Jリーグ RADIO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Jリーグ スーパースタジアム

Jリーグラジオ

Jリーグ RADIO
ジャンル スポーツ番組
放送方式 生放送
放送期間 1993年 - 現在
放送時間 土曜 14:00 - 17:00の間
放送局 ニッポン放送
パーソナリティ 出演者欄参照
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

Jリーグ RADIO(ジェイリーグ ラジオ)はニッポン放送が1993年5月15日から放送しているサッカー中継の番組タイトル。改題前は、『Jリーグ スーパースタジアム』。

番組概要[編集]

ニッポン放送では天皇杯全日本サッカー選手権大会JSLカップトヨタ ヨーロッパ/サウスアメリカ カップといった日本で開かれるサッカーのビッグトーナメントを中継してきた。また、開幕前から、社団法人日本プロサッカーリーグの当時:ナンバー2であった木之本興三と懇意だったため[1]1992年Jリーグヤマザキナビスコカップ以後、1993年4月からはJリーグ主催公式戦の民放ラジオ独占中継(『Jリーグ スーパースタジアム』)を開始した。

原則的には土曜の午後に編成された、J1リーグ開催試合の中から注目される好ゲームを選んでニッポン放送自社制作で現地に赴いて実況中継を展開するというものである。また、プロ野球シーズン中は『ショウアップナイターハイライト』、シーズンオフは関連コーナーである『ショウアップスポーツ』等のスポーツニュースでJリーグの全ての結果を知ることが出来ていた。但し、JFAが主催しているカップ戦である天皇杯全日本サッカー選手権大会の決勝戦については、共催であるNHKのほか、文化放送でも並列で中継され、放送権独占の対象外となる。

また、サッカー日本代表に絡むFIFAワールドカップ・予選キリンチャレンジカップ等の主要試合についても、ニッポン放送が地上波ラジオ放送独占中継を行っており、2012年からはサッカー日本女子代表の試合の中継も開始した。

この場合、土曜日の14時台から17時台の中継枠を確保するため、土曜の午後枠の通常番組を「短縮版」として編成している。そのため、2019年時点でJリーグ・日本代表とも原則としてニッポン放送ローカルでの放送となっている[2]

しかし、2020年のJリーグ新型コロナウイルス感染拡大に伴い、新型コロナウイルス感染症対策本部の見解に基づき、2020JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第2節7試合の延期を決定し、新型コロナウイルスによる社会・経済的影響に伴い、同年3月15日までに開催予定だったJ1リーグ第2節から第4節の延期が決定し、その後、同年4月7日に緊急事態宣言が発令し、5月25日の解除された後に、リーグ再開が7月4日迄ズレ込んだ関係で、2020年12月時点でレギュラー番組を休止して当該番組の編成が1度もされずに同年シーズン全節消化[3]。再開したJ1リーグ第2節の「浦和レッドダイヤモンズ×横浜F・マリノス」(埼玉スタジアム2002)の「リモートマッチ」の試合リポート(実況担当:洗川雄司)を同局で放送している『ニッポン放送ショウアップナイター』の番組内での挟み込み[4][5]に留まり、当初同年11月7日に催される予定であったYBCルヴァンカップ決勝については、柏レイソルからクラスターが発生した影響で2021年1月4日に延期されたが、同局報道スポーツコンテンツセンターにて業務を行うスタッフが自身の発信で同局が実況中継を番組編成しない事を明かしている[6]。その他にも毎年編成されて来た第100回天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝 川崎フロンターレ×ガンバ大阪の実況中継は新春特番として編成されない事が決定し[7]、2020年シーズンにおいてニッポン放送のサッカー中継は前述の途中経過リポート以外、実質的に未編成であった。2021年シーズンも開幕以後、J1リーグのリーグ戦日程の過半数が消化されたが、1試合も編成されて無い。

出演者[編集]

現在[編集]

実況[編集]

2019年時点
全員ニッポン放送のスポーツ部所属のアナウンサー
当該番組では、実況アナウンサーを「サッカーパーソナリティー」と呼称する
リポーターのみ

解説者[編集]

プロサッカー評論家が稀に解説者に加え、サッカージャーナリストが解説を務めため「サッカーコメンテーター」と呼称する[8]

過去[編集]

実況[編集]

リポーター[編集]

  • 高木聖佳(フリーアナウンサー、リポーター)

解説者[編集]

制作スタッフ[編集]

過去[編集]

  • チーフディレクター:木之本尚輝(スポーツ部ディレクター、現・CP局コンテンツプロデュースルームプロデューサー)※木之本興三の子息
  • ディレクター:山田広太

脚注[編集]

  1. ^ 1993年 Jリーグが誕生した日<後編> シリーズ 証言でつづる「Jリーグ25周年」”. スポーツナビ (2018年5月16日). 2018年6月1日閲覧。
  2. ^ かつてはプロ野球オフシーズンおよびプロ野球の試合のない日の試合(特にW杯予選)を一部NRN系列局にネットすることがあった。特に水曜夜のJリーグ中継は『ショウアップナイター』をネットしている系列局が非常に多く、それらの代替でネットされているため、全国ネットで放送されている程であった。天皇杯全日本サッカー選手権大会については現在も一部の地方局にネットしている。
  3. ^ ohizumi0220のツイート(1340193368035323904)
  4. ^ ニッポン放送『ショウアップナイター』で画期的な試み 再開Jリーグをプロ野球中継と“同時”に伝える”. ORICON NEWS (2020年7月2日). 2020年7月2日閲覧。
  5. ^ J_League_Radioのツイート(1279300386034028544)
  6. ^ radiodirectorkyのツイート(1318386943411908609)
  7. ^ 同業他局では前述の記述通り、並列で番組編成済
  8. ^ サッカー通のタレント同局でレギュラー番組を持っている土田晃之等をゲストでブッキングするケースもあり、ゲストもコメンテーターに含める

関連項目[編集]

※いずれも過去に放送された番組である。

NRN系列局のサッカー中継
北海道では当初はHBCのみがJリーグ中継を行っていたが、2017年よりSTVも参入し、両局が分担して中継するようになった。