iw (Linux)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
iw
開発元 ヨハネス・ベルクなど[1]
最新版 4.14 / 2018年1月4日(12か月前) (2018-01-04[2]
リポジトリ git.kernel.org/pub/scm/linux/kernel/git/jberg/iw.git
プログラミング言語 C言語
対応OS Linux
サポート状況 開発中
種別 Linux向けのユーティリティ
ライセンス ISCライセンス
公式サイト iw
テンプレートを表示

iwは、IEEE 802.11規格の無線LANネットワークの設定を行うためのコマンドラインユーティリティである。wireless-tools英語版の置き換えを目標に開発が行われている[3]

iwは、ISCライセンスの下で配布されているフリーソフトウェアで、iwlwifi英語版など多くの無線ドライバに対応している[3]WPA暗号化された無線ネットワークに接続する場合は、wpa_supplicantの使用が必要になる[4][3]

以下はiwとwireless-toolsの比較表である[4][5]

iwとwireless-toolsの比較表
iw wireless-tools 備考
iw dev wlan0 link iwconfig wlan0 リンクの状態を取得
iw dev wlan0 scan iwlist wlan0 scan 利用可能なアクセスポイントをスキャン
iw dev wlan0 set type ibss iwconfig wlan0 mode ad-hoc 動作モードをアドホック・モードに設定
iw dev wlan0 connect your_essid iwconfig wlan0 essid your_essid 接続してネットワークを開く
iw dev wlan0 connect your_essid 2432 iwconfig wlan0 essid your_essid freq 2432M 接続して指定したチャンネルのネットワークを開く
iw dev wlan0 connect your_essid key 0:your_key iwconfig wlan0 essid your_essid key your_key 16進数を利用してWEPで暗号化されたネットワークに接続
iwconfig wlan0 essid your_essid key s:your_key ASCII文字の鍵を利用してWEPで暗号化されたネットワークに接続
iw dev wlan0 set power_save on iwconfig wlan0 power on 省電力機能の有効化

脚注[編集]

  1. ^ COPYING - kernel/git/jberg/iw.git - wireless configuration tool”. 2018年8月1日閲覧。
  2. ^ Index of /pub/software/network/iw/”. 2018年8月1日閲覧。
  3. ^ a b c iw”. wireless.kernel.org. 2018年8月1日閲覧。
  4. ^ a b Replacing iwconfig with iw”. wireless.kernel.org. 2018年8月1日閲覧。
  5. ^ ワイヤレス設定”. ArchWiki. 2018年8月1日閲覧。

関連項目[編集]