Jリーグカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
JリーグYBCルヴァンカップ
J.LEAGUE YBC Levain CUP
J League Cup 2003.jpg
開始年 1992年
主催 日本プロサッカーリーグ
地域 日本の旗 日本
参加チーム数 20(or 19 or 18)
前回優勝 FC東京(3回目)
最多優勝 鹿島アントラーズ(6回)
サイト Jリーグカップ
テンプレートを表示

Jリーグカップ(ジェイリーグカップ、J. League Cup)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するクラブが参加するカップ戦である。第1回大会からヤマザキビスケット(略称・YBC、旧ヤマザキナビスコ)が冠スポンサーとなっており、JリーグYBCルヴァンカップ(略称はルヴァンカップ)の大会名称を用いている(大会名称に関しては後述)。

優勝チームはJリーグカップ/コパ・スダメリカーナ王者決定戦に出場する。J1リーグ天皇杯と並ぶ日本の国内三大タイトルの1つとされている(スーパーカップは除く)[1]

概要[編集]

Jリーグ開幕前年度の1992年社団法人(当時)日本プロサッカーリーグが主催するカップ戦としてスタートした。リーグ戦の日程の関係で開催されなかった1995年を除いてJリーグと並行して開催されている。

決勝戦の開催スタジアムは1992年から2013年まで国立霞ヶ丘競技場陸上競技場(1994年・1997年を除く)、1994年神戸総合運動公園ユニバー記念競技場、1997年はジュビロ磐田スタジアム茨城県立カシマサッカースタジアム、2014年から2019年・2021年は埼玉スタジアム2002、2020年[注 1]国立競技場で開催されている。

2010年5月に、1992年に実施された第1回大会以来の通算入場者数が1,000万人を突破。また、同年10月には本大会の通算試合数が1,000試合に到達した。

カップウィナーに対してJリーグカップ(チェアマン杯、前年優勝クラブによる持ち回り)とルヴァンカップ(スポンサー杯、優勝クラブへの贈与)がそれぞれ授与される。また、優勝チームは翌夏に開催されるJリーグYBCルヴァンカップ/CONMEBOLスダメリカーナ王者決定戦への出場権が与えられていた。

大会公式試合球は当年のJリーグで使用されている試合球のデザインをJリーグカップ用として特別にデザインされたものを使用している。

大会名称[編集]

第1回の1992年大会から菓子メーカーのヤマザキビスケット(旧・ヤマザキナビスコ)が特別協賛(冠スポンサー)となっており、現在の大会名称は「JリーグYBCルヴァンカップ」(: J.LEAGUE YBC Levain CUP) (略称はルヴァンカップ[2]

大会が設立された1992年から2016年のグループステージまで「Jリーグヤマザキナビスコカップ」(: J.LEAGUE YAMAZAKI NABISCO CUP) (略称はナビスコカップ)の大会名称を用いており、20回目の開催となる2012年には「同一冠スポンサーによる最長のカップ戦」としてギネス世界記録に申請[3]、翌2013年に「同一企業の協賛により最も長く開催されたプロサッカーの大会 (Longest sponsorship of a professional football competition)」として認定されている[4]

なお、Jリーグ規約では、第40条において、J1J2J3の「リーグ戦」に対して「リーグカップ戦」と表記され[5]、ターミノロジー(用語集)においては「ルヴァンカップ」「ルヴァン杯」「Jリーグ杯」とは表記しないこととなっているという[6]

本項では便宜上、NHKなどでも使用される「Jリーグカップ」の名称を用いることとする。

2016年シーズン途中での名称変更[編集]

2016年8月31日にヤマザキナビスコがモンデリーズ・インターナショナルと結んでいた「ナビスコ」ブランドのライセンス契約を終了し、翌9月1日から社名を「ヤマザキビスケット」に改称する[7][8] ことを受け、同年6月21日から(実質的には同年8月31日から始まる2016年(第24回)大会のノックアウトステージから)大会名を「JリーグYBCルヴァンカップ(略称はルヴァンカップ)」に変更することが発表された[9]。「YBC」はヤマザキビスケットの英字略号(YAMAZAKI-BISCUITS Co., Ltd.)、「ルヴァン」(Levain) は同社が2016年9月5日よりリッツに替わって発売するクラッカーのブランド名で[10]、フランス語で発酵種を意味する。

この名称変更については、2016年2月時点のリリースでは「社名変更後となる大会終了まで“Jリーグヤマザキナビスコカップ”の名称を使用し、翌年度以降はスポンサー継続の有無を含めJリーグと同社との間で引き続き協議する」としていた[11] が、一方でヤマザキナビスコ側は「ナビスコ」ブランドの終売に伴う売り上げ低下の懸念から、スポンサードの撤退も検討。グループ会社間での協議の席では親会社である山崎製パンから「それならヤマザキカップにしてウチがやるか」という意見も上がったが、Jリーグ側から社名変更のタイミングと同じくしての名称変更に関する提案が出たことで、それを受ける形になった[12]

開催方式[編集]

参加資格[編集]

前身であるJSLカップではリーグカップの形態を正しく反映して2部も含めた全てのクラブの参加を認めていたが、Jリーグカップでは2部以下のクラブの出場が見合わせられた期間が長く、2002年大会から2017年大会までは、当該年にJ1に所属するクラブのみにより争われている。参加資格の変遷は以下の通り。

レギュレーション[編集]

J1が18チームになり、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)が3月開幕となって開催時期が重複するようになった2005年大会からは以下のようなレギュレーションが定着している。2015年大会からステージの名称が改められた[14]2017年大会からノックアウトステージ(現・プライムステージ)に進出するためのプレーオフステージが追加された。

なお、2011年大会東日本大震災に伴うスケジュールの都合上、全試合でノックアウトトーナメントを採用しており、例年と異なったレギュレーションで開催された(当該項参照)。

グループステージ(旧・グループリーグ
大会参加チームのうち、ACL本戦グループステージに出場するチーム[注 2]を除くチームが参加する。
グループリーグ参加チームを2グループ(2008年までと2018年以降は4グループ)に分け、各チーム総当たり1回戦(2008年までと2018年以降はホーム・アンド・アウェー2回戦)のリーグ戦を行う。
勝点方式によりグループ内での順位を定め(勝点で並んだ場合には「得失点差」「総得点数」「当該チーム間の対戦成績」「反則ポイント」「抽選」の順により優劣を決定)、2017年大会までは各グループの上位チーム(2016年大会までは計4チーム、2017年大会は計2チーム)がノックアウトステージ進出、2017年大会は各グループ2位と3位(状況により4位も)がプレーオフステージ進出。2018年からは各グループの上位2チーム(状況により3位のうち2チーム及び全チームも)がプレーオフステージ進出。
プレーオフステージ
2017年より導入。ホーム・アンド・アウェー方式によるステージ。グループステージの順位で組み合わせが決定されるが、ACL本戦グループステージに出場するチーム数によって組み合わせが変わる。
ACL本戦グループステージ出場チームが4チームの場合は「2位と3位」(2017年・2カード)または「1位と2位」(2018年以降・4カード)の対戦、ACL本戦グループステージ出場チームが3チームの場合は「2位と4位」「3位同士」の対戦(2017年・3カード)または「1位と3位」「1位と2位」「2位同士」の対戦(2018年以降・5カード)、ACL本戦グループステージ出場チームが2チームの場合は「1位と3位」「2位同士」の対戦(2018年以降・6カード)が組まれる。勝者がノックアウトステージ(現・プライムステージ)に進出する[15]。2試合の勝ち点が多い方が勝ち抜けとなり、同じ場合は下記の順番で勝ち抜けを決定する。
  1. 2試合における合計得点数(=得失点差)
  2. アウェーでの得点数(アウェーゴールルール)
  3. 第2戦の後半終了後、引き続き15分ハーフの延長戦(アウェーゴールルールは採用せず)
  4. PK戦(双方5人ずつ。決着しない場合は6人目以降サドンデス方式)
プライムステージ(旧・決勝トーナメント、ノックアウトステージ)
プレーオフステージからの勝ち抜けチームとACL本戦グループステージ出場チームの計8チームにより争われるノックアウトトーナメント
準決勝までの4試合はホーム・アンド・アウェー2回戦制により行われる(優劣の付け方はプレーオフステージと同様)。
決勝戦(10月末から11月上旬に開催)は中立地での1回戦制で、90分で同点の場合は15分ハーフの延長戦→PK戦で決着する。

決勝戦の演出[編集]

決勝戦は他のカップ戦では見られない独特の演出が行われている。

スターティングメンバー発表
両チームのスタジアムDJが来場し、それぞれホームゲームで行われている方式でメンバーを発表する。通常の発表映像の前に、特別な映像(いわゆる「煽りV」)が流されることが多い。スタジアムDJは、メンバー発表開始時に決勝戦のスタジアムDJによって氏名を紹介される[注 3]
コレオグラフィー
2000年代に入ってから、選手入場時に各チームサポーターによって行われることが多くなっている。初めて組織的にコレオグラフィーを行ったのは2003年の浦和レッズサポーターで、選手入場時とハーフタイム終了時に、鹿島アントラーズ側のゴール裏を除くスタンド全面を、浦和のチームカラーである赤・白・黒の3色で埋め尽くした。2012年は、20回目の開催を記念して、主催者主導により国立競技場のバックスタンド側全面を使用してのコレオグラフィーが行われた。

優勝特典[編集]

1992年はリーグ戦が日本リーグからJリーグへの移行期間(経過処置)であり開催されなかったため、本来はリーグ戦の優勝チームに与えられるアジアクラブ選手権1993-94の出場権が与えられた。

2003年2006年A3チャンピオンズカップの日本開催に当たったため、この前年の同大会優勝チームは開催国推薦枠として出場した(中国韓国で行う場合はリーグ戦の年間2位クラブが推薦枠の扱いであった)。

2007年以後の優勝クラブは次年度のJリーグYBCルヴァンカップ/CONMEBOLスダメリカーナ王者決定戦の出場権を獲得し、CONMEBOLスダメリカーナの優勝クラブと対戦する。

結果[編集]

年度 優勝 決勝結果 準優勝 入場者数 決勝戦会場
1 1992年 ヴェルディ川崎 1 - 0 清水エスパルス 56,000人 国立霞ヶ丘競技場
2 1993年 ヴェルディ川崎 2 - 1 清水エスパルス 53,677人
3 1994年 ヴェルディ川崎 2 - 0 ジュビロ磐田 37,475人 ユニバー記念競技場
1995年 非開催
4 1996年 清水エスパルス 3 - 3 aet
(PK 5 - 4)
ヴェルディ川崎 28,232人 国立霞ヶ丘競技場
5 1997年 鹿島アントラーズ 2 - 1
5 - 1
ジュビロ磐田 10,437人
14,444人
ジュビロ磐田スタジアム
茨城県立カシマサッカースタジアム
6 1998年 ジュビロ磐田 4 - 0 ジェフユナイテッド市原 41,718人 国立霞ヶ丘競技場
7 1999年 柏レイソル 2 - 2 aet
(PK 5 - 4)
鹿島アントラーズ 35,238人
8 2000年 鹿島アントラーズ 2 - 0 川崎フロンターレ 26,992人
9 2001年 横浜F・マリノス 0 - 0 aet
(PK 3 - 1)
ジュビロ磐田 31,019人
10 2002年 鹿島アントラーズ 1 - 0 浦和レッズ 56,064人
11 2003年 浦和レッズ 4 - 0 鹿島アントラーズ 51,758人
12 2004年 FC東京 0 - 0 aet
(PK 4 - 2)
浦和レッズ 53,236人
13 2005年 ジェフユナイテッド千葉 0 - 0 aet
(PK 5 - 4)
ガンバ大阪 45,039人
14 2006年 ジェフユナイテッド千葉 2 - 0 鹿島アントラーズ 44,704人
15 2007年 ガンバ大阪 1 - 0 川崎フロンターレ 41,569人
16 2008年 大分トリニータ 2 - 0 清水エスパルス 44,723人
17 2009年 FC東京 2 - 0 川崎フロンターレ 44,308人
18 2010年 ジュビロ磐田 5 - 3 aet サンフレッチェ広島 39,767人
19 2011年 鹿島アントラーズ 1 - 0 aet 浦和レッズ 46,599人
20 2012年 鹿島アントラーズ 2 - 1 aet 清水エスパルス 45,228人
21 2013年 柏レイソル 1 - 0 浦和レッズ 46,675人
22 2014年 ガンバ大阪 3 - 2 サンフレッチェ広島 38,126人 埼玉スタジアム2002
23 2015年 鹿島アントラーズ 3 - 0 ガンバ大阪 50,828人
24 2016年 浦和レッズ 1 - 1 aet
(PK 5 - 4)
ガンバ大阪 51,248人
25 2017年 セレッソ大阪 2 - 0 川崎フロンターレ 53,452人
26 2018年 湘南ベルマーレ 1 - 0 横浜F・マリノス 44,242人
27 2019年 川崎フロンターレ 3 - 3 aet
(PK 5 - 4)
北海道コンサドーレ札幌 48,119人
28 2020年 FC東京 2 - 1 柏レイソル 24,219人 国立競技場[注 1]
29 2021年 埼玉スタジアム2002

統計[編集]

クラブ別成績[編集]

クラブ名 優勝年度 準優勝年度
鹿島アントラーズ 6 3 1997,2000,2002,2011,2012,2015 1999,2003,2006
東京ヴェルディ 3 1 1992,1993,1994 1996
FC東京 3 0 2004,2009,2020
浦和レッズ 2 4 2003,2016 2002,2004,2011,2013
ジュビロ磐田 2 3 1998,2010 1994,1997,2001
ガンバ大阪 2 3 2007,2014 2005,2015,2016
柏レイソル 2 1 1999,2013 2020
ジェフユナイテッド千葉 2 1 2005,2006 1998
清水エスパルス 1 4 1996 1992,1993,2008,2012
川崎フロンターレ 1 4 2019 2000,2007,2009,2017
横浜F・マリノス 1 1 2001 2018
大分トリニータ 1 0 2008
セレッソ大阪 1 0 2017
湘南ベルマーレ 1 0 2018
サンフレッチェ広島 0 2 2010,2014
北海道コンサドーレ札幌 0 1 2019

クラブ別通算成績[編集]

クラブ名
北海道コンサドーレ札幌 67 20 15 32 79 111 -32
ベガルタ仙台 96 30 23 43 110 155 -45
モンテディオ山形 26 9 4 13 27 43 -16
鹿島アントラーズ 174 87 29 58 298 227 +71
水戸ホーリーホック 4 0 0 4 3 11 -8
浦和レッズ 170 87 30 53 279 225 +54
大宮アルディージャ 78 21 20 37 78 120 -42
ジェフユナイテッド千葉 116 58 23 35 194 155 +39
柏レイソル 143 58 40 45 196 164 +32
FC東京 142 63 35 44 200 162 +38
東京ヴェルディ 92 45 19 28 155 126 +29
川崎フロンターレ 108 50 20 38 188 151 +37
横浜F・マリノス 197 91 37 69 290 238 +52
横浜FC 13 5 2 6 12 12 0
湘南ベルマーレ 84 27 20 37 104 118 -14
ヴァンフォーレ甲府 62 18 16 28 65 81 -16
松本山雅FC 13 2 3 8 15 26 -11
アルビレックス新潟 97 26 25 46 102 142 -40
清水エスパルス 182 83 31 68 272 242 +30
ジュビロ磐田 165 76 33 56 245 197 +48
名古屋グランパス 168 61 42 65 244 255 -11
サガン鳥栖 72 19 21 32 87 105 -18
ガンバ大阪 162 69 29 64 263 260 +3
セレッソ大阪 113 40 28 45 158 160 -2
ヴィッセル神戸 125 41 25 59 157 189 -32
サンフレッチェ広島 138 46 25 67 190 213 -23
徳島ヴォルティス 6 0 1 5 8 18 -10
アビスパ福岡 52 10 18 24 55 90 -35
サガン鳥栖 62 12 15 35 51 102 -51
V・ファーレン長崎 14 5 3 6 22 26 -4
大分トリニータ 70 21 22 27 76 94 -18
横浜フリューゲルス 45 16 10 19 61 66 -5
  • 2020年度大会終了時点[17]
  •   は2021年のJリーグカップ出場有資格クラブ

ゴール数[編集]

年度 ゴール数 試合数 クラブ数
1992年 151 48 10
1993年 138 39 13
1994年 38 13 14
1996年 337 115 16
1997年 222 74 20
1998年 153 43
1999年 130 49 26
2000年 136 51 27
2001年 130 53 28
2002年 144 55 16
2003年 136 49
2004年 160 55
2005年 175 61 18
2006年 187 64
2007年 160 61
2008年 153 61
2009年 150 55
2010年 124 55
2011年 81 27
2012年 170 55
2013年 134 55
2014年 169 55
2015年 149 55
2016年 128 55
2017年 157 59
2018年 206 69 20
2019年 183 69
2020年 100 28 19
合計 4,301 1,528

個人記録[編集]

  • 2020年大会終了時点[19][20]
  • 「最終所属」は、Jリーグカップに最後に出場した時の所属(選手としての最終所属ではない)

表彰[編集]

チーム賞[編集]

チームに対する表彰は、Jリーグ表彰規定第5条に定めがある。下記は2020年大会の場合。

優勝 賞金7500万円、Jリーグカップ(持ち回り)、メダル、スポンサー杯(永久保持)
準優勝 賞金2500万円、盾、メダル
3位(2チーム) 1チームに付き賞金1000万円、盾

個人賞[編集]

最優秀選手賞
  • Jリーグ表彰規定において、個人賞については「リーグカップ戦における最優秀選手を選考し、賞金または賞品を授与する」との記述のみで具体的な定めはないが、基本的には優勝チームから決勝戦で最も印象に残る活躍をした選手が選ばれる。受賞者には記念トロフィー(クリスタルオーナメント)と賞金100万円、副賞としてヤマザキビスケット製品1年分が贈られる。
  • 2020年シーズン終了時点で複数回受賞者はビスマルク小笠原満男の2回。またパトリックは2014年に受賞しているが、シーズンの途中からG大阪に入団した為途中入団の選手がMVPを受賞したのは史上初である。
ニューヒーロー賞
  • 1996年に創設された賞で、準決勝までの試合で最も活躍した21歳以下の選手に贈られる。リーグカップの新人王と位置づけられている。
  • 条件は大会開幕日に満年齢21歳以下(2017年までは満年齢23歳以下)で、過去の同賞を獲得したことのない選手。予選から準決勝までの1試合ごとに報道関係者が1人1票投票を行う方式(2020年現在)であり、ベスト4以上のクラブの選手が被投票機会も多く選出されやすい(2020年時点で例外は1996年受賞の名波浩と2020年受賞の瀬古歩夢の2名。2019年の中村敬斗はクラブ自体はベスト4以上へ勝ち進んだが、同年7月にエールディヴィジFCトゥウェンテへ期限付き移籍したためプライムステージの出場は無し)。決勝戦前日の前夜祭で表彰される。
  • 受賞者には賞金50万円とクリスタルオーナメント、副賞としてヤマザキビスケット製品1年分が贈呈される。
  • 2020年現在、最優秀選手賞とのダブル受賞者は田中達也安田理大米本拓司の3人。
  • 2000年の鈴木隆行は同年のJリーグカップ開幕当初、期限付き移籍で川崎フロンターレに在籍(川崎Fの選手としては同大会2試合出場無得点)。
年度 最優秀選手賞 所属クラブ ポジション ニューヒーロー賞 所属クラブ ポジション
1 1992年 日本の旗 三浦知良 ヴェルディ川崎 FW
2 1993年 ブラジルの旗 ビスマルク ヴェルディ川崎 MF
3 1994年 ブラジルの旗 ビスマルク ヴェルディ川崎 MF
4 1996年 ブラジルの旗 サントス 清水エスパルス MF 日本の旗 名波浩 ジュビロ磐田 MF
日本の旗 斉藤俊秀 清水エスパルス DF
5 1997年 ブラジルの旗 ジョルジーニョ 鹿島アントラーズ MF 日本の旗 三浦淳宏 横浜フリューゲルス MF
6 1998年 日本の旗 川口信男 ジュビロ磐田 FW 日本の旗 高原直泰 ジュビロ磐田 FW
7 1999年 日本の旗 渡辺毅 柏レイソル DF 日本の旗 佐藤由紀彦 FC東京 MF
8 2000年 日本の旗 中田浩二 鹿島アントラーズ MF 日本の旗 鈴木隆行 鹿島アントラーズ FW
9 2001年 日本の旗 榎本達也 横浜F・マリノス GK 日本の旗 曽ヶ端準 鹿島アントラーズ GK
10 2002年 日本の旗 小笠原満男 鹿島アントラーズ MF 日本の旗 坪井慶介 浦和レッズ DF
11 2003年 日本の旗 田中達也 浦和レッズ FW 日本の旗 田中達也 浦和レッズ FW
12 2004年 日本の旗 土肥洋一 FC東京 GK 日本の旗 長谷部誠 浦和レッズ MF
13 2005年 日本の旗 立石智紀 ジェフユナイテッド千葉 GK 日本の旗 阿部勇樹 ジェフユナイテッド千葉 MF
14 2006年 日本の旗 水野晃樹 ジェフユナイテッド千葉 MF 日本の旗 谷口博之 川崎フロンターレ MF
15 2007年 日本の旗 安田理大 ガンバ大阪 DF 日本の旗 安田理大 ガンバ大阪 DF
16 2008年 日本の旗 高松大樹 大分トリニータ FW 日本の旗 金崎夢生 大分トリニータ MF
17 2009年 日本の旗 米本拓司 FC東京 MF 日本の旗 米本拓司 FC東京 MF
18 2010年 日本の旗 前田遼一 ジュビロ磐田 FW 日本の旗 髙萩洋次郎 サンフレッチェ広島 MF
19 2011年 日本の旗 大迫勇也 鹿島アントラーズ FW 日本の旗 原口元気 浦和レッズ FW
20 2012年 日本の旗 柴崎岳 鹿島アントラーズ MF 日本の旗 石毛秀樹 清水エスパルス MF
21 2013年 日本の旗 工藤壮人 柏レイソル FW 日本の旗 齋藤学 横浜F・マリノス FW
22 2014年 ブラジルの旗 パトリック ガンバ大阪 FW 日本の旗 宇佐美貴史 ガンバ大阪 FW
23 2015年 日本の旗 小笠原満男 鹿島アントラーズ MF 日本の旗 赤崎秀平 鹿島アントラーズ FW
24 2016年 日本の旗 李忠成 浦和レッズ FW 日本の旗 井手口陽介 ガンバ大阪 MF
25 2017年 日本の旗 杉本健勇 セレッソ大阪 FW 日本の旗 西村拓真 ベガルタ仙台 FW
26 2018年 日本の旗 杉岡大暉 湘南ベルマーレ DF 日本の旗 遠藤渓太 横浜F・マリノス MF
27 2019年 日本の旗 新井章太 川崎フロンターレ GK 日本の旗 中村敬斗 ガンバ大阪 FW
28 2020年 ブラジルの旗 レアンドロ FC東京 MF 日本の旗 瀬古歩夢 セレッソ大阪 DF

試合中継[編集]

テレビ[編集]

2001年まではWOWOWが優先放映権を持ち、ノックアウトトーナメントのほぼ全試合を中継した。また、これとは別に決勝戦のみ地上波(1998年まではテレビ東京系列、1999年-2001年はTBS系列)で放送された。

2002年にレギュレーションの大幅な変更と共にフジテレビジョンが優先放映権を獲得。以降は予選リーグの一部、準々決勝・準決勝のそれぞれ全試合を自局系の衛星放送であるフジテレビワンツーネクストで生中継(一部の試合はFNS系列局による地上波ローカル中継あり。ワンツーネクストでもその映像を使用する。かつては独立局での地上波中継もあった。)、決勝は2010年大会までは地上波およびBSフジフジテレビONE(2010年の決勝はフジテレビTWO)の3波同時で生中継(地上波はFNS系列全国ネット。2010年大会まではフジテレビの番組で唯一の地上波・BS・CSによる3波同時放送)という体勢が続いていたが、2011年大会は地上波のみ生中継を行い、BSフジとフジテレビONEは録画中継での放送に変更された。また、フジテレビONEでは地上波の決勝戦生中継開始前に「まもなくナビスコカップ」として試合開始前の様子を、決勝戦終了後に「まだまだナビスコカップ」と題してセレモニーの様子、試合を終えた選手たちの表情、インタビューなどが放送された。準々決勝以降(2011年は2回戦以降)のワンツーネクストで生中継しない試合はスカチャンで生中継された。

2012年にフジテレビとの放映権契約を更新。予選リーグはワンツーネクストで毎節2試合程度生中継。また、スカパー!がサブライセンスを取得し、編成上などの事情でワンツーネクストで生中継しない試合を予選リーグからスカチャンでの生中継を行う(その後フジテレビNEXTでの録画中継を行う)。また、準決勝までのワンツーネクストで生中継される試合は、ワンツーネクストと同内容でスカチャンでも生放送する。これによって初のワンツーネクスト、スカチャン、フジテレビ地上波を合わせての全試合生中継、およびワンツーネクストでの全試合中継を実施する。

2017年にフジテレビとの放映権契約を再更新[21]。この年からリーグ戦の有料放送放映権はスカパー!からパフォーム・グループの動画配信サービス「DAZN」に変更されているが、本大会についてはDAZNでの配信を行わず、引き続きフジテレビとスカパー!により放送される。また、一部の試合をスカチャンに加えて、スポーツライブ+(スカパー!系列)・J SPORTSJ:COM系列)・スカイA朝日放送系列)のフジテレビグループ以外のスポーツ専門チャンネルでも放送する[22]

ラジオ[編集]

観客動員[編集]

Jリーグ開幕期を除いて2001年までは、Jリーグチャンピオンシップや天皇杯決勝と比較すると地味なイメージが拭えず、決勝戦の動員は大体2~4万人台で推移していた。しかし、2002年浦和レッズが初めて決勝進出を果たすと、リーグトップの観客動員を誇る同チームの初タイトルがかかった試合ということでチケットが即日完売し、スタンドは超満員の観客であふれかえることになった。以降浦和が3年連続で決勝戦に進出したことによって、決勝戦チケットのプレミア化とリーグカップに対する注目度が上昇することが常態化した。

2005年シーズンはジェフ千葉vsガンバ大阪のマッチアップで浦和が決勝に進まなかったものの、ここでもチケットはほぼ完売し2002年以前の決勝戦とはサポーターの間での捉えられ方が異なることを印象付けた。最近では2006年から7年連続で決勝戦のチケットが完売しており、2010年2014年シーズンの決勝戦を除いて4万人を下回っていない[注 4]

逆に決勝以外は平日開催がほとんどのため、J1リーグ戦と比べて観客動員が伸び悩んでいる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b 2020年11月7日開催予定だったが直前になって中止に。振替開催は2021年1月4日となった。
  2. ^ 2008年大会までは2チーム、2009年大会から2014年大会までは4チーム、2015年大会からは3チーム+ACLプレーオフ枠1チーム(敗退した場合はグループステージから参加)。
  3. ^ なお、この演出は「決勝戦が中立地での一発勝負」という点で共通するJ1昇格プレーオフ2015年まで)、FUJI XEROX SUPER CUP2017年まで)でもかつて導入されていた。
  4. ^ 2010年シーズン決勝の観客動員は39,767人。2014年シーズン決勝の観客動員は38,126人。

出典[編集]

  1. ^ 天皇杯は鹿島が制し、3冠を達成”. Jリーグニュース No.69. 日本プロサッカーリーグ (2001年1月31日). 2014年6月1日閲覧。
  2. ^ YBCはヤマザキビスケットカンパニーの頭文字である。
  3. ^ 宇都宮徹壱 (2012年11月4日). “20回目のファイナルを彩った若者たち ナビスコカップ決勝 清水エスパルス1−2鹿島アントラーズ”. スポーツナビ. Yahoo! JAPAN. 2016年9月12日閲覧。
  4. ^ “【Jリーグヤマザキナビスコカップ】「Longest sponsorship of a professional football competition」としてギネス世界記録に認定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2013年3月19日), http://www.jleague.jp/release/article-00004961/ 2016年9月9日閲覧。 
  5. ^ Jリーグ規約(平成26年1月21日改正) (PDF) - Jリーグ公式サイト、2014年6月1日閲覧
  6. ^ Jリーグについて - ターミノロジー - Jリーグ公式サイト
  7. ^ “ヤマザキ・ナビスコ(株)のライセンス契約終了に伴う商号変更等のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 山崎製パン, (2016年2月12日), https://www.yamazakipan.co.jp/company/news/pdf/20160212.pdf 2016年7月1日閲覧。 
  8. ^ “「ヤマザキナビスコ」、ライセンス契約終了で社名変更へ 「オレオ」「リッツ」など製造終了”. ITmedia. (2016年2月12日). http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1602/12/news111.html 2016年2月18日閲覧。 
  9. ^ “2016シーズン リーグカップ戦の大会名称が「JリーグYBCルヴァンカップ」に決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年6月21日), http://www.jleague.jp/release/post-43798/ 2016年6月21日閲覧。 
  10. ^ “「ナビスコカップ」、新名称は「ルヴァンカップ」に ヤマザキ新会社のクラッカー新商品から”. ITmedia. (2016年6月22日). http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1606/22/news090.html 2017年9月28日閲覧。 
  11. ^ “2016Jリーグカップ戦の大会名称について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年2月17日), http://www.jleague.jp/news/article/5003/ 2016年2月17日閲覧。 
  12. ^ 川端暁彦 (2016年6月21日). “Jの恩返し。YBCルヴァンカップ改称に込められた確かな思い”. J.LEAGUE.jp. 2016年6月25日閲覧。
  13. ^ “2018シーズン以降のJリーグYBCルヴァンカップ 大会方式について” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年9月28日), https://www.jleague.jp/release/post-50812/ 2017年9月28日閲覧。 
  14. ^ JFAの方針で日本独特の表現である「決勝トーナメント」を使わなくなった。
  15. ^ “2017JリーグYBCルヴァンカップ 大会方式および試合方式について” (プレスリリース), Jリーグ.jp, (2016年12月13日), http://www.jleague.jp/release/post-47361/ 2016年12月31日閲覧。 
  16. ^ 大会の歴史”. 2018 JリーグYBCルヴァンカップ 公式サイト. 2021年1月19日閲覧。
  17. ^ J.League Data Site / 通算勝敗表”. 2020年1月19日閲覧。
  18. ^ 対戦データ”. J.League Data Site. 2020年2月23日閲覧。
  19. ^ 通算得点ランキング”. J.LEAGUE Data Site. 2021年1月19日閲覧。
  20. ^ ヤマザキナビスコカップ 出場試合数ランキング”. 2021年1月19日閲覧。
  21. ^ “JリーグYBCルヴァンカップ フジテレビと放映権契約更新について合意” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年1月26日), http://www.jleague.jp/release/post-47849/ 2017年1月26日閲覧。 
  22. ^ スカパー!サッカーセット”. スカパー!公式サイト. 2020年8月9日閲覧。
  23. ^ 2020年は、中継取りやめ。
  24. ^ 【ヤマザキナビスコカップ決勝:前夜祭】アンセムを制作したアーティストm-flo☆Taku氏コメント”. J's GOALアーカイブ (2007年11月2日). 2017年9月28日閲覧。