Jリーグ イレブンミリオン プロジェクト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

Jリーグ イレブンミリオン プロジェクト(Jリーグ いれぶんみりおん ぷろじぇくと)とは、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の広報活動である。

概要[編集]

1993年の第1回で空前のサッカーブームを起こしたJリーグは、その後年間の観客動員が低下。その後1999年の1・2部制完全導入ジャパンフットボールリーグを含めたリーグ再編)や各クラブの経営方針の見直しなどから2000年シーズン以後徐々に観客動員は増え続けているが、2006年は1・2部制導入後初めて低下した。

またJリーグはこれまでJリーグ百年構想を掲げて地域単位でのスポーツ活動、Jリーグ・アカデミー、校庭の芝生化などの多岐にわたる活動を行ってきたが、原点である「スタジアム」に立ち返って、一人でも多くのサポーター(ファン)がスタジアムに足を運んで試合を観戦してもらい「2010年シーズンに年間1100万人(イレブンミリオン)の観衆を集められるようにしていこう」という目標を掲げて、2007年シーズンから大々的なキャンペーンを展開するようになった。

ここでいう年間総観衆の合計はJリーグが主催する公式戦のうち、J1J2リーグ戦JリーグカップゼロックススーパーカップAFCチャンピオンズリーグのうちJリーグ勢(前年度J1上位3位+天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝クラブ)のチームが主催する試合の全てが対象である。天皇杯、スルガ銀行チャンピオンシップは対象外となる。

なお、このプロジェクトをより多くの人々に知ってもらうために、イレブンミリオンの公式マークのデザインをプロ・アマを問わずに一般公募(2007年10月6-11月30日)という形で募集した。なお、522通の応募総数から5名の優秀作品を選んで記念品を贈呈、更には公式マークとして採用された1名を2008年2月29日に行われたキックオフカンファレンスに招待し、オリジナルの銀皿(シャーレ)を贈呈した。

2010年はその目標年度であるため更なるPRを展開しようと、3月にタレントの木下優樹菜が「Jリーグ特命PR部長」に、続いて4月には女優の足立梨花が「Jリーグ特命PR女子マネジャー」にそれぞれ就任し、各種メディアでの広報のほか、サポーター参加のイベントも展開してよりJリーグを身近なものにしようとする取り組みが行われている。しかし、その目標としていた「2010年の年間1100万人(イレブンミリオン)入場」の達成にはいたらず、上記Jリーグ主催公式戦においての総入場者は864万5762人(2009年度=957万1079人から約93万人の減少)に留まった。(時事通信 より)

足立は2011年2012年も引き続き「Jリーグ特命女子マネジャー」を続投し、2013年から「Jリーグ名誉女子マネジャー」に昇格、2015年からはタレントの佐藤美希が「Jリーグ特命女子マネジャー」に就任した。

その後の2019年シーズン、この年の年間入場者[注 1] は1140万1649人となり目標年度から9年の歳月をかけてイレブンミリオンは達成された。

脚注[編集]

  1. ^ この年の対象試合はJ1J2J3リーグ戦JリーグカップゼロックススーパーカップJ1参入プレーオフAFCチャンピオンズリーグのうちJリーグ勢(前年度J1上位3位+天皇杯全日本サッカー選手権大会優勝クラブ)のチームが主催する試合である。