Jヴィレッジ駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jヴィレッジ駅
Jヴィレッジ駅開業日の様子.jpg
開業初日のJヴィレッジ駅(2019年4月20日)
じぇいびれっじ[注釈 1]
J-Village
広野 (3.5km)
(1.9km) 木戸
福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字下岩沢1番地2[1]
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 常磐線
キロ程 235.9km(日暮里起点)
電報略号 イツ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2019年平成31年)4月20日[2]
備考 臨時駅
テンプレートを表示

Jヴィレッジ駅(じぇいびれっじえき[注釈 1])は、福島県双葉郡楢葉町大字山田岡字下岩沢にある[1]東日本旅客鉄道(JR東日本)常磐線鉄道駅臨時駅)である。

2019年平成31年)4月20日開業[3]平成の日本において最後に開業した鉄道駅となった[4]。また、同年5月1日時点で日本で唯一の「ヴ」がつく駅である。

建設の経緯[編集]

Jヴィレッジは、東京電力の出資により広野町と楢葉町にまたがって設置されていた日本初のサッカー向けナショナルトレーニングセンターであるが、福島第一原子力発電所事故を受けてその収束に向けた作業のための拠点として使われていた。広野町、楢葉町ともに事故により全町避難となっていたが、広野町は2012年(平成24年)4月に、楢葉町は2015年(平成27年)9月に避難指示が解除された。避難指示解除を受けて復興を進めていくにあたり、双葉郡を象徴する施設であるJヴィレッジをサッカー用途で復旧することになり、2018年(平成30年)夏の一部使用再開、そして2019年(平成31年)の全面再開を目指して工事が進められることになった。

従来は駅から距離があるために、Jヴィレッジへはバスを利用していたが、利便性を向上させる目的でJヴィレッジ付近への駅の新設を双葉地方町村会から福島県に対して2017年(平成29年)11月に要望し、駅設置へ向けて動き出した[5]

2017年12月22日、JR東日本、福島県、双葉地方町村会が、常磐線の新駅を設ける構想を巡り、JR東日本は設置に向けた検討に入ることを決め、要望していた地元自治体側と覚書などを交わした。2018年2月までに調査結果をまとめ、新設するかどうかを最終判断するとした。3者は調査検討に関する協定書も締結。福島県によると、具体的な場所、事業費、工期など調査結果として示される見通しとした[6]

2018年3月28日に国土交通省東北運輸局が、仮称Jヴィレッジ駅の設置に伴う事業基本計画の変更を認可した[1]。また双葉地方町村会と福島県、JR東日本が同日、駅建設に関する基本協定書を取り交わした。Jヴィレッジ周辺の地形などを調査した結果、開設可能と判断した[7]。基本協定により、駅の整備事業費約15億円を3者が3分の1ずつ負担することになり、駅前広場の整備費用は楢葉町が負担することとされた[8]。当面は、イベントなどにあわせて列車が止まる「臨時駅」として運用される予定で[9]、ダイヤは今後検討する[10]

2018年5月22日に現地において起工式が行われた[11]

同年10月11日、JR東日本は正式駅名を「Jヴィレッジ駅」に決定したことを発表した。同社管内でローマ字がつく駅名は初となる[12]

同年12月14日、JR東日本は2019年3月ダイヤ改正に関するニュースリリースの中で、開業時期が「2019年4月頃」となる見込みを公表[13]、2019年(平成31年)1月23日にJヴィレッジの全面再開が同年4月20日となることが発表され、駅もこれに合わせて同日開業することが明らかになった[2]

2019年4月20日、8時16分着(所定8時14分着)の常磐線下り・水戸駅富岡駅行き普通列車より営業を開始した[4]

建設中のJヴィレッジ駅(2018年8月)
開業日のホームをほぼ同じ位置から撮影
優勝トロフィー台座
Jヴィレッジ駅開業記念ヘッドマークをつけた列車

歴史[編集]

駅構造[編集]

常磐線と県道広野小高線が交差する位置の南側に駅が設けられる。常磐線は県道広野小高線と単線トンネル並列で交差しており、軌道間にスペースがあることから、ここに単式ホーム2面を設置した構造となる。なお、2面の単式ホームは南端でつながっており、上空から見るとV字型にホームが設けられる形となっている[15]。ホームは特急も停車可能な10両分(215m)の長さがあり、車いすでもスロープとエレベーター(11人乗り)で円滑に乗降できる[10][20][21]。駅舎やホームに強化発泡スチロールのブロック5550個を使う工法で工期を短縮し、2018年5月の着工から11ヶ月後の2019年4月に完成した[22]

ホーム上にはサッカー日本代表FIFAワールドカップ五輪で優勝した際にトロフィーのレプリカを飾れる台座が設置される[15]。営業日のホームではサッカー日本代表の応援で多用される「アイーダ 凱旋行進曲」が流れる[15]

無人駅で[23]、駅舎はJヴィレッジの東側の入り口まで170mの、県道広野小高線に面した楢葉町側に整備される[24][9]。ホームと駅舎との間の高低差は約20mある[24]。駅前広場は約400平方メートルを予定している[8]

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
山側 常磐線 下り 富岡方面[25]
海側 上り いわき水戸上野方面[25]

※案内上の番線番号は当初から設定されていない。

開業記念イベント[編集]

2019年4月20日の駅開業に合わせて、各種イベントや記念品の販売が行われた[26]

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
常磐線
広野駅 - (臨)Jヴィレッジ駅 - 木戸駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ a b 読み仮名はJR東日本のホームページの駅の情報に準ずる

出典[編集]

  1. ^ a b c 常磐線(仮称)Jヴィレッジ駅の設置を認可しました (PDF)”. 国土交通省東北運輸局 (2018年3月28日). 2018年5月22日閲覧。
  2. ^ a b Jヴィレッジ4月20日再開 福島、最寄り新駅も開業”. 産経ニュース (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  3. ^ a b “Jヴィレッジまで徒歩2分、「玄関口」新駅開業”. 読売新聞. (2019年4月20日). https://www.yomiuri.co.jp/economy/20190420-OYT1T50158/ 2019年4月20日閲覧。 
  4. ^ a b c “Jヴィレッジ駅開業 記者が見た“平成最後の新駅””. 日刊スポーツ. (2019年4月20日). https://www.nikkansports.com/soccer/news/201904200000239.html 2019年4月20日閲覧。 
  5. ^ a b 福島 Jヴィレッジ付近に新駅構想、その目的は? 原発事故からの復旧受けJR常磐線に”. 乗りものニュース (2017年11月22日). 2018年5月22日閲覧。
  6. ^ a b <Jヴィレッジ>新駅検討へ JR東、地元自治体と覚書”. 河北新報社 (2017年12月23日). 2018年5月23日閲覧。
  7. ^ a b “28日協定、開設決定 Jヴィレッジ近くの常磐線新駅”. 福島民報. (2018年3月24日). オリジナルの2108年3月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180328231848/http://www.minpo.jp/news/detail/2018032450217 2018年10月20日閲覧。 
  8. ^ a b c “来年4月供用開始 Jヴィレッジ近くに開設の新駅”. 福島民報. (2018年3月29日). オリジナルの2018年3月29日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180329065522/http://www.minpo.jp/news/detail/2018032950344 2018年10月20日閲覧。 
  9. ^ a b Jヴィレッジ近くの新駅起工式”. NHK (2018年5月22日). 2018年5月23日閲覧。[リンク切れ]
  10. ^ a b “Jヴィレッジに臨時駅=来年4月開業-福島”. 時事通信社. (2018年3月28日). オリジナルの2018年3月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180328165249/https://www.jiji.com/jc/article?k=2018032800721&g=eco 2018年10月20日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ a b 「Jヴィレッジ駅」着工 常磐線に来年4月オープン”. 産経ニュース (2018年5月22日). 2018年5月22日閲覧。
  12. ^ 常磐線新駅は「Jヴィレッジ駅」=福島 - 時事ドットコム 2018年10月11日
  13. ^ 2019年3月ダイヤ改正について (PDF)”. 東日本旅客鉄道株式会社 (2018年12月14日). 2019年4月20日閲覧。
  14. ^ <Jヴィレッジ再開>復興加速へ常磐線新駅を 双葉町村会と福島県、JRと協議へ”. 河北新報社 (2017年11月10日). 2018年5月23日閲覧。
  15. ^ a b c d “Jヴィレッジ駅事前公開 JR常磐線の新駅、20日開業”. 福島民友新聞. (2019年4月18日). http://www.minyu-net.com/news/news/FM20190418-369902.php 2019年4月20日閲覧。 
  16. ^ “2020年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2019年12月13日), p. 7, オリジナルの2019年12月13日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191213080612/https://www.jreast.co.jp/press/2019/20191213_ho01.pdf 2019年12月13日閲覧。 
  17. ^ “2020年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道水戸支社, (2019年12月13日), オリジナルの2019年12月14日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191214033313/http://www.jrmito.com/press/191213/press_01.pdf 2019年12月14日閲覧。 
  18. ^ “「Jヴィレッジ駅」3月14日から常設化 利便性向上へ期待の声”. 福島民友新聞. (2019年12月14日). オリジナルの2019年12月14日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191214070931/https://www.minyu-net.com/news/news/FM20191214-442409.php 2019年12月14日閲覧。 
  19. ^ a b “Suicaご利用可能エリアの拡大について 〜2020年春より常磐線の一部区間で新たにSuicaをご利用いただけるようになります〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東日本旅客鉄道, (2019年10月29日), オリジナルの2019年10月29日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20191029104046/https://www.jreast.co.jp/press/2019/20191029_ho04.pdf 2019年10月29日閲覧。 
  20. ^ JR東日本/Jヴィレッジに常磐線新駅設置へ/福島県らと基本協定締結”. 日刊建設工業新聞社 (2018年3月29日). 2018年5月23日閲覧。
  21. ^ 来年4月に新駅 Jヴィレッジの全面再開に合わせ /福島”. 毎日新聞社 (2018年3月29日). 2018年5月23日閲覧。
  22. ^ <Jヴィレッジ駅>20日開業「福島復興の起爆剤に」”. 河北新報新聞社 (2019年4月18日). 2019年4月18日閲覧。
  23. ^ “Jヴィレッジ近くに JR常磐線新駅起工式”. 福島中央テレビ. オリジナルの2018年5月26日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180526185953/http://www.fct.co.jp/news/news_30798820.html 2018年10月20日閲覧。 
  24. ^ a b <常磐線>Jヴィレッジ近くに新駅 2019年4月開業へ JR東、福島県などと協定”. 河北新報社 (2018年3月29日). 2018年5月23日閲覧。
  25. ^ a b 駅構内図(Jヴィレッジ駅)”. 東日本旅客鉄道. 2019年11月23日閲覧。
  26. ^ J ヴィレッジ駅開業に伴うイベントの開催及び臨時列車の運転について(JR東日本ニュース) (PDF)”. 東日本旅客鉄道株式会社 水戸支社 (2019年4月11日). 2019年4月17日閲覧。

関連項目[編集]