JAカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JAカード(ジェイエーカード)は、三菱UFJニコス株式会社(MUN)がJAバンクと提携し発行するクレジットカードである。

概要[編集]

協同クレジットサービス株式会社(以下「旧協同クレジットサービス」)が1996年に発行を開始。2006年にUFJニコス株式会社(現在のMUN)が同社を吸収合併し、現在はMUNが発行している。

2017年10月1日付けで、MUNと農林中金がJAカード株式会社を設立し、翌年1月1日付けで、JAカード事業を継承した[1]

クレジットカード[編集]

個人カード[編集]

MUNのNICOSカードの提携カードであり、国際ブランドはVISA。年会費は、一般カードが税別1,250円、ロードアシスタンスサービス付が税別1,700円、ゴールドカードが税別10,000円。一般カード及びロードアシスタンスサービス付カードについては、一定条件を満たすと次年度の年会費が無料となる。また、これ以外に、MUNが株式会社ジェーシービー(JCB)のフランチャイジー(FC)として発行するJCBカード(JA JCBカード)もある。但し、MUNが同様に発行するUFJ JCBカードとは券面のデザインが異なる(「UFJカード」の項目も参照)。

法人カード[編集]

MUNのUFJカードの提携カードとして法人カードが発行されている。

JAバンク[編集]

JAバンクは、農林中央金庫、各都道府県信用農業協同組合連合会、各農業協同組合で構成している。尚、「JAカード会員規約」に於いて、JAカードの提携先は、「JAバンクグループ各金融機関(代表金融機関:農林中央金庫)」とされている[2]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “農林中央金庫と三菱UFJフィナンシャル・グループのリテール分野における戦略的業務提携の強化・拡充について”. 農林中央金庫 三菱UFJフィナンシャル・グループ 三菱UFJニコス. (2017年5月15日). http://www.mufg.jp/vcms_lf/news/pressrelease-20170515-008.pdf 2017年6月27日閲覧。 
  2. ^ JA カード会員規約 (PDF)”. 2010年5月8日閲覧。

関連項目[編集]