J.FC MIYAZAKI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
J.FC MIYAZAKI
原語表記 J.FC MIYAZAKI
呼称 J.FC MIYAZAKI
クラブカラー    
    サックスブルー
創設年 2014年
所属リーグ 九州サッカーリーグ
ホームタウン 宮崎県宮崎市
ホームスタジアム 都農町藤見総合運動公園陸上競技場
収容人数 1,000(都農藤見)
運営法人 株式会社J.FC宮崎
代表者 日本の旗 松﨑博美
監督 日本の旗ブラジルの旗 与那城ジョージ
公式サイト 公式サイト
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ
株式会社J.FC宮崎
種類 株式会社
市場情報 (非上場)
本社所在地 日本の旗 日本
880-0901
宮崎県宮崎市東大淀1丁目1-41 napビル5F
設立 2015年2月9日
業種 サービス業
法人番号 2350001013245
事業内容 サッカークラブ及びサッカースクールの運営
代表者 松﨑博美(取締役会長)
宮城亮(代表取締役社長)
資本金 100万円
外部リンク http://jfc-miyazaki.com/wp/
テンプレートを表示

J.FC MIYAZAKI(ジェイ・エフシーみやざき) は、宮崎県宮崎市を本拠地とする社会人サッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの一つである。

概要[編集]

2014年3月鵬翔高校監督の松﨑博美がサッカーを通して、「宮崎県民を元気にしたい」「子供たちに夢をあたえたい」との思いから、前年まで活動していた「宮崎産業経営大学FC」(鵬翔高校と同じく大淀学園が設立した宮崎産業経営大学サッカー部の社会人登録チーム。かつてJリーグを目指していたエストレーラ宮崎の受け皿として2010年に設立)を母体に設立された[1]。監督には大学サッカー部のコーチでもあった笛真人が就任した。

2014年は宮崎県リーグ1部で全勝優勝。九州各県リーグ決勝大会ではPK戦の末、NIFS KANOYA FCに勝利し九州リーグへ昇格した。

2015年、天皇杯では、宮崎県予選で準決勝・ホンダロックSCを3-0、決勝はテゲバジャーロ宮崎をPK戦の末勝利し初出場を果たす。本戦1回戦はギラヴァンツ北九州に敗れた。第51回全国社会人サッカー選手権大会は1回戦で敗退した。笛はこの年限りで監督を退任し、総監督に異動した。

2016年は長友耕一郎が選手兼任で監督に就任。九州リーグで初優勝。初出場となった全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016は一次ラウンドで敗退した。

2017年より与那城ジョージが監督に就任、2018年には、同年から九州リーグに昇格した沖縄SVに前半戦を先行されたものの、後半戦の直接対決で勝利し逆転で首位浮上し、そのまま首位を譲らず優勝、全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2018に出場し、1次ラウンドではグループBで鈴鹿アンリミテッドFCと勝点で並び得失点差で2位となるものの、2位最上位のワイルドカードで決勝ラウンド進出。しかし決勝ラウンドでは、初戦の鈴鹿戦、2戦目の松江シティFC戦と連敗した時点で3位以下が確定、翌年のJFL昇格を逃した。

J.FC MIYAZAKIの「J」とは、「Jリーグを目指す」と「Jump~宮崎から全国へ飛躍する」に由来している[2]

戦績[編集]

「宮崎産業経営大学FC」時代の戦績については、宮崎産業経営大学サッカー部#戦績を参照

年度 所属 順位 勝点 試合 PK勝 PK負 天皇杯 監督
2014 宮崎県1部 優勝 24 9 8 - 0 - 0 56 7 49 - 日本の旗 笛真人
2015 九州 3位 36 18 10 1 - 4 3 41 23 18 1回戦敗退
2016 優勝 25 9 8 0 - 1 0 22 6 16 県予選敗退 日本の旗 長友耕一郎
2017 2位 49 20 15 2 - 0 3 47 15 32 日本の旗ブラジルの旗 与那城ジョージ
2018 優勝 49 20 16 0 - 1 1 56 13 43
2019 20 -

所属選手・スタッフ[編集]

2019年

スタッフ[編集]

役職 名前 前職 備考
監督 日本の旗ブラジルの旗 与那城ジョージ ブラウブリッツ秋田 監督 日本代表
ヘッドコーチ 日本の旗 長友耕一郎 J.FC MIYAZAKI コーチ
GKコーチ 日本の旗 中村宏紀 ノルディーア北海道 監督
アドバイザー 日本の旗 笛真人 J.FC MIYAZAKI 総監督

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 21 日本の旗 高橋巧 東海学園大学
30 日本の旗 橋本辰哉 ブリオベッカ浦安
DF 2 日本の旗 重富朝登 延岡市SC
3 大韓民国の旗 チェ・ボンウォン チェコの旗 FC MASターボルスコ
4 日本の旗 川上典洋 テゲバジャーロ宮崎
15 大韓民国の旗 柳星旭 FC TIAMO枚方
17 日本の旗 徳重翔大 FC KAGOSHIMA
23 日本の旗 小松峻輔 中京大学
25 日本の旗 尾崎就斗 東海学園大学
28 大韓民国の旗 金贊圭 大韓民国の旗 延世大学校
MF 5 ブラジルの旗 ヒューエル・オリベイラ ブラジルの旗 SCインテルナシオナル 元U-17ブラジル代表
6 日本の旗 橘木勇弥 佐賀大学
7 日本の旗 高瀬廉 福岡大学
10 日本の旗 佐野裕哉 FCマルヤス岡崎
13 日本の旗 白坂拓也 ドイツの旗 FCアイゼナハドイツ語版
14 日本の旗 神田傑 ZION FC
16 日本の旗 盛田享佑 サウルコス福井
18 日本の旗 田中正也 流通経済大学
19 日本の旗 大石駿之介 福山大学
FW 9 日本の旗 松本祐樹 FCマルヤス岡崎
11 日本の旗 無津呂武瑠 九州産業大学
20 日本の旗 渡邊正嗣 テゲバジャーロ宮崎
22 日本の旗 山田晃輔 佐世保SC
24 日本の旗 鈴木将馬 常葉大学
34 日本の旗 黒津勝 ガイナーレ鳥取

ユニフォーム[編集]

ユニフォームの色
カラー シャツ パンツ ストッキング
FP(1st)
FP(2nd) 水色
GK(1st)
GK(2nd) グレー グレー グレー
FP 1st
FP 2nd
GK 1st
GK 2nd

クラブカラー[編集]

  •      緑、     サックスブルー

は「宮崎の自然」を、サックスブルーは「宮崎の海」をイメージしたものである。

ユニフォームスポンサー[編集]

掲出箇所 スポンサー名 表記 掲出年 備考
学校法人宮崎総合学院 MSG
カレッジリーグ
2015年7月 -
鎖骨 なし - -
背中上部 明治安田生命保険 明治安田生命 2014年7月 -
背中下部 シフトプラス SHIFT PLUS
- ask yourself -
2019年 -
なし - -
パンツ ローストチキンコオロギ ローストチキン
コオロギ
2019年 -

ユニフォームサプライヤー遍歴[編集]

歴代ユニフォームスポンサー年表[編集]

年度 鎖骨 背中上部 背中下部 パンツ サプライヤー
2014 - - -/
明治安田生命
- 宮崎
産業経営大学
- PUMA
2015 -/
MSG
カレッジリーグ
明治安田生命 mrt
宮崎放送
2016 MSG
カレッジリーグ
-
2017
2018 21フィットネスクラブ
スイミングスクール
2019 SHIFT PLUS
- ask yourself -
ローストチキン
コオロギ

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jリーグ参入へ新クラブ 松崎監督(鵬翔)が設立へ”. 宮崎日日新聞. 2016年5月29日閲覧。
  2. ^ ジェイエフシー ミヤザキ”. J.FC MIYAZAKI. 2018年7月30日閲覧。