Iravati

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
本来の表記は「Irāvatī」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
Irāvatī
林原めぐみスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル スターチャイルド
プロデュース 大月俊倫
チャート最高順位
  • 週間5位(オリコン
  • 1997年度年間79位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド[1]日本レコード協会
  • 林原めぐみ アルバム 年表
    bertemu
    1996年
    Irāvatī
    1997年
    ふわり
    1999年
    『Irāvatī』収録のシングル
    1. Just be conscious
      リリース: 1996年7月5日
    2. Successful Mission
      リリース: 1996年10月23日
    3. Reflection
      リリース: 1997年7月2日
    テンプレートを表示

    Irāvatī』(イラーバティー)は、林原めぐみの8作目のオリジナル・アルバム(スタジオ録音アルバム)。スターチャイルドより1997年8月6日に発売された。のち、2005年3月16日に再発された。

    解説[編集]

    • 林原めぐみが歌った楽曲を集めたアルバムの第8作にあたる。前作『bertemu』から1年も経たずにリリースされた。シングル曲やリメイク曲が半分収録されているため、オリジナル・アルバムともベスト・アルバムとも取れる構成になっている。
    • 前作では未収録だった「Just be conscious」、「Successful Mission」や先行シングルの「Reflection」が本作に収録された。収録構成はそれらに新曲を加えた全13曲となっている。なお「don't be discouraged」とそのカップリングの「Breeze」は収録されていない。
    • キャッチコピーは「そこにあるのは心の声
    • タイトルの「Irāvatī」とは、サンスクリット語で「元気回復」「リフレッシュメント」「癒し」という意味であったが、さらに「酒を振る舞う」「食べきれない食べ物」と言う多種多様な意味もあったため、本人にとってはまさに打ってつけの言葉であるといえる。
    • 初回限定盤に付いていた写真集の撮影は鹿児島県屋久島にて行われた。本人曰く、屋久島に「呼ばれた」ため、同地を撮影場所にしたらしい[2]
    • 2005年3月16日に初回限定盤仕様(紙BOX仕様)の限定生産で復刻された。

    記録[編集]

    • 初動売上、通算売上ともに声優によるアルバムとして歴代最高売上枚数を記録している。
    • 2週連続オリコンTOP10入り(初週5位、2週目8位)を記録している。
    • 林原めぐみのリリースしたシングル・アルバム両方において唯一、年間TOP100入り(79位)を果たしている。
    • 公称40万枚の売上があったことを、自著内のインタビューで発言している[3]
    • 1997年8月度、ゴールドディスクに認定された[1]。(2003年7月度以降の認定基準とは異なり、当時のゴールド認定基準は出荷枚数20万枚以上が基準となっている。)

    収録曲[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「Good Luck![4][5]岡崎律子岡崎律子光宗信吉
    コーラスアレンジ:岡崎律子
    2.「I'll be there(Ballade Version)」MEGUMI佐藤英敏大平勉
    コーラスアレンジ:奥井雅美
    3.Successful MissionMEGUMI佐藤英敏矢吹俊郎
    4.魂のルフラン(Aqua Groove Mix)」及川眠子大森俊之大森俊之
    5.「Déjà vu[6]MEGUMI佐藤英敏五島翔
    コーラスアレンジ:
    高橋'JACKY'香代子
    6.「The GIFT」李醒獅
    English Words by Mamie D. Lee
    大森俊之大森俊之
    7.「RUN ALL THE WAY!(Fire Ball Groove Mix)[7]有森聡美大森俊之大森俊之
    8.Just be consciousMEGUMI佐藤英敏添田啓二
    コーラスアレンジ:奥井雅美
    9.「心よ原始に戻れ(Naked Flower Version)」及川眠子佐藤英敏大森俊之
    10.「明日になれ[6]MEGUMI光宗信吉光宗信吉
    11.ReflectionMEGUMI佐藤英敏添田啓二
    12.「Thirty[8]MEGUMIMEGUMI岩本正樹
    13.「幻影[9]MEGUMI丸尾めぐみ丸尾めぐみ
    合計時間:

    タイアップ[編集]

    # 曲名 タイアップ 初出作品 発売日 品番 備考
    02 I'll be there テレビアニメ『セイバーマリオネットJ』エンディングテーマ Suceessful Misson 1996年10月23日 KIDA-134 14thシングルカップリング・バラード音源
    03 Suceessful Misson テレビアニメ『セイバーマリオネットJ』オープニングテーマ 14thシングル
    04 魂のルフラン 東映配給アニメ映画『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』主題歌 魂のルフラン(原曲) 1997年2月21日 KIDA-146 原曲:高橋洋子
    07 RUN ALL THE WAY!(Fire Ball Groove Mix) 劇場版『スレイヤーズRETURN』イメージソング スレイヤーズRETURN:THE MOTION PICTURE "R" 1996年8月21日 KICA-314 13thシングルカップリング・リミックス音源
    08 Just be conscious 劇場版『スレイヤーズRETURN』主題歌 Just be conscious 1996年7月5日 KIDA-136 13thシングル
    09 心よ原始に戻れ 東映配給アニメ映画『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生』イメージソング 魂のルフラン(原曲) 1997年2月21日 KIDA-146 原曲:高橋洋子
    11 Reflection 劇場版『スレイヤーズぐれえと』主題歌 Reflection 1997年7月2日 KIDA-154 16thシングル

    クレジット[編集]

    All Performed by Megumi Hayashibara
    Produced & Directed by Toshimichi Ohtsuki
    All Vocal Tracks Recorded by Hiroyuki Tsuji(辻裕行)
    Mastered by Seiji Kaneko(金子清次)
    Music Production emai music office
    Office Hoppers
    PAROME MUSIC
    PH SOUND
    SOFTHOUSE UNO
    TOHSHITU
    WATERCOLOR ENTERPRISE
    Photography Hideki Hirose(広瀬秀樹)
    Styling Asami Nishida(西田麻美)
    Hair & Make-up Hiroyuki Shimizu(清水寛之)
    Design Naoki Shinoda(篠田直樹)
    Art Work Management Eiji Nakamura(中村栄司)
    Publicity Yoh Naitou(内藤洋)
    Takashi Tokuhara(徳原貴之)
    Makoto Iijima(飯島真)
    Special Thanks to Satoru Akahori
    Takeshi Sawamoto
    Fushigi & Noriko
    Co-oprators ARTSVISION

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]
    1. ^ a b 日本レコード協会『THE RECORD』 No.455(1997年10月号)より
    2. ^ 明日があるさ 〜SWEET TIME EXPRESS〜 【ちょっトク文庫版】より
    3. ^ 『MEGUMINDEX』―林原めぐみINTERVIEW BOOK(音楽専科社:2007年 ISBN 4-87279-208-4)より
    4. ^ ラジオ『林原めぐみのHeartful Station』でのフィラー曲に使用されていた。
    5. ^ 岡崎律子がアルバム『おはよう』(1998年)でセルフカバーしている。
    6. ^ a b 歌詞の内容が対になっており、「Déjà vu」は恋愛、「明日になれ」は失恋をテーマにした歌となっている。
    7. ^ ラジオ『林原めぐみのHeartful Station』でのエンディング前のフィラーで流れていた。
    8. ^ 林原自身が初めて作曲・作詞を両方手掛けたナンバー
    9. ^ マーヤー」と読み、本作の写真を撮るために向かった屋久島をテーマにした歌となっている。