JABA関東選抜リーグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JABA関東選抜リーグ(JABAかんとうせんばつリーグ)は、日本野球連盟の関東地区連盟が主催する社会人野球の企業チームによる公式戦である。

概要[編集]

社会人野球では、7月に行われる都市対抗野球大会と11月に行われる社会人野球日本選手権大会の2大大会のほかには、3月から5月にかけて行われる地区連盟主催大会が公式戦として位置づけられているが、そのほかには公式戦は行われず、各県連盟が独自に行うトーナメントや大学チームとの対抗戦がある程度で、あとは単発的にチーム同士が練習試合(オープン戦)を行っているのが通例である。

しかし、他地区に比べて実力の高い企業チームの多い関東地区においては、互いに切磋琢磨させる機会を与えるため、1980年から関東地区連盟に所属する企業チーム(専門学校チームを除く)を3ブロックに分け、前期(4~6月)、後期(9、10月)で総当たり戦を行なう同大会を開始した。

毎年、上位の8チームが決勝トーナメント戦に位置づけられているJABA関東選手権大会に出場し、優勝を争っている。1998年から2010年までは、各ブロック上位3チームと主催者から推薦を受けたチームが、関東地区連盟傘下の千葉県野球連盟が主催のJABA千葉市長杯争奪野球大会に出場していた。しかし、地区連盟の決勝を県連盟主催の大会で行なうという不自然な形であったため、2011年から前述のJABA関東選手権大会が新たに創設され、千葉市長杯大会は廃止となった。

歴代優勝チーム[編集]

(第19回~第31回はJABA千葉市長杯争奪野球大会の優勝チーム、第32回以降はJABA関東選手権大会の優勝チーム。)

脚注[編集]

  1. ^ 優勝した富士重工業は、この年に限っての特例措置で、社会人野球日本選手権大会への推薦出場権を得た。
  2. ^ 1ブロック8チーム(計24チーム)による対抗戦のみを行い、優勝チームを決めなかった。

関連項目[編集]