Jリーグ (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社Jリーグ
J. LEAGUE Inc.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
113-0033
東京都文京区本郷3丁目10番15号 JFAハウス
北緯35度42分15.2秒 東経139度45分50秒 / 北緯35.704222度 東経139.76389度 / 35.704222; 139.76389座標: 北緯35度42分15.2秒 東経139度45分50秒 / 北緯35.704222度 東経139.76389度 / 35.704222; 139.76389
設立 1975年10月27日
(ジェイ・エス・エル商事株式会社)
法人番号 7010001085867 ウィキデータを編集
事業内容 Jリーグの映像管理、公式グッズの企画販売など
代表者 代表取締役社長 小西孝生
主要株主 (公社)日本プロサッカーリーグ
(公財)日本サッカー協会
東京中小企業投資育成(株)
株式会社Jリーグ役員持株会
外部リンク https://jh.jleague.jp/
特記事項:2017年4月1日に「ジェイリーグエンタープライズ」から改組・社名変更
2020年1月1日に「株式会社Jリーグホールディングス」から改組・社名変更
テンプレートを表示

株式会社Jリーグ(ジェイリーグ)は、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)の公式映像の制作・販売、オフィシャルグッズの企画販売、海外放映権管理などを行う企業。公益社団法人日本プロサッカーリーグの関連会社。

概要[編集]

2017年4月1日に、Jリーグの関連会社である「ジェイリーグエンタープライズ」の事業部門(Jリーグ公式グッズの企画・製造・販売、および肖像権管理)を関連会社だった「ジェイリーグフォト」に吸収分割(同時に同社は「Jリーグマーケティング」に改名)し、残ったグループ統括部門をもって持株会社化して成立、「株式会社Jリーグホールディングス」に社名変更した企業である[1][2](公社)日本プロサッカーリーグ及び上部団体である日本サッカー協会 (JFA) のほか、政府系ベンチャーキャピタルである東京中小企業投資育成の出資も受けている。

社長に就任した小西孝生は1992年にJリーグに入り、長年にわたって放映権ビジネスを担当。2000年からはJFAでスポンサーシップや放映権管理などを担当していた人物。Jリーグメディアプロモーション社長時代の2016年2月にJリーグの特任理事に就任している[3]

2020年1月1日付をもって、グループ会社のJリーグデジタル・Jリーグメディアプロモーション・Jリーグマーケティングを吸収合併し、「株式会社Jリーグ」に商号変更した[4]。合併後も各企業の事業内容をセクション化して残している。

事業部門[編集]

マルチメディアカンパニー部門
旧・Jリーグメディアプロモーションの事業。Jリーグ公式試合等の映像・静止画の管理販売。
エンターテインメントカンパニー部門
旧・ジェイリーグエンタープライズの事業。Jリーグ公式グッズの商品開発、肖像権管理、イベント企画など。1993年12月16日に「ジェイリーグフォト株式会社」として設立。2017年4月1日に旧・ジェイリーグエンタープライズの事業部門並びに(株)Jリーグデジタルエンタテインメントを吸収合併して商号変更。
グローバルカンパニー部門
旧・Jリーグマーケティングの事業。海外放映権の販売、マーケティング、プロモーションなど。1993年12月16日に「ジェイリーグフォト株式会社」として設立。2017年4月1日に旧・ジェイリーグエンタープライズの事業部門並びに(株)Jリーグデジタルエンタテインメントを吸収合併して商号変更。
コーポレート部門
従来のJリーグホールディングスの事業。総務・人事管理部門。

関連会社[編集]

かつての関連会社[編集]

株式会社Jリーグに組織変更前に存在し、事業が引き継がれなかった関連会社。

  • 株式会社Jリーグデジタル - Jリーグ公式映像製作・ライブ映像配信等。2017年1月4日設立。合併に際し、Jリーグデジタルの行ってきた Jリーグ公式映像製作等の業務は(公社)日本プロサッカーリーグに移管。
  • 株式会社J ADVANCE - Jリーグに関する看板の設置・管理[1]。組織変更前にJリーグホールディングスの出資を引き揚げ、関連会社ではなくなった。

出典[編集]

  1. ^ a b c “グループ組織再編(「新会社設立」及び「役員変更」)に関するお知らせ” (プレスリリース), 日本プロサッカーリーグ, (2017年1月4日), http://www.jleague.jp/release/post-47668/ 2017年1月21日閲覧。 
  2. ^ J.LEAGUE NEWS vol.249”. 日本プロサッカーリーグ. 2017年12月8日閲覧。
  3. ^ Jリーグ新理事の意気込みを一挙紹介! 原副理事長「Jリーグを世界水準にするために」” (2016年3月10日). 2017年12月8日閲覧。
  4. ^ “合併および新商号のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社Jリーグ, (2020年1月1日), https://jh.jleague.jp/pdf/20200101.pdf 2020年1月18日閲覧。 
  5. ^ “イマジカ・ライヴによるJリーグデジタルへの第三者割当増資に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 株式会社イマジカ・ロボット ホールディングス、株式会社イマジカ・ライヴ、株式会社Jリーグホールディングス、株式会社Jリーグデジタル, (2017年7月25日), http://www.imagicalive.com/assets/pdf/imagicalive_release_20170725.pdf 2017年12月8日閲覧。