Jリーグインターナショナルユースカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Jリーグインターナショナルユースカップとは2015年度から開催されているサッカーの第2種年代による大会。

ユース育成型チームの国際経験更なる増強を念頭において、Jリーグユース選手権大会本大会の上位チームに招待チームを交えて行われている。

概要[編集]

2015Jリーグインターナショナルユースカップ[編集]

2015年 Jリーグインターナショナルユースカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 12月15日 - 12月19日
参加チーム数 4
優勝 浦和レッズユース
準優勝 名古屋グランパスU-18
試合総数 6
ゴール数 22 (1試合平均 3.67 点)
得点王 川上開斗 (4得点)
テンプレートを表示

第1回大会の2015Jリーグインターナショナルユースカップは2015年12月15日から12月19日にかけて開催。第23回Jリーグユース選手権大会決勝に出場した浦和と名古屋の2クラブが参加した[1]

概要[編集]

  • 試合会場:南長野運動公園総合球技場
  • 試合方式:1試合45分ハーフ(90分)、延長戦・PK戦は行わない。順位は勝ち点制とする。
  • 順位:勝ち点が多いチームが上位とする。

参加クラブ[編集]

順位表[編集]

チーム
1 浦和レッズユース (C) 3 3 0 0 12 3 +9 9
2 名古屋グランパスU-18 3 2 0 1 7 3 +4 6
3 AZアルクマール 3 1 0 2 1 6 −5 3
4 全南ドラゴンズ 3 0 0 3 2 10 −8 0

最終更新は2015年12月19日の試合終了時
出典: 2015Jリーグインターナショナルユースカップ順位表
順位の決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総得点 4.当該チーム間の対戦成績(勝点、得失点差、総得点の順に比較).

日程[編集]

出典: 2015Jリーグインターナショナルユースカップ日程・結果





2016Jリーグインターナショナルユースカップ[編集]

2016年 2016Jリーグインターナショナルユースカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 12月21日 - 12月25日
参加チーム数 8
優勝 フィゲイレンセFC
得点王 久保建英 (6得点)
最優秀選手 マテウス・ソアレス
テンプレートを表示

第2回大会の2016Jリーグインターナショナルユースカップは、2016年12月21日から12月25日にかけて開催。出場クラブが8チームに増えたほか、この時期は3年生が引退を迎えるため17歳以下の大会となった。

概要[編集]

参加クラブ[編集]


試合結果[編集]

グループA[編集]

チーム
1 釜山アイパーク (C) 3 3 0 0 8 10 −2 9
2 サンフレッチェ広島F.Cユース 3 1 1 1 9 7 +2 4
2 エストゥディアンテス・デ・ラ・プラタ 3 1 1 1 4 3 +1 4
4 京都サンガF.C.U-18 3 0 2 1 3 4 −1 2

最終更新は2016年12月23日の試合終了時
出典: 2016Jリーグインターナショナルユースカップ順位表
順位の決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総得点 4.当該チーム間の対戦成績(勝点、得失点差、総得点の順に比較).

グループB[編集]

チーム
1 フィゲイレンセFC (C) 3 3 0 0 10 5 +5 9
2 FC東京U-18 3 2 0 1 13 5 +8 6
3 パース・グローリーFC 3 1 0 2 4 10 −6 3
4 松本山雅FC U-18 3 0 0 3 2 9 −7 0

最終更新は2016年12月23日の試合終了時
出典: 2016Jリーグインターナショナルユースカップ順位表
順位の決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総得点 4.当該チーム間の対戦成績(勝点、得失点差、総得点の順に比較).

順位決定戦[編集]

最終順位[編集]

  1. フィゲイレンセ
  2. 釜山アイパーク
  3. FC東京U-18
  4. サンフレッチェ広島F.Cユース
  5. エストゥディアンテス・デ・ラ・プラタ
  6. パース・グローリーFC
  7. 松本山雅FC U-18
  8. 京都サンガF.C.U-18

2017Jリーグインターナショナルユースカップ[編集]

2017年 2017Jリーグインターナショナルユースカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 12月20日 - 12月24日
参加チーム数 8
優勝 ガンバ大阪ユース
得点王 原田烈志(6点)
最優秀選手 大石修也
- →
テンプレートを表示

第3回大会の2017Jリーグインターナショナルユースカップは、2017年12月20日から12月24日にかけて開催。

概要[編集]

参加クラブ[編集]

試合結果[編集]

グループA[編集]

チーム
1 京都サンガF.C.U-18 3 2 1 0 4 1 +3 7
2 川崎フロンターレU-18 3 1 1 1 7 4 +3 4
3 ヴォイヴォディナ 3 1 1 1 2 5 −3 4
4 シャペコエンセ 3 0 1 2 1 4 −3 1

出典: 2017Jリーグインターナショナルユースカップ対戦カード決定!!
順位の決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総得点 4.当該チーム間の対戦成績(勝点、得失点差、総得点の順に比較).

グループB[編集]

チーム
1 ガンバ大阪ユース 3 2 1 0 10 3 +7 7
2 サンフレッチェ広島ユース 3 2 1 0 7 3 +4 7
3 浦項スティーラーズ 3 1 0 2 3 6 −3 3
4 オリンピック・マルセイユ  3 0 0 3 4 12 −8 0

出典: 2017Jリーグインターナショナルユースカップ対戦カード決定!!
順位の決定基準: 1.勝点 2.得失点差 3.総得点 4.当該チーム間の対戦成績(勝点、得失点差、総得点の順に比較).

順位決定戦[編集]

順位表[編集]

  1. ガンバ大阪ユース
  2. 京都サンガU-18
  3. サンフレッチェ広島ユース
  4. 川崎フロンターレU-18
  5. ヴォイヴォディナ
  6. 浦項スティーラーズ
  7. シャペコエンセ
  8. オリンピック・マルセイユ

2018Jリーグインターナショナルユースカップ[編集]

2018年 2018Jリーグインターナショナルユースカップ
開催国 日本の旗 日本
開催期間 12月19日 - 12月22日
参加チーム数 8
テンプレートを表示

第4回大会の2018Jリーグインターナショナルユースカップは、2018年12月19日から12月22日にかけて開催。

概要[編集]

  • 会場 - 長野Uスタジアム、長野市営陸上競技場
  • 参加資格 - 2001年1月1日生まれ以降、オーバーエージ(2000年生まれ)の選手を最大2人まで可。
  • 大会方式 - 8チームを2グループに分けて、同順位同士で順位決定戦を行う。

参加クラブ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]