JAM Project LIVE 2010 MAXIMIZER 〜Decade of Evolution〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JAM Project LIVE 2010 MAXIMIZER 〜Decade of Evolution〜
JAM Projectライブ・ビデオ
リリース
録音 日本武道館
(2010年9月18日
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル Lantis
チャート最高順位
  • 音楽DVDチャート(オリコン
    • 週間6位(オリコン)
    • デイリー5位(オリコン)
JAM Project 年表
JAM Project Hurricane Tour 2009 Gate of the Future
2009年
JAM Project LIVE 2010 MAXIMIZER 〜Decade of Evolution〜
(2011年)
テンプレートを表示

JAM Project LIVE 2010 MAXIMIZER 〜Decade of Evolution〜』(ジャムプロジェクト ライブ にえんじゅう マキシマイザー ディケイド オブ エボリューション)は、JAM Projectの7作目のライブ映像作品。2011年1月26日Lantisから発売された。

概要[編集]

自身のライブ映像作品としては、前作『JAM Project Hurricane Tour 2009 Gate of the Future』から約1年4ヶ月ぶりのリリース。2010年6月12日から同年9月23日まで開催されたコンサートツアー『JAM Project LIVE 2010 10th Anniversary Tour MAXIMIZER〜Decade of Evolution〜』の9月18日に開催された日本武道館公演の模様を収録。

ディスクは3枚組の構成で、1、2枚目はライブ本編映像、3枚目は映像特典として全20公演のメイキング映像、9月17日の日本武道館公演『REUNION』のダイジェスト映像、ツアー各所のローカルCM映像が収録されている。

出演[編集]

JAM Project[編集]

影山ヒロノブ
遠藤正明
きただにひろし
奥井雅美
福山芳樹

サポートメンバー[編集]

名前 担当
MACARONI☆ Guitar
TAKEO
山本直哉 Bass
寺田志保 Keyboards
青山英樹 Drums

収録内容[編集]

DISC-1[編集]

01 Overture
02 MAXIMIZER
03 Battle No Limit!
04 冒険王 〜Across the Legendary kingdom〜
05 守護神-The guardian
06 MC-1
07 Elements
08 ReBirth of Dream
09 SAMURAI SOULS
10 MC-2
11 牙狼 〜SAVIOR IN THE DARK〜
12 火の鳥
13 10years for JAM Project
14 未来への咆哮
15 MC-3
16 ハローダーウィン! 〜好奇心オンデマンド〜
17 MC-4
18 Always be with you
19 MC-5
20 MAXON
21 Battle Communication!!
22 Crest of "Z's"
23 SEVENTH EXPLOSION
24 MC-6
25 TRANSFORMERS EVO.
26 レスキューファイアー
27 VICTORY
28 Break Out
29 ROCKS

DISC-2[編集]

01 MC-7
02 鋼の救世主
03 MC-8
04 Only One(For 中国2010上海万博〜Japanese ver.)
05 MC-9
06 GONGSKILL
07 MC-10
08 KI・ZU・NA 〜10th Anniv. Ver.〜
09 MC-11
10 ENDING

Disc-3(映像特典)[編集]

  1. 全20公演 メイキング映像
  2. 9月17日の日本武道館公演『REUNION』ダイジェスト映像
  3. ご当地CM

ライブツアー[編集]

ライブ名は、『JAM Project LIVE 2010 10th Anniversary Tour MAXIMIZER〜Decade of Evolution〜』。2作目のオリジナルアルバム『MAXIMIZER 〜Decade of Evolution〜』を引っ提げてのツアー。日本全国14会場に加え、海外公演が台北ソウル香港で全3公演、合計20公演行われた。

2010年9月17日、18日に行われた日本武道館公演にはサブタイトルがそれぞれついており、17日の公演は「REUNION」、18日の公演は「Domestic Final」となっている。9月17日の日本武道館公演には、スペシャルゲストとして水木一郎さかもとえいぞうヒカルド・クルーズがコンサートに参加した。6月26日の那須塩原市黒磯文化会館公演と6月27日のイズミティ21大ホール公演では、奥井雅美は不参加となった。

開催日時・会場[編集]

公演数 開催日 会場
01 6月12日 三郷市文化会館
02 6月13日 愛知芸術劇場大ホール
03 6月19日 Zepp Sapporo
04 6月24日 市川市文化会館大ホール
05 6月26日 那須塩原市黒磯文化会館大ホール
06 6月27日 イズミティ21大ホール
07 7月1日 神奈川県民ホール大ホール
08 7月3日 鳴門市文化会館
09 7月4日 広島アステールプラザ大ホール
10 7月11日 Zepp Fukuoka
11 7月17日 NHK大阪ホール
12 7月18日
13 7月19日 神戸国際会館こくさいホール
14 7月24日 新潟県民会館大ホール
15 7月25日 静岡市民文化会館中ホール
16 8月21日 台北板橋市立体育館
17 9月4日 ソウル光云大学校文化館大劇場
18 9月17日 日本武道館
19 9月18日
20 9月23日 香港九龍湾国際展貿中心「匯星」