Jプロツアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Jプロツアー[1]は、2006年より開始した全日本実業団自転車競技連盟が主催する自転車ロードレースのランキング制度である。

概要[編集]

ヨーロッパのUCIプロツアーをモデルとして、ロードレース競技底辺拡大の為、国内のアマサイクリストや子供達にサイクルロードレースという競技を見せることにより多くのファンを増やし、他のプロスポーツに匹敵する競技としてその一般認知度を引き上げるべく創設された。 かつての略称は「Jサイクルツアー」。全日本実業団自転車競技連盟が任意団体から社団法人化したことにより、2011年から「Jプロツアー」として新シリーズが発足した。 Jプロツアーに参加するチームは自チームから個人総合(ポイント)1位の選手を出す事を目標にシーズンを戦う。 またJプロツアーの個人総合1位の選手は「Jプロツアーリーダー」と呼ばれ、赤い「ルビーレッドジャージ」が贈られる。 結果によって個人総合の順位が入れ替わるため、リーダー争いは熾烈を極める。 その他、23歳以下(U-23)の選手の中でランキング1位の選手には白い「ピュアホワイトジャージ」が贈られる

なおJプロツアーでは地域のクラブチームからUCI登録のコンチネンタルチームまで様々な形態のチームが参加しているが、欧州でも活躍したプロレーサーやオリンピック選手なども参加しているので、スプリントやヒルクライムなど各レース熾烈なバトルが繰り広げられている。 年々Jプロツアーのレベルは上がっているが、各レースの勝者やJプロツアーリーダーはUCIコンチネンタルチーム所属の選手が多い。

2021年より発足される新リーグへ移行するため、2020年シーズンを最後に終了する[2]

2019年度カレンダー[編集]

  • 第1戦:第2回JBCF修善寺ロードレースDay1
  • 第2戦:第2回JBCF修善寺ロードレースDay2
  • 第3戦:第53回JBCF西日本ロードクラシック広島大会
  • 第4戦:第53回JBCF東日本ロードクラシック群馬大会
  • 第5戦:第3回JBCF宇都宮ロードレース
  • 第6戦:第6回JBCF宇都宮クリテリウム
  • 第7戦:第3回JBCF那須塩原クリテリウム
  • 第8戦:第3回JBCFやいた片岡ロードレース
  • 第9戦:群馬CSC交流戦6月大会
  • 第10戦:第1回JBCF東広島サイクルロードレース
  • 第11戦:第2回JBCF広島クリテリウム
  • 第12戦:第18回JBCF石川サイクルロードレース
  • 第13戦:第2回JBCFチームタイムトライアルチャンピオンシップ
  • 第14戦:第9回JBCFタイムトライアルチャンピオンシップ
  • 第15戦:群馬CSC交流戦9月大会Day1
  • 第16戦:群馬CSC交流戦9月大会Day2
  • 第17戦:第4回JBCF南魚沼ロードレース
  • 第18戦:第53回JBCF経済産業大臣旗ロードチャンピオンシップ
  • 第19戦:第4回JBCFまえばしクリテリウム
  • 第20戦:第3回JBCFまえばし赤城山ヒルクライム
  • 第21戦:第1回JBCF維新やまぐちタイムトライアル
  • 第22戦:第3回JBCF秋吉台カルストロードレース

2019年の参戦チーム[編集]

TOP Pro Team[編集]

チーム名 運営法人所在地
宇都宮ブリッツェン 栃木県宇都宮市
マトリックス・パワータグ 大阪府高石市
シマノレーシング 大阪府堺市
チーム ブリヂストンサイクリング 埼玉県さいたま市
那須ブラーゼン 栃木県那須郡
Lemonade Bellmare Racing Team 神奈川県平塚市
イナーメ信濃山形 長野県東筑摩郡
VICTOIRE広島 広島県広島市
弱虫ペダルサイクリングチーム 茨城県つくば市
キナンサイクリングチーム 和歌山県新宮市

Pro Team[編集]

チーム名 運営法人所在地
東京ヴェントス 東京都立川市
フィッツグルーン 日本ロボティクス 神奈川県横浜市
VC FUKUOKA 福岡県福岡市
Honda 栃木 栃木県芳賀郡
なるしまフレンド レーシングチーム 東京都八王子市
群馬グリフィン・レーシングチーム 群馬県前橋市
eNShare-エルドラード 宮城県仙台市
シエルヴォ奈良MIYATA-MERIDAレーシングチーム 奈良県生駒市
Team UKYO 東京都渋谷区

過去の参戦チーム[編集]

歴代Jプロツアーリーダー[編集]

以下に歴代のJプロツアーリーダーの一覧を示す。

年間ランキング1位 所属チーム
2006年 鈴木真理日本の旗 ミヤタスバル
2007年 鈴木真理日本の旗 チームミヤタ
2008年 狩野智也日本の旗 スキル・シマノ
2009年 鈴木真理日本の旗 シマノレーシング
2010年 畑中勇介日本の旗 シマノレーシング
2011年 畑中勇介日本の旗 シマノレーシング
2012年 増田成幸日本の旗 宇都宮ブリッツェン
2013年 ホセ・ビセンテ・トリビオスペイン語版スペインの旗 TeamUKYO
2014年 ホセ・ビセンテ・トリビオスペインの旗 TeamUKYO
2015年 畑中勇介日本の旗 TeamUKYO
2016年 ホセ・ビセンテ・トリビオスペインの旗 マトリックス・パワータグ
2017年 ホセ・ビセンテ・トリビオスペインの旗 マトリックス・パワータグ
2018年 窪木一茂日本の旗 チームブリヂストンサイクリング
2019年 オールイス・アルベルトベネズエラの旗 マトリックス・パワータグ

歴代Jプロツアー団体総合[編集]

以下に歴代のJプロツアー団総合優勝チームの一覧を示す。

年間ランキング1位
2006年 シマノレーシング
2007年 チームミヤタ
2008年 スキル・シマノ
2009年 シマノレーシング
2010年 シマノレーシング
2011年 シマノレーシング
2012年 宇都宮ブリッツェン
2013年 TeamUKYO
2014年 宇都宮ブリッツェン
2015年 TeamUKYO
2016年 TeamUKYO
2017年 マトリックスパワータグ
2018年 宇都宮ブリッツェン
2019年 マトリックス・パワータグ

脚注[編集]

  1. ^ チーム
  2. ^ 新リーグ、2021年春設立のお知らせ” (2019年3月2日). 2019年6月30日閲覧。