Jリーグ選手協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日本プロサッカー選手会
Japan Pro-Footballers Association
JFAハウス
JFAハウス
創立者 加藤久
団体種類 一般社団法人
設立 2006年4月1日
所在地 東京都文京区本郷3-10-15
JFAハウス8F
主要人物 名誉会長 中山雅史
会長 藤田俊哉
活動地域 日本の旗 日本
活動内容 サッカー文化の普及と振興
ウェブサイト 日本プロサッカー選手会
1996年4月1日に任意団体「Jリーグ選手協会」として設立

日本プロサッカー選手会(にほんプロサッカーせんしゅかい, Japan Pro-Footballers Association;略称JPFA)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)クラブに所属・もしくは元所属し現在は海外クラブに所属するプロサッカー選手を会員とする日本の一般社団法人。事務局は日本サッカー協会ビルにある。現在の会長は藤田俊哉

2010年11月1日以前は名称をJリーグ選手協会としていた。これは変更前の規約では「Jリーグのクラブに所属する日本国籍選手」しか加入できなかったためで、名称変更とともに「Jリーグ経験者で、現在は海外のクラブでプレーする日本国籍選手」も加入対象となる。なお名称変更以前より、外国籍選手については任意での加入が認められている。

目次

設立経緯

Jリーガーによって選手の立場で活動し発言する組織の必要性を感じた川淵三郎チェアマン(当時)の呼びかけにより、加藤久が発起人となり、1994年に設立準備を始める。

1996年4月、会長には柱谷哲二、副会長に都並敏史井原正巳、顧問に信藤健仁を据え、16支部468名の会員によって設立された。2010年現在は37支部、会員は約1000名。

JPFAの理念

  • サッカー文化の普及と振興を目指す
  • 社会に貢献する活動を行う
  • プロサッカー選手を取り巻く環境の改善に取り組む

歴代会長

沿革

現在の役員

名誉会長 中山雅史 (札幌)
会長 藤田俊哉 (熊本)
副会長 鈴木啓太 (浦和)、石川直宏 (FC東京)、川島永嗣 (リールス)、高木義成 (名古屋)、佐藤寿人(広島)、山口慶(千葉)
監事 小宮山尊信 (川崎)、大谷秀和 (柏)、土方周明(公認会計士)
事務局長 高野純一

関連項目

今日は何の日(9月17日

もっと見る

「Jリーグ選手協会」のQ&A