JリーグDAZNニューイヤーカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jリーグ > JリーグDAZNニューイヤーカップ
JリーグDAZNニューイヤーカップ
開始年 2015年
終了年 2017年
主催 公益社団法人日本プロサッカーリーグ
スカパーJSAT( - 2016年)
地域 日本の旗 日本
参加チーム数 11(沖縄3、宮崎4、鹿児島4)
前回優勝 (沖縄)北海道コンサドーレ札幌
(宮崎)横浜FC
(鹿児島)ジュビロ磐田
サイト http://www.jleague.jp/nyc/
備考 2015年・2016年は「Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ」の大会名称で開催
テンプレートを表示

JリーグDAZNニューイヤーカップ(ジェイリーグ・ダゾーン・ニューイヤーカップ)は、2015年から2017年まで開催された、公益社団法人日本プロサッカーリーグが主催する日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)所属クラブによるプレシーズンマッチである。

2015年・2016年はスカパーJSATが主催に加わり、Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ(ジェイリーグ・スカパー ニューイヤーカップ)の大会名称で開催されていた。

概要[編集]

これまでJリーグクラブによるプレシーズンマッチのうち、1-2月のシーズン開幕前に開催されるものについては、各クラブが「トレーニングマッチ」の位置づけで独自に開催していたが、2015年からスカパー!(当時Jリーグオフィシャルブロードキャスティングパートナー)で中継するプレシーズンマッチについて「Jリーグ・スカパー! ニューイヤーシリーズ」の呼称を与えることになり、特にJリーグクラブのキャンプ地が集中する宮崎県鹿児島県沖縄県(2016年)で開催される試合についてJリーグ・スカパー!共催のカップ戦の形式で実施することになったものである。両県を含めた九州でのJリーグプロモーションを兼ねて、観戦料無料で開催される[1]

プレシーズンマッチながら全試合がスカパー!(BSスカパー!スカチャン)で生中継され、順位に応じて賞金が与えられるなど、シーズン前哨戦としての注目度を高める試みが導入されている。

なお、本カップ戦に該当しない、スカパー!が中継するプレシーズンマッチについては「Jリーグ・スカパー! ニューイヤーマッチ」の呼称が与えられていた。

2017年シーズンはJリーグの放映権がパフォーム・グループの提供するOTTサービス「DAZN」に移ったことから、大会名称も変更された。前年までと同様にDAZNで全試合生中継される。なお、2018年シーズンはニューイヤーカップが開催されない[2]

2015年度[編集]

概要[編集]

宮崎で開催される「宮崎ラウンド」と、鹿児島で開催される「鹿児島ラウンド」に分けられる。両ラウンドは独立して実施され、順位も別々に決められる。

両ラウンドともセントラル方式による1回戦総当たりリーグ戦を戦い、勝ち点→得失点差→総得点数→当該チーム間の対戦成績(勝ち点→得失点差→総得点数)→抽選、の順で順位を決定する。プレシーズンマッチということもあり、大会エントリーは30人以内、試合エントリーは20人以内、試合中の選手の交代は8名以内など、通常のリーグ戦等と比べて緩いレギュレーションが設定されている。

主催・主管[編集]

表彰[編集]

ラウンドごとに、

  1. 賞金300万円、優勝杯
  2. 賞金100万円
  3. 賞金50万円(鹿児島ラウンドは4位も同様)

宮崎ラウンド[編集]

チーム
1 鹿島アントラーズ 2 2 0 0 7 2 +5 6
2 アビスパ福岡 2 1 0 1 1 2 −1 3
3 大分トリニータ 2 0 0 2 2 6 −4 0

最終更新は2015年2月7日の試合終了時
出典: 順位表
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

鹿児島ラウンド[編集]

チーム
1 浦和レッズ 3 2 1 0 8 4 +4 7
2 ジュビロ磐田 3 2 0 1 4 4 0 6
3 ロアッソ熊本 3 1 1 1 1 1 0 4
4 清水エスパルス 3 0 0 3 4 8 −4 0

最終更新は2015年2月7日の試合終了時
出典: 順位表
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

2016年度[編集]

試合形式[編集]

2015年11月22日に概要が[3]、2015年12月25日に日程と参加クラブが[4]、2016年1月15日に対戦カード・時間と試合会場が[5] それぞれ発表された。宮崎、鹿児島ラウンドに加え、新たに沖縄ラウンドを新設している。前年同様、各ラウンドは独立して実施され、順位も別々に決められる。

J3リーグのクラブを含めた7クラブが初参加。熊本が鹿児島ラウンドから宮崎ラウンドに異動したほか、前年参加した浦和レッズ大分トリニータが参加を取りやめている。

沖縄ラウンド[編集]

チーム
1 FC東京 3 2 1 0 3 1 +2 7
2 FC琉球 3 1 1 1 4 4 0 4
3 コンサドーレ札幌 3 1 0 2 5 5 0 3
4 東京ヴェルディ 3 1 0 2 1 3 −2 3

最終更新は2016年1月31日の試合終了時
出典: 順位表
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

宮崎ラウンド[編集]

チーム
1 ジェフユナイテッド千葉 3 3 0 0 8 2 +6 9
2 鹿島アントラーズ 3 2 0 1 4 1 +3 6
3 ロアッソ熊本 3 0 1 2 1 4 −3 1
4 アビスパ福岡 3 0 1 2 1 7 −6 1

最終更新は2016年2月4日の試合終了時
出典: 順位表
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

鹿児島ラウンド[編集]

チーム
1 ジュビロ磐田 3 3 0 0 4 0 +4 9
2 清水エスパルス 3 2 0 1 6 2 +4 6
3 ギラヴァンツ北九州 3 0 1 2 1 3 −2 1
4 鹿児島ユナイテッドFC 3 0 1 2 2 8 −6 1

最終更新は2016年2月4日の試合終了時
出典: 順位表
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

2017年度[編集]

概要[編集]

2017年1月11日に概要が発表された[6]。Jリーグの放映権がパフォーム・グループ (DAZN) に移ったことを受け、大会名称も変更となり、主催者からスカパー!が外れた。大会形式は前年に準じているが、FC東京東京ヴェルディ清水エスパルスが不参加となった一方、横浜FCV・ファーレン長崎が大会に初参加となる。

なお、この大会がDAZNがJリーグ中継を行う最初の大会となる。

沖縄ラウンド[編集]

  • 日程:1月22日、25日、28日
  • 参加クラブ:北海道コンサドーレ札幌、ジェフユナイテッド千葉、FC琉球
  • 会場:沖縄県総合運動公園陸上競技場(沖縄県沖縄市)、糸満市西崎陸上競技場(沖縄県糸満市
チーム
1 北海道コンサドーレ札幌 2 1 1 0 2 1 +1 4
2 FC琉球 2 1 0 1 4 3 +1 3
3 ジェフユナイテッド千葉 2 0 1 1 1 3 −2 1

最終更新は2017年1月28日の試合終了時
出典: 順位表
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

宮崎ラウンド[編集]

  • 日程:2月2日、4日、6日
  • 参加クラブ:鹿島アントラーズ、横浜FC、アビスパ福岡、V・ファーレン長崎
  • 会場:KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場(宮崎県宮崎市)
チーム
1 横浜FC 3 2 1 0 5 1 +4 7
2 鹿島アントラーズ 3 2 0 1 3 1 +2 6
3 アビスパ福岡 3 1 0 2 4 4 0 3
4 V・ファーレン長崎 3 0 1 2 1 7 −6 1

最終更新は2017年2月6日の試合終了時
出典: 順位表
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数.

鹿児島ラウンド[編集]

  • 日程:2月5日、8日、11日
  • 参加クラブ:ジュビロ磐田、ギラヴァンツ北九州、ロアッソ熊本、鹿児島ユナイテッドFC
  • 会場:鹿児島県立サッカー・ラグビー場(鹿児島県鹿児島市)
チーム
1 ジュビロ磐田 3 1 2 0 3 2 +1 5
2 鹿児島ユナイテッドFC 3 1 2 0 3 2 +1 5
3 ギラヴァンツ北九州 3 1 1 1 4 2 +2 4
4 ロアッソ熊本 3 0 1 2 1 5 −4 1

最終更新は2017年2月11日の試合終了時
出典: 順位表
順位の決定基準: 1. 勝点; 2. 得失点差; 3. 得点数 4. 当該チーム間の対戦成績 5. 抽選.

磐田と鹿児島の勝点・得失点差・総得点がすべて並び、対戦成績も引き分けのため、試合終了後に抽選を行い磐田の優勝となった[7]

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “あなたもJファンになろう! 全試合、無料で観戦OK 「Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ」”. ZAKZAK. (2015年1月20日). http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20150120/spo1501201202003-n1.htm 2015年1月20日閲覧。 
  2. ^ Jリーグに関するよくある質問”. パフォーム・グループ. 2018年1月17日閲覧。
  3. ^ “2016Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ 宮崎県、鹿児島県に加えて沖縄県でも開催することを決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年11月22日), http://www.jleague.jp/release/post-40324/ 2015年12月18日閲覧。 
  4. ^ “「2016Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ」参加チーム、開催日決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2015年12月25日), http://www.jleague.jp/release/post-41128/ 2015年12月26日閲覧。 
  5. ^ “「2016Jリーグ・スカパー! ニューイヤーカップ」対戦カード、キックオフ時刻、開催スタジアム、放送スケジュール決定” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2016年1月15日), http://www.jleague.jp/release/post-41249/ 2016年1月24日閲覧。 
  6. ^ “「2017JリーグDAZNニューイヤーカップ」大会概要決定 〜「DAZN」で全試合生中継〜” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年1月11日), http://www.jleague.jp/release/post-47720/ 2017年1月11日閲覧。 
  7. ^ “【磐田】抽選で連覇!? J3相手に後半49分追いつきドロー”. (2017年2月12日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20170211-OHT1T50219.html 2017年2月15日閲覧。