Jリーグ マン・オブ・ザ・マッチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Jリーグ マン・オブ・ザ・マッチは、1994年1995年の2年間行われたJリーグの表彰制度の一つ。

この仕組は各試合のマッチコミッショナーが、その試合で最も印象的なプレーをした選手を勝利チームの中から1名選び、その選手に対して賞金10万円が協賛スポンサー(1994年はジレット剃刀、1995年はサントリー)から贈呈されたものである。

Jリーグの公式表彰は上記2年間で終了となったが、参加各チームはその後も任意でホームゲームでの勝利試合等で最も活躍した選手に対してチームの出資、あるいは協賛企業から「マン・オブ・ザ・マッチ」を贈呈することがある。

参考記事[編集]