JALウェイズ58便エンジン爆発事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
JALウェイズ 58便
343at - JAL Japan Airlines DC-10-40; JA8545@HNL;06.03.2005 (8539354450).jpg
事故機のJA8545
2005年ホノルル国際空港で撮影)
出来事の概要
日付 2005年8月12日
概要 金属疲労によるタービンブレードの損傷
現場 日本の旗 福岡空港
乗客数 216
乗員数 13
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 0
生存者数 229(全員)
機種 マクドネル・ダグラス DC-10
運用者 JALウェイズ(JAZ)
機体記号 JA8545
出発地 日本の旗 福岡空港
目的地 アメリカ合衆国の旗 ホノルル国際空港
地上での死傷者
地上での負傷者数 5
テンプレートを表示

JALウェイズ58便エンジン爆発事故(ジャルウェイズ58びんエンジンばくはつじこ)は、2005年8月12日福岡県福岡市にある福岡空港で発生した航空事故である。

概要[編集]

2005年8月12日、福岡ホノルル行のJALウェイズ58便(マクドネル・ダグラス DC-10型機)が、福岡空港を離陸後にエンジントラブルを起こし、福岡空港に引き返した。

当該機は午後7時45分頃に、定刻通り福岡空港の滑走路34を離陸したが、離陸後20秒後に突然左エンジンが火を噴いた。パイロットもそれに気づき、管制塔に連絡後、左エンジンを止め海上まで飛行、燃料を消費し、約30分後に福岡空港に引き返し、緊急着陸し乗客ら229名は無事であった。事故による死者はいなかった。また、離陸ルートのほぼ真下に位置する福岡市東区社領2丁目〜3丁目の住宅街にタービンブレードの金属片が落下し、それに自ら触れた5人が軽い火傷や軽傷を負ったほか、乗用車のフロントガラスが破損した[1]。 偶然にも、取材で福岡空港に来ていたNHK福岡放送局の取材クルーがこの事故を撮影し、その日の夜のNHKニュースなどで、エンジンが火を噴く瞬間が放映された。

なお、本件は統計上は事故ではなくイレギュラー運航扱いである[2]

機材[編集]

売却後、アメリカで保管される当該機(JA8545、2014年2月撮影)

事故機は1980年12月に日本航空に納入されたマクドネル・ダグラス社製のDC-10-40機体記号:JA8545、ライン番号/製造番号:343/47853[3])で、事故時点での機齢は約24年だった。エンジンはプラット・アンド・ホイットニー社のJT9D-59A型を搭載していた。

事故から17日後にアメリカへ売却され、日本航空から退役した[4]。2014年現在もアリゾナ州ピナル飛行場で保管されている。

事故原因[編集]

エンジンを止めることになった原因は、1枚のタービンブレードが破損し、それがほかのタービンブレードを巻き込んだことによる。破損した原因は、ブレード表面の浸食によるクラックであると推定されている。小さなクラックが遠心力と熱により拡大した。クラック幅が拡大したことにより、中を循環する冷却空気に漏れが生じ、冷却空気が循環せずにブレード表面に熱が蓄えられたためブレードが破壊した。これがきっかけとなり、ブレード片が他のタービンブレードを破壊した。 この事故の後、JALグループは2005年10月でDC-10を退役させ、ほぼ同型のエンジンを使用していたボーイング747についてはエンジンの検査間隔を2500時間から1000時間に短縮するという改善策をとった[1]

関連項目[編集]

脚注[編集]