることをコミックス中描きにて述べている。

ストーリー[編集]

文学部1年の鷹見 陸は友人らと比べても遜色のない数学レポートを「不可」にされ、異議を唱えるために数学科の暮林助教授の元を訪ねる。レポートの採点基準を尋ねた陸に返ってきた言葉は「きみの顔が気に入らない」だった。

その後、陸は、ひょんな事から暮林の別荘でバイトすることになったが、滞在先で暮林は不可解な言動を繰り返し、陸や暮林の友人の各務は首をひねることになる。あてがわれた陸の部屋から柳沢 周が残した日記が見つかったことによって、暮林 那智、柳沢 周、暮林 耀子の歪んだ関係が浮かび上がってくる。

登場人物[編集]

鷹見 陸(たかみ りく)
文学部1年。以前は三つ編みお下げで野暮ったい印象だったが夏を前に髪を切り、暮林助教授いわく「ハンサム」な外見になる。
夏休みのアルバイトを探している時に暮林助教授に見つかり、彼の別荘での家政婦のアルバイトに誘われる。
暮林家別荘にある大量のの樹々の中で一本だけ、甘い実をつける樹がある事で「ある疑惑」を抱く。
暮林 那智(くればやし なち)
数学科助教授。「影の教授」と呼ばれている。物静かな印象だが、講義に対する準備、研究者としての実力などにより学生からの人気は高い。
鷹見 陸を雇ったり、各務 俊城に肉体関係を迫るのを「実験」と称したり、「白い鳥と赤い鳥を桃の木の下に埋めた」と語るなど不可解な言動を繰り返す。また、鷹見 陸と柳沢 周を混同しているような言動も見られた。
鷹見 陸に昨年起きたことを問われ、「彼女(耀子)が赤い鳥を撃ち、僕は白い鳥を撃った」と答えると、夏休みの途中で、鷹見 陸のアルバイトを打ち切り、鷹見 陸、各務 俊城を別荘から帰した後、陸のレポートを「優」に修正する。そのまま2人とは会わずに、海外の大学からの招聘を受け、大学を去り渡航した。
作中、頭身の縮小やギャグ顔になることは終始無かった。
各務 俊城(かがみ としき)
心理学科講師。陸の担当教官。暮林と昔からの付き合いがあり、出身校も同じ。大学では「暮林さん」だがプライベートでは「那智」と呼ぶ。
夏休みに別荘で起きた一件で、「もう…なんか食べない…」と誓う。
柳沢 周(やなぎさわ あまね)
去年の夏姿を消した、理学研究科数学専攻マスターコースの学生。髪を切った陸は周にそっくりらしい。
学内では、失踪の理由は暮林夫人・燿子(ようこ)との駆け落ちであると言われている。
実は同性愛者であり、暮林に愛情を抱いていた。暮林耀子と関係を持ったのも、不倫の事実を提供することで離婚できるようにとの思惑からである。だが、その執着欲の強さから暮林には耀子同様に疎まれていた。
暮林 耀子(くればやし ようこ)
暮林の妻。生前から、夫婦仲は最悪だった。
自分を省みない夫に不満を抱き、あてつけるかのように柳沢と関係を持つ。その後、失踪したとされる。
執着欲が強く、自分の興味を抱けない対象に対する応対が希薄になる暮林に対し、自分を省みていないと不満に思っていた。

書誌情報[編集]