itoa

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

itoa とは、非標準のCライブラリ関数glibcBSD libc など大半の標準Cライブラリでは利用不可。Visual C++ では _itoa を使用する。定義されている場合は stdlib.h において宣言されていることが多い。

第一引数に与えられたint型整数値を、第三引数に指定した基数表記で文字列に変換し、第二引数に指定したchar配列へのポインタへ書き込む。戻り値は、数値を文字列に変換して格納した文字列へのポインタ、第二引数そのものである。 例えば、第一引数に100、第二引数に空の文字配列""、第三引数に16と指定すると、文字配列は"64"となる。

移植性がないため一般的には使用しないことが推奨されている。標準Cライブラリでは、sprintfsnprintfなどが代替の候補に挙げられる。

形式[編集]

#include <stdlib.h>
char *itoa(int value, char *str, int radix);

関連項目[編集]