J・J・ワット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
No image.svg J・J・ワット American football pictogram.svg
J. J. Watt
ヒューストン・テキサンズ No.99
JJWatt.jpg
基本情報
ポジション ディフェンシブエンド
生年月日 (1989-03-22) 1989年3月22日(30歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ウィスコンシン州ウォキショー
身長 6' 5" =約195.6cm
体重 295 lb =約133.8kg
経歴
大学 ウィスコンシン大学マディソン校
NFLドラフト 2011年 / 1巡目全体11位
初出場年 2011年
初出場チーム ヒューストン・テキサンズ
所属歴
2011- ヒューストン・テキサンズ
受賞歴・記録

  • プロボウル選出:5回(2012-2015, 2018年)
  • オールプロ ファーストチーム選出:5回(2012-2015, 2018年)
  • ウォルター・ペイトン賞:1回(2017年)
  • スポーツ・イラストレイテッドスポーツマン・オブ・ザ・イヤー(2017年)
  • NFL最優秀守備選手:3回(2012, 2014,2015年)
  • プロボウルディフェンシブMVP:1回(2014年)
  • バート・ベル賞:1回(2014年)
  • NFLサック・リーダー:2回(2012, 2015年)
  • オールアメリカン 選出:1回(2010年)
  • オールビッグ10 選出:1回(2010年)
NFL 通算成績
タックル 455
QBサック 92.0
Player stats at NFL.com

ジャスティン・ジェームズ・ワットJustin James "J. J." Watt , 1989年3月22日 - )は、アメリカ合衆国ウィスコンシン州ウォキショー出身のプロアメリカンフットボール選手。ポジションはディフェンシブエンド(DE)。NFLヒューストン・テキサンズに所属している。ロサンゼルス・チャージャーズのデレック・ワット、ピッツバーグ・スティーラーズのT・J・ワットは実弟である。

NFL入り5年で3回のNFL最優秀守備選手を受賞。主にディフェンスエンドだが、時としてディフェンシブタックルとしてもプレーする。オフェンスにも参加することもあり、2014年には3つのタッチダウンパスキャッチを記録している。2014年はNFLにおいて20以上サックを2度記録した最初の選手となった。サック数とファンブルフォース数はヒューストン・テキサンズ記録となっている。

経歴[編集]

大学時代[編集]

プロ入り後[編集]

大学4年生を経ずに2011年のNFLドラフトに参加した。その年のNFLコンバインでは40ヤードダッシュを除いてすべてのカテゴリにおいてトップクラスの成績を残した。2011年4月28日に行われたNFLドラフトにて、ヒューストン・テキサンズから全体11位の指名を受け、1巡指名で最初に指名を受けた守備選手となった。テキサンズは2011年7月31日に1124万ドルで契約した。

2011年シーズンは16試合に先発出場。デビュー戦となったインディアナポリス・コルツとの開幕戦では5つのタックルとファンブルリカバリーを記録した。11月27日のジャクソンビル・ジャガーズとの試合でははじめて複数のサックを記録し、20-13の勝利に貢献した。このシーズンでは、48個のソロタックル、8個のアシストタックル、5.5個のサックを記録した。テキサンズは2002年のチーム創設以来初めてプレーオフに進出した。 プレーオフでは、シンシナティ・ベンガルズボルティモア・レイブンズと対戦し、2試合で11個のソロタックル、3個のアシストタックル、1個のインターセプトリターンタッチダウン、1個のパスディフェンス、3.5個のサックを記録している。この年、チームにおける最優秀選手のほか、USA Today All-Joe Team、Pro-Football Weekly/PWFA All-Rookie Teamに輝いている。

2012年シーズンはNFL史上最高の守備選手のシーズンの一つとなった。69個のソロタックル、12個のアシストタックル、20.5個のサック、16個のパスディフェンス、4個のファンブルフォース、2個のファンブルリカバリーを記録した。9月と12月には月間守備部門MVPに輝いた。11月22日に行われたデトロイト・ライオンズとの試合では、3個のサックを記録し、年間14.5個となりそれまでマリオ・ウィリアムズが保持していたテキサンズのチーム記録を更新した。12月16日に行われたインディアナポリス・コルツとの試合においては3個のサックと10個のタックルを記録して29-17での勝利に貢献した。このシーズン、テキサンズは再びプレーオフに進出し、ワットは2試合で6個のソロタックル、3個のアシストタックル、2個のパスディフェンス、2個のサックを記録した。

年度別成績[編集]

凡例
各年度のリーグ最高記録
NFL最優秀守備選手
太字 自身最高記録

レギュラーシーズン[編集]

Season Teams Games Tackles Fumbles Interceptions Other Receiving
GP GS Comb Solo Ast Sack TFL FF FR Yds TD Int Yds Avg Lng TD PD Sfty KB Rec Tgts Yds Avg Long TD
2011 HOU 16 16 56 48 8 5.5 13 0 2 2 0 0 0 0 0 0 4 0 1 0 0 0 0 0 0
2012 HOU 16 16 81 69 12 20.5 39 4 2 7 0 0 0 0 0 0 16 0 0 0 0 0 0 0 0
2013 HOU 16 16 80 65 15 10.5 22 4 2 0 0 0 0 0 0 0 7 0 2 0 0 0 0 0 0
2014 HOU 16 16 78 59 19 20.5 29 4 5 59 1 1 80 80.0 80T 1 10 1 1 3 3 4 1.3 2 3
2015 HOU 16 16 76 57 19 17.5 29 3 1 0 0 0 0 0 0 0 8 0 0 0 1 0 0 0 0
2016 HOU 3 3 8 1 7 1.5 1 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2017 HOU 5 5 15 11 4 0.0 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0
2018 HOU 16 16 61 47 14 16.0 18 7 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 0 0 0 0 0 0 0
2019 HOU 8 8 24 15 9 4.0 4 1 2 0 0 0 0 0 0 0 3 0 0 0 0 0 0 0 0
Career 112 112 479 372 107 96.0 158 23 15 68 1 1 80 80.0 80T 1 54 1 4 3 4 4 1.3 2 3

ポストシーズン[編集]

Season Team Games Tackles Fumbles Interceptions Other Receiving
GP GS Comb Solo Ast Sack TFL FF FR Yds TD Int Yds Avg Lng TD PD Sfty KB Rec Tgts Yds Avg Long TD
2011 HOU 2 2 14 11 3 3.5 4 0 0 0 0 1 29 29.0 29T 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0
2012 HOU 2 2 9 6 3 1.5 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0
2015 HOU 1 1 1 0 1 0.0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2016 HOU 怪我のため出場せず
2018 HOU 1 1 2 2 0 0.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0
2019 HOU 1 1 2 1 1 1.0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0
Career 7 7 28 20 8 6.0 9 0 0 0 0 1 29 29.0 29T 1 5 0 0 0 0 0 0.0 0 0