J.T.リアルミュート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この記事の項目名には以下のような表記揺れがあります。
  • J.T.レアルムート
  • J.T.リールムート
J.T.リアルミュート
J. T. Realmuto
J.T. Realmuto (40550573043) (cropped).jpg
フィラデルフィア・フィリーズ時代
(2019年)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 オクラホマ州オクラホマ郡デルシティ英語版
生年月日 (1991-03-18) 1991年3月18日(29歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
212 lb =約96.2 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手一塁手
プロ入り 2010年 MLBドラフト3巡目(全体104位)でフロリダ・マーリンズから指名
初出場 2014年6月5日 タンパベイ・レイズ
年俸 $10,000,000(2020年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

ジェイコブ・テイラー・リアルミュートJacob Tyler Realmuto, 英語発音: [ˈd͡ʒeɪkəb ˈtaɪlɚ rəlˈmutoʊ][2]; 1991年3月18日 - )は、アメリカ合衆国オクラホマ州オクラホマ郡デルシティ英語版出身のプロ野球選手捕手)。右投右打。現在は、フリーエージェント(FA)。愛称はJT[3]

経歴[編集]

プロ入りとマーリンズ時代[編集]

マイアミ・マーリンズ時代
(2018年6月16日)

2010年MLBドラフト3巡目(全体104位)でフロリダ・マーリンズから指名され、8月10日に契約。このシーズンは傘下のルーキー級ガルフ・コーストリーグ・マーリンズで12試合に出場した。

2011年はA級グリーンズボロ・グラスホッパーズでプレーし、96試合に出場して打率.287、12本塁打、49打点、13盗塁を記録した。

2012年はA+級ジュピター・ハンマーヘッズでプレーし、123試合に出場して打率.256、8本塁打、46打点、13盗塁を記録した。

2013年はAA級ジャクソンビル・サンズでプレーし、106試合に出場して打率.239、5本塁打、39打点、9盗塁を記録した。11月20日にマーリンズとメジャー契約を結び、40人枠入りした。

2014年3月12日にAA級ジャクソンビルへ配属された。6月1日にメジャーへ初昇格し[4]、5日のタンパベイ・レイズ戦でメジャーデビュー。「8番・捕手」でスタメンに名を連ね、4打数2安打3打点を記録した[5]。その後も7試合に出場したが、6月19日にAA級ジャクソンビルへ降格した[6]。このシーズンは11試合の出場にとどまるも、打率.241、9打点、出塁率.267を記録した。守備面では9試合で盗塁阻止率.200、DRS-1を記録した[7]

2015年は正捕手としてメジャーに定着すると、前年を大きく上回る126試合に出場し、打率.259、10本塁打、47打点、出塁率.290を記録した。守備面では118試合で盗塁阻止率.276、ポップタイムではリーグ4位となる1.93秒を記録し[8]、DRS+1を記録した[9]

2016年も正捕手として137試合に出場し、打率.303、11本塁打、48打点、12盗塁、出塁率.343を記録した。守備面では129試合で盗塁阻止率.354、ポップタイムではリーグ4位となる1.92秒を記録し[10]、共にリーグトップとなる80補殺、8併殺を記録するも、DRS-13、10失策はリーグワーストとなった[11]

2017年は開幕から好調を維持し、打率.500、2本塁打、6打点で自身初のプレイヤー・オブ・ザ・ウィーク英語版に選出された[12]。前年を上回る141試合に出場し、打率.278、17本塁打、65打点、出塁率.332を記録した。守備面では126試合で盗塁阻止率.321、ポップタイムでは両リーグ最速の1.90秒を記録し[13]、DRS+1を記録した[14]。また、このシーズンから一塁手として9試合に出場し、UZR+1.0、DRS+1を記録した[15]

2018年は前半戦に打率.310、12本塁打、45打点を記録し、自己最多となるオールスターゲームに選出された[16]。125試合に出場し、打率.277、21本塁打、74打点、出塁率.340を記録し、自身初となるシルバースラッガー賞を受賞した。守備面では112試合の出場で盗塁阻止率は.382、ポップタイムでは2年連続で両リーグ最速となる1.90秒を記録し[17]、DRSでは-1を記録した[18]。また、一塁手として13試合に出場し、UZR+0.6、DRS+1を記録した[19]。オフに日本で開催された2018日米野球にMLB選抜チームの一員として参加し[20]、2本塁打を放った。

フィリーズ時代[編集]

2019年2月8日にホルヘ・アルファーロシクスト・サンチェスウィル・スチュワート英語版及びインターナショナル・ボーナス・プール(海外選手契約金枠)とのトレードで、フィラデルフィア・フィリーズへ移籍した[21]。背番号は「10」。7月には2年連続となるオールスターゲームに選出された。このシーズンは自己最多となる145試合に出場し、打率.275、共に自己最多となる25本塁打、83打点を記録し、出塁率.328を残した。守備面では133試合の出場し、3年連続で両リーグ最速となるポップタイム1.89秒を記録し、併殺14、盗塁阻止率.467は共にリーグトップを記録した[22]。DRSでは捕手としてリーグトップとなる+12を記録[23]、一塁手でも4試合に出場し、UZR+0.3、DRS-1を記録した[24]。オフには2年連続となるシルバースラッガー賞と自身初のゴールドグラブ賞を受賞した。

2020年シーズンの給与として球団は単年1000万ドルを提示したが、リアルミュートは単年1240万ドルを求めた[25]。2月19日に調停回避の為に公聴会を開き、結果は球団側に軍配が上がり、提示額の単年1000万ドルで契約した[26]。試合数の減少もあり、全60試合中47試合に出場し、打率.266、11本塁打、32打点、出塁率.349を記録し、6年連続となる二桁本塁打を達成した。守備面では規定イニングには届かず、36試合で盗塁阻止率.250、DRS-1と成績を落とした[27]。一塁手で6試合に出場し、UZR+0.6、DRS±0を記録した[28]。10月28日にFAとなったが、11月1日に球団は単年1890万ドルのQOを提示し、契約延長を申請した[29]が、11日にこれを拒否した[30]

プレースタイル[編集]

攻撃面では打てて走れる捕手として知られ、特に走塁はデビュー以来、常に捕手の中で平均スプリント速度の最速を記録している[31]

守備面では送球の際に、捕球から二塁へ到達するまでの時間であるポップタイムの速度が非常に速く、2017年から3年連続で両リーグ最速を記録している[32]一塁の守備では32試合の出場にも関わらず、UZR+2.5、DRS+1を記録している[33]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2014 MIA 11 30 29 4 7 1 1 0 10 9 0 0 0 0 1 0 0 8 2 .241 .267 .345 .611
2015 126 467 441 49 114 21 7 10 179 47 8 4 1 4 19 2 2 70 11 .259 .290 .406 .696
2016 137 545 509 60 154 31 0 11 218 48 12 4 0 3 28 1 5 100 12 .303 .343 .428 .771
2017 141 579 532 68 148 31 5 17 240 65 8 2 0 3 36 4 8 106 13 .278 .332 .451 .783
2018 125 531 477 74 132 30 3 21 231 74 3 2 0 4 38 0 10 104 9 .277 .340 .484 .825
2019 PHI 145 593 538 92 148 36 3 25 265 83 9 1 0 8 41 2 5 123 12 .275 .328 .493 .820
2020 47 195 173 33 46 6 0 11 85 32 4 1 0 0 16 0 6 48 3 .266 .349 .491 .840
MLB:7年 732 2940 2629 380 749 156 19 95 1228 358 44 14 1 22 179 9 36 559 62 .278 .328 .455 .783
  • 2020年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]

捕手守備


捕手(C)






















2014 MIA 9 51 3 1 1 .982 0 5 4 1 .200
2015 118 836 46 6 6 .993 11 59 43 16 .276
2016 129 1069 80 10 8 .991 9 79 51 28 .354
2017 126 929 87 6 11 .994 9 78 53 25 .321
2018 112 826 46 7 6 .992 8 55 34 21 .382
2019 PHI 133 1098 67 9 14 .992 8 92 49 43 .467
2020 36 296 8 2 3 .993 1 20 15 5 .250
MLB 663 5105 337 41 49 .993 45 388 249 139 .358
内野守備


一塁(1B)












2017 MIA 9 79 4 0 7 1.000
2018 13 77 5 0 8 1.000
2019 PHI 4 17 2 0 2 1.000
2020 6 16 0 0 0 1.000
MLB 32 189 11 0 17 1.000
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 各年度の太字年ゴールドグラブ賞受賞

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 60(2014年)
  • 20(2015年)
  • 11(2016年 - 2018年)
  • 10 (2019年 - 2020年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ J.T. Realmuto Contract Details, Salaries, & Earnings” (英語). Spotrac. 2020年2月22日閲覧。
  2. ^ 英語のIPA発音記号変換(アメリカ英語)”. tophonetics.com. 2019年8月14日閲覧。
  3. ^ Breakdown of Marlins' Players Weekend names MiLB.com (英語) (2017年8月24日) 2017年9月27日閲覧
  4. ^ Joe Frisaro; Maria Torres (2014年6月1日). “Gregg agrees to deal to return to Marlins”. MLB.com. 2016年2月17日閲覧。
  5. ^ Scores for Jun 5, 2014” (英語). ESPN (2014年6月5日). 2016年2月17日閲覧。
  6. ^ Joe Frisaro; Maria Torres (2014年6月18日). “Saltalamacchia returns to face Mets”. MLB.com. 2016年2月17日閲覧。
  7. ^ National League Leaderboards » 2014 » Catchers » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2020年11月10日閲覧。
  8. ^ 2015 Statcast Catcher Pop Time Leaderboard” (英語). baseballsavant.com. 2020年11月10日閲覧。
  9. ^ National League Leaderboards » 2015 » Catchers » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2020年11月10日閲覧。
  10. ^ 2016 Statcast Catcher Pop Time Leaderboard” (英語). baseballsavant.com. 2020年11月10日閲覧。
  11. ^ National League Leaderboards » 2016 » Catchers » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2020年11月10日閲覧。
  12. ^ J.T. Realmuto of the Miami Marlins named National League Player of the Week” (英語). MLB.com. 2019年2月8日閲覧。
  13. ^ 2017 Statcast Catcher Pop Time Leaderboard” (英語). baseballsavant.com. 2020年11月10日閲覧。
  14. ^ National League Leaderboards » 2017 » Catchers » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2020年11月10日閲覧。
  15. ^ National League Leaderboards » 2017 » First Basemen » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2020年11月10日閲覧。
  16. ^ Sussman, Ely. “2018 MLB All-Star Game: J.T. Realmuto selected to NL roster”. Fish Stripes. 2019年2月8日閲覧。
  17. ^ 2018 Statcast Catcher Pop Time Leaderboard” (英語). baseballsavant.com. 2020年11月10日閲覧。
  18. ^ National League Leaderboards » 2018 » Catchers » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2020年11月10日閲覧。
  19. ^ National League Leaderboards » 2018 » First Basemen » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2020年11月10日閲覧。
  20. ^ MLB stars excited to begin Japan AS Series”. MLB.com. 2019年2月4日閲覧。
  21. ^ J.T. Realmuto Phillies Marlins trade” (英語). MLB.com (2019年2月8日). 2019年2月8日閲覧。
  22. ^ 2019 Major League Baseball Fielding Leaders”. Baseball-Reference.com. 2019年11月11日閲覧。
  23. ^ National League Leaderboards » 2019 » Catchers » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2020年11月10日閲覧。
  24. ^ National League Leaderboards » 2019 » First Basemen » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2020年11月10日閲覧。
  25. ^ J.T. weighs future; Girardi's first day” (英語). MLB.com. 2020年2月22日閲覧。
  26. ^ Realmuto loses arbitration hearing with Phils” (英語). MLB.com. 2020年2月22日閲覧。
  27. ^ National League Leaderboards » 2020 » Catchers » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2020年11月10日閲覧。
  28. ^ National League Leaderboards » 2020 » First Basemen » Fielding Statistics | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2020年11月10日閲覧。
  29. ^ Phillies extend qualifying offer to Realmuto” (英語). MLB.com. 2020年11月10日閲覧。
  30. ^ George Springer, J.T. Realmuto Decline Qualifying Offers” (英語). MLB Trade Rumors. 2020年11月11日閲覧。
  31. ^ Statcast Sprint Speed Leaderboard” (英語). baseballsavant.com. 2020年11月10日閲覧。
  32. ^ Statcast Catcher Pop Time Leaderboard” (英語). baseballsavant.com. 2020年11月10日閲覧。
  33. ^ J.T. Realmuto - Stats - Advanced Fielding | FanGraphs Baseball”. www.fangraphs.com. 2020年11月10日閲覧。

関連項目[編集]