J-MOSS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

J-MOSS(ジェイモス)は、JIS C 0950の通称であり、正式名称を「電気・電子機器の特定の化学物質の含有表示方法」という。日本版RoHS指令とも目されている。

内容[編集]

2006年7月1日に施行された資源有効利用促進法改正政省令により、特定化学物質を含有する特定7品目に対してはJIS C 0950に従って、基準値を超えた場合にオレンジ色のマークによる表示が義務づけられた。また、基準値を超えない場合には、任意で緑色のマークを表示できるとされた。欧州 (EU) のRoHS指令が特定化学物質の使用を制限するものであるのに対し、J-MOSSは特定化学物質の含有状況明示方法を規格化したものに過ぎない。

特定化学物質[編集]

特定化学物質と、その基準値を以下に示す。

  1. :0.1 wt%
  2. 水銀 :0.1 wt%
  3. カドミウム :0.01 wt%
  4. 六価クロム :0.1 wt%
  5. ポリブロモビフェニル (PBB) :0.1 wt%
  6. ポリブロモジフェニルエーテル (PBDE) :0.1 wt%

特定7品目[編集]

  1. パーソナルコンピュータ
  2. ユニット形エアコンディショナ
  3. テレビ受像機
  4. 電気冷蔵庫
  5. 電気洗濯機
  6. 電子レンジ
  7. 衣類乾燥機

関連項目[編集]