JAPAN COUNTDOWN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
JAPAN COUNTDOWN
別名 J-CD
ジャンル 音楽番組
企画 渋谷陽一
構成 小畑良浩、古川かずな
ディレクター 飯塚理恵子ほか
ナレーター 鮎貝健
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
製作
プロデューサー 斉藤知太
編集 八木英和、柳澤諭
製作 スワン・ソング
(単独制作 2012年4月 - 2020年3月)
放送
放送局テレビ東京テレビ大阪
映像形式16:9
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1998年10月3日 - 2020年9月26日
テレビ東京による番組サイト
テレビ大阪による番組サイト
1998年から2000年3月まで
プロデューサー伊藤成人(テレビ東京)
渋谷陽一
ナレーターアラン J
放送局テレビ東京
映像形式4:3
音声形式ステレオ放送
放送期間1998年10月3日 - 2000年3月25日
放送時間土曜 23:45 - 翌0:15
放送分30分
2000年4月から2003年3月まで
プロデューサー渋谷陽一
放送局テレビ東京
映像形式4:3
音声形式ステレオ放送
放送期間2000年4月2日 - 2003年3月30日
放送時間日曜 0:20 - 0:50
(土曜深夜)
放送分30分
2003年4月から2011年9月まで
プロデューサー渋谷陽一
放送局テレビ東京
映像形式4:3→16:9
音声形式ステレオ放送
放送期間2003年4月6日 - 2011年9月25日
放送時間日曜 0:25 - 0:55
(土曜深夜)
放送分30分
2011年10月から2012年3月まで
プロデューサー宮谷雅秋(テレビ大阪)
斉藤知太
放送局テレビ大阪
映像形式16:9
音声形式ステレオ放送
放送期間2011年10月2日 - 2012年3月25日
放送時間日曜 9:30 - 9:55
放送分25分
2012年4月から2020年3月まで
プロデューサー斉藤知太
放送局テレビ大阪
映像形式16:9
音声形式ステレオ放送
放送期間2012年4月1日 - 2020年3月29日
放送時間日曜 9:30 - 10:00
放送分30分
2020年4月から9月まで
放送局テレビ東京
映像形式16:9
音声形式ステレオ放送
放送期間2020年4月4日 - 9月26日
放送時間土曜 10:30 - 11:00
放送分30分
番組年表
前作TOWER COUNTDOWN
(1996年10月 - 1998年9月)
関連番組SHOWBIZ COUNTDOWN
テレビ愛知制作、2001年4月 - 2011年9月)

特記事項:
2010年6月からハイビジョン制作に移行、地上デジタルでは16:9サイズで放送[1]
テンプレートを表示

JAPAN COUNTDOWN』(ジャパン・カウントダウン)は、1998年10月3日から2020年9月26日まで、テレビ東京系列で放送されていた音楽番組。略称はJ-CD2018年10月で放送開始20周年を迎え、最終回までの総放送期間は実に22年にも及んだ。タイトルコールは「音楽シーンの今を伝えるミュージック・プログラム、JAPAN COUNTDOWN[2]

本項目では、1996年10月5日から1998年9月26日まで、同系列にて放送されていた前身番組『TOWER COUNTDOWN』(タワー・カウントダウン)についても併せて取り扱うものとする。

概要[編集]

毎週、日本全国のCDショップのシングル(SG)・アルバム(AL)CDセールスチャートのカウントダウンをメインに据えつつ、最新の音楽情報や人気アーティストのインタビューも織り交ぜた番組内容となっている。番組のナビゲーターは、開始当初から2000年3月までは前身の『TOWER COUNTDOWN』時代から引き続きアラン Jが、後には鮎貝健が担当。

毎年1月・5月・9月は特別企画があるため、通常のチャートの代わりに総合売上チャート(現在はアルバム)が紹介される。また2002年より、毎年8月と12月にアーティストが一堂に会したロックフェスティバル「ROCK IN JAPAN FES.」「COUNTDOWN JAPAN[3]が開催されてからは、本番組でも「TOPICS」コーナーで内容や出演者を紹介している。2010年からの「GO!FES」も同様である。

番組末期の2017年5月7日から2019年1月6日放送分まで、ロッキンオンとサンリオのコラボによるショートアニメ『Caribadix』(初期の数回のみ『ディキー&カリーナ』)が、本番組内で放送された。

放送の流れ[編集]

毎回、オープニング→最新音楽情報→アルバム1位を獲得したアーティストのみの特集(TOP10位からテロップで流れるスタイル)→インタビュー→シングル1位を獲得したアーティストのみの特集(スタイルはアルバムのそれと同様)→ニューリリース→エンディング・次回の見どころ→クイズ(提供ジングルの後にSee You Next Time!のテロップとゲストの書いた答えが書かれたボードを見せた静止画と共にその答えが発表され、ナビゲーターの鮎貝も『また来週!』の前に字幕では表示されない英語のナレーションの他に単純にSee you next week!といった単純なもの、それに答えに関するナレーションをする事がある)の順となっている。

エンディング後に出題されるクイズは、ゲスト(2017年現在、「見どころ」の中に出てくるCLOSE UPとして紹介したアーティストまたはその一部のメンバーには、『日曜日の朝に食べたいものは?』を必ず聞くことになっている)に纏わるものや、シングルチャート1位アーティストに関するものとなっており、クイズの答えが番組からのプレゼントである『ROCKIN'ON JAPAN』(2015年4月からはその月の最終週にプレゼントされる『bridge』『Cut』『H』)の最新号を、葉書から応募する際に必要となる[4]

チャートと紹介アーティスト・楽曲の傾向[編集]

本番組におけるチャートは、プラネット社の最新データとHMVTOWER RECORDSなどの外資系大型CDショップの売り上げを基に決定しており、2020年2月2日放送分で個別にランクインした 「Imitation Rain / D.D.」と「D.D. / Imitation Rain」(SixTONES・Snow Man)[5][6]のように、オリコンチャートとは異なった結果が出ることも少なくない。

番組が紹介するアーティストや楽曲は、開始当初はロックやR&Bなどが多く、CSなどで放送されている音楽番組と近似した傾向にあったが、2003年4月頃からアルバムTOP10とシングルTOP40 - 20を入れ替えたり、過去のチャートを振り返るFLASH BACK[7]や、1ヶ月のDVD売上チャート、DVDチャートTOP10などが増えた。そのため、以前よりもインタビューやTOP10の時間が短くなった。また、外資系CDショップや都内大型CDショップのシングルTOP10なども紹介していた。

Jポップの曲は番組開始当初よりランキングで紹介しているが、2010年初夏から扱っている演歌声優の楽曲はオリコンより下位になる事が多く、ランクインしないことも多い。また、同時期から扱っている洋楽も時折アルバムチャートにランクインする[8]お笑い芸人関連の楽曲(特にフジテレビ水10!」から派生したくずゴリエなど)がランクインする場合はPVが流れず、写真のみが表示される他「諸事情により流せません」というナレーションが入ることもある。

放送時間[編集]

番組開始当初から10年以上にわたり、本番組は2度にわたる時間帯変更を重ねながら週末の深夜帯にて放送されてきたが、2011年10月の改編に際し、それまでの土曜0:20 - 0:50(土曜深夜)から日曜9:30 - 9:55に、放送時間を5分短縮の上で移動することとなり、これ以降番組終了まで週末の午前での放送が継続された。

放送時間帯の変更に伴い、共同制作局もテレビ東京からテレビ大阪へ変更され、文字多重放送も開始された[9][10]。2012年4月1日放送分からは、枠移動当初に9:55 - 10:00にて放送されていた『週刊育児ニュース』の終了により、放送時間も30分に戻ると共に、スワン・ソングの単独制作となった。2019年4月時点で日曜9時台後半での放送期間が7年半を数え、かつて同時間帯にて放送されていたパソコン情報番組『パソコンサンデー』の放送期間記録を更新。最終的には2020年3月29日までの8年半にわたって同時間帯での放送が継続した。

最後の放送時間変更は2020年4月4日放送分より実施され、同年9月26日放送分で最終回を迎える[11][12]となるまでの約半年間は、土曜10:30 - 11:00にて放送された。土曜10時台後半への移動に伴い、制作局も再度テレビ東京に変更され、テレビ東京とスワン・ソングの共同制作に戻される。また公式サイトも、テレビ大阪側からテレビ東京側へ移動した。

視聴者プレゼント他[編集]

毎週、『ROCKIN'ON JAPAN』『bridge』『H』『Cut』など、ロッキング・オンより刊行されている音楽雑誌の視聴者プレゼントがある[13]。かつてはJAPAN CIRCUITなどのコンサートのチケット先行予約などのお知らせもこのコーナーで伝えていた。

2004年4月から、シングルTOP10の曲を着信メロディとして、テレビ東京の携帯電話サービス「てれともばいる」で配信するサービスも実施していた。

スポンサーについて[編集]

前身である『TOWER COUNTDOWN』時代は、タイトル通りタワーレコード一社提供番組だったが、後にSONYとの2社提供体制へ移行。さらに2004年9月以降はSony MusicEMI ミュージック・ジャパン2007年6月まで東芝EMI)、TOY'S FACTORYBeing GIZAなど、複数のレコード会社による提供体制に落ち着いた。レコード会社数社が入っているのは、本番組終了時点ではネットワークセールスを通して本番組だけであった[14]。本番組の企画・構成等を務める渋谷陽一が取材しない、B'zを含むビーイング系アーティストがシングル・アルバムリリース時に本番組に出演する理由も、この提供体制に起因したものである(これは渋谷が制作に関与していた『PVTV』でも同様)。各社ともCMは30秒であるが、一部の企業はPT扱いとなっている。

初代ナビゲーター・アランJの頃は提供読みが「This program is brought to you by these sponsors」だった。

2012年4月1日から9月30日放送分では、後提供・エンドクレジットのあと、永谷園ブシロードヒッチハイクCMに続けて、直後に放送される『カードファイト!! ヴァンガード アジアサーキット編』の1分間のジャンクションが放送されていた。同年10月7日放送分以降はヒッチハイクCMが廃され、同番組のジャンクションも単なる5秒クロスの予告のみになった。

特番による休止・変更[編集]

テレビ東京が制作を手がけていた頃は、世界卓球選手権中継時に放送時間繰り下げ、あるいは休止になる場合があった[15]。また『出没!アド街ック天国』『美の巨人たち』が枠拡大のスペシャル版になる場合も、時間を繰り下げて放送された[16]

テレビ大阪に制作局が移管され、放送時間帯が週末の午前に定着してからは、原則として年末年始の特別編成時のみ休止となる。2018年2月24日放送分は、本来の放送日である翌25日に2018年平昌オリンピックのフィギュアスケート競技エキシビション中継が編成される都合上、その前日である24日の10:30 - 11:00に臨時枠移動して放送された。

スタッフ[編集]

  • ディレクター:飯塚理恵子、宮崎諭史、小段好、下井大祐、尾川祐太、小元肇
  • 作家:小畑良浩、古川かずな
  • 構成補:小池清彦(スワン・ソング)→橋本裕美、藤井知子(以前はデスク)
  • 技術:JCTV、ふくみみプロ
  • 編集:八木英和、柳澤諭
  • MA:高橋正敏、小菅康夫
  • CG:小倉ヨシヒロ(OGOOD)
  • デスク:藤井知子→赤尾仁美→関根知花→落合奈緒美、新保美緒子
  • 演出補:濱岡真貴、白波瀬真央、三村菜穂
  • 企画・構成・プロデューサー:渋谷陽一(スワン・ソング)
  • プロデューサー:斉藤知太→高橋瑞香(高橋→以前は構成補)(スワン・ソング)
  • 制作:株式会社スワン・ソング、テレビ東京[17]

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
関東広域圏 テレビ東京 テレビ東京系列 土曜 10:30 - 11:00 制作局[18]
大阪府 テレビ大阪 (2度目の枠移動後の)制作局→幹事局
北海道 テレビ北海道
愛知県 テレビ愛知
岡山県・香川県 テレビせとうち
福岡県 TVQ九州放送
  • 過去にはテレビ東京系列外での系列外ネットを行っていた局があったが、既に打ち切り済みである。

歴代テーマソング[編集]

毎回のオープニングでは、画面下部に今週誕生日を迎えるアーティストの名前が表示され、エンディングでは都内大型CDショップ&アルバムTOP10(2005年4月から、以前は外資系CDショップ&アルバムTOP10)、最新音楽ニュースや音楽クイズなど、すべて音楽ファンによる音楽ファンのための内容になっている。オープニング・エンディングテーマは下記の通り1ヶ月ごとに変更されるが、スポンサーになっている後述のレコード会社のタイアップが多く、中には本番組をスポンサードしているレコード会社でのタイアップで、メジャーデビューしたインディーズアーティストも存在する。

TOWER COUNTDOWN時代
JAPAN COUNTDOWN時代

年間ランキング1位獲得曲[編集]

シングル[編集]

年度 曲名 歌手名 脚注
1997年 やさしい気持ち CHARA
1998年 長い間 Kiroro
1999年 だんご3兄弟 速水けんたろう茂森あゆみ
2000年 TSUNAMI サザンオールスターズ
2001年 Can You Keep A Secret? 宇多田ヒカル
2002年 ワダツミの木 元ちとせ
2003年 世界に一つだけの花 SMAP
2004年 瞳をとじて 平井堅
2005年 青春アミーゴ 修二と彰
2006年 Real Face KAT-TUN
2007年 Flavor Of Life 宇多田ヒカル
2008年 そばにいるね 青山テルマ feat. SoulJa
2009年 ひまわり 遊助
2010年 ライオン
2011年 フライングゲット AKB48
2012年 真夏のSounds good !
2013年 Calling/Breathless
2014年 Bittersweet
2015年 青空の下、キミのとなり [19]
2016年 I seek/Daylight [20]
2017年 ? ?
2018年 Teacher Teacher AKB48 [21]

外資系CDショップシングル[編集]

年度 曲名 歌手名
2002年 ワダツミの木 元ちとせ
2003年 ? ?
2004年 ? ?
2005年 ? ?
2006年 純恋歌 湘南乃風

都内大型CDショップシングル[編集]

年度 作品名 歌手名
2007年 Flavor Of Life 宇多田ヒカル
2008年 そばにいるね 青山テルマ feat. SoulJa
2010年 Troublemaker

アルバム[編集]

年度 作品名 歌手名 脚注
1998年 Mother Father Brother Sister MISIA
1999年 First Love 宇多田ヒカル
2000年 ? ?
2001年 ? ?
2002年 DEEP RIVER 宇多田ヒカル
2003年 Second to None CHEMISTRY
2004年 Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1 宇多田ヒカル
2005年 Def Tech Def Tech
2006年 ? ?
2007年 ALL SINGLES BEST コブクロ
2008年 BEST FICTION 安室奈美恵
2009年 All the BEST! 1999-2009
2010年 僕の見ている風景
2011年 Beautiful World
2012年 Popcorn
2013年 LOVE
2014年 THE DIGITALIAN
2015年 Japonism [22]
2016年 Are You Happy? [23]
2017年 Finally 安室奈美恵 [24]
2018年 海のOh, Yeah!! サザンオールスターズ [25]

都内大型CDショップアルバム[編集]

年度 作品名 歌手名
2008年 HEART STATION 宇多田ヒカル
2011年 BORN THIS WAY LADY GAGA

DVD[編集]

年度 作品名 歌手名
2009年 5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009
2010年 ARASHI Anniversary Tour 5×10
2011年 KARA BEST CLIPS KARA
2012年 ARASHI LIVE TOUR Beautiful World

都内大型CDショップDVD[編集]

年度 作品名 歌手名
2009年 ARASHI AROUND ASIA 2008 in TOKYO
  • 1997年の年間ランキングは『TOWER COUNTDOWN』のもの。
  • 1998年の年間ランキングは『TOWER COUNTDOWN』時代のものとの合算。


脚注[編集]

  1. ^ 2011年7月23日放送分まで、地上アナログではレターボックスで放送。
  2. ^ 土曜深夜時代は「音楽ファンによる、音楽ファンのためのミュージック・プログラム、JAPAN COUNTDOWN」だった。
  3. ^ いずれのイベントも、本番組と同様に渋谷陽一が総合プロデューサーとして関与している。
  4. ^ この他にもプレゼント名、番組の感想、住所、氏名、年齢を明記する。
  5. ^ バックナンバー> 2020/2/2 O.A  シングル、テレビ大阪 - 2020年3月1日閲覧。
  6. ^ オリコンチャートでは合算、Billboard JAPAN Top Singles Salesでは個別にランクイン。Imitation Rain/D.D.#チャート成績を参照。
  7. ^ これ以前にも2001年7月まで、TOP10の前に1年前のTOP10を振り返る同趣旨のコーナーもあった。
  8. ^ 2001年から2011年まで、月曜未明(日曜深夜)に放送されていた、テレビ愛知制作の関連番組『SHOWBIZ COUNTDOWN』でも洋楽が紹介されていた。
  9. ^ 移動先である日曜9時台後半が、元々テレビ大阪の制作枠であるため。番組名はそのままに制作局が変更されるケースは異例である。
  10. ^ 同時期には『SHOUBIZ COUNTDOWN』も終了し、本番組に統合されることとなった。
  11. ^ “テレ東「JAPAN COUNTDOWN」9月末で終了 22年の長寿番組にピリオド”. スポニチ Sponichi Annex. (2020年9月12日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/09/12/kiji/20200912s00041000229000c.html 2021年5月8日閲覧。 
  12. ^ これに先んじて9月12日放送分の終盤で、26日放送分での放送終了がナレーションなしの文字情報で告知された。
  13. ^ このうち『Cut』はカルチャー誌である都合上、BUMP OF CHICKENのメンバーといった音楽アーティストのほかにも、ビートたけし西島秀俊といった俳優も表紙を飾る場合があり、同誌の表紙が音楽アーティストでない場合は『ROCKIN'ON JAPAN』最新号が視聴者プレゼントとなる。
  14. ^ PT扱いも含めると、テレビ朝日の『ミュージックステーション』もレコード会社が2社入っている。
  15. ^ 例として、2009年5月30日横浜アリーナで行われた「第50回世界卓球選手権個人戦」デイリーハイライト放送のため休止。2011年5月14日放送分(第51回世界卓球選手権個人戦)は25分繰り下げの0:45 - 1:15の放送となった。
  16. ^ 例として、2008年3月30日のアド街ック天国2時間スペシャル「水上バスで行く!隅田川タウンBEST50」(21:00 - 22:54)放送時は、60分繰り下げて1:25 - 1:55に放送されていた。
  17. ^ 2012年3月まではロッキング・オンの制作子会社であるスワン・ソングとテレビ大阪(2011年9月まではテレビ東京)との共同制作。2012年4月1日放送分より30分化されると同時にスワンソングの単独制作となり、テレビ大阪は「制作局」ではなく「幹事局」になった。提供クレジットなどの番組送出、番組公式サイトは引き続きテレビ大阪が行った。放送枠の移動により、2020年4月4日放送より再びスワン・ソングとテレビ東京の共同制作に変更。公式サイトもテレビ東京側に変更された。
  18. ^ 2011年10月から2020年3月までを除く。
  19. ^ 年間トップ10  2016/1/10 O.A  シングル、テレビ大阪 - 2019年2月27日閲覧。
  20. ^ 2016年総合年間チャート 2016/12/25 O.A  シングル、テレビ大阪 - 2019年2月27日閲覧。
  21. ^ 2018年 年間TOP10 2019/1/6 O.A  シングル、テレビ大阪 - 2019年2月27日閲覧。
  22. ^ 年間トップ10  2016/1/10O.A アルバム
  23. ^ 2016年総合年間チャート 2016/12/25O.A アルバム、テレビ大阪 - 2019年2月27日閲覧。
  24. ^ 年間TOP10 2018/1/7O.A  アルバム、テレビ大阪 - 2019年2月27日閲覧。
  25. ^ 2018年 年間TOP10 2019/1/6O.A. アルバム、テレビ大阪 - 2019年2月27日閲覧。

関連項目[編集]

  • LIVE BANG! - テレビ東京系列で日曜夜に放送されていた番組。
  • COUNT DOWN TV(TBS系列) - 日曜0:58(土曜深夜)から放送されている。コンセプトが本番組と同様。
  • HITS CUTS NOW - NORTH WAVECROSS FMの2局ネットで1998年1月 - 2002年3月のほぼ同じ時間帯で放送されていた。
  • SHOWBIZ COUNTDOWN - テレビ東京系列で2001年4月 - 2011年9月の日曜深夜に放送されていた、映画の興行収入ランキングや最新の映画情報を紹介する番組。テレビ愛知制作。テロップやCGなど、演出面に共通点が見られる。
  • 和風総本家 - テレビ東京系列で木曜21時から放送されているクイズ番組。企画の元は同局制作の単発番組「日本和風検定」で、これをテレビ大阪の制作によりレギュラー化したものである。
  • きらきらアフロTM - テレビ大阪制作で2001年4月から2011年12月まで放送されていた番組。2012年4月よりテレビ東京制作に移管された。
  • Sa Yo Na Ra - globeの14枚目のシングル。『JAPAN COUNTDOWN』としての第1回放送において、シングル1位を記録した。
  • BUMP OF CHICKEN
  • Dragon Ash
    • いずれも地上波のテレビ番組にはほとんど出演しないことで知られている一方、本番組への複数回の出演記録を持つ。
テレビ東京系列 土曜23:45 - 翌0:15
前番組 番組名 次番組
SKINOW'97
(1996年11月 - 1997年3月)
TOWER COUNTDOWN
(1997年4月 - 1998年9月)

JAPAN COUNTDOWN
(1998年10月 - 2000年3月)
スポーツTODAYワイド
(2000年4月 - 2001年3月)
※23:30 - 翌0:15
  • ※23:00 - 23:45から繰り下げ
テレビ東京系列 日曜0:20 - 0:50(土曜深夜)
→日曜0:25 - 0:55(土曜深夜)
KAIKANフレーズ
(1999年10月 - 2000年3月)
JAPAN COUNTDOWN
(2000年4月 - 2011年9月)
  • ※2003年4月放送分より5分繰り下げ
バカソウル
(2011年10月 - 2013年9月)
※土曜23:55 - 翌0:50
テレビ大阪制作・テレビ東京系列 日曜9:30 - 9:55
キレイの台所
(2011年4月 - 9月)
※9:30 - 10:00
JAPAN COUNTDOWN
(2011年10月 - 2020年3月)
トミカ絆合体 アースグランナー
(2020年4月 - 2021年3月)
テレビ大阪制作・テレビ東京系列 日曜9:55 - 10:00
週刊育児ニュース
(2011年10月 - 2012年3月)
JAPAN COUNTDOWN
(2012年4月 - 2020年3月)
トミカ絆合体 アースグランナー
(2020年4月 - 2021年3月)
テレビ東京系列 土曜10:30 - 11:00
アイカツオンパレード!
(2019年10月 - 2020年3月)
JAPAN COUNTDOWN
(2020年4月 - 9月)
  • ※本番組のみ音楽番組
パズドラ(再放送)
(2020年10月 - )
  • ※同番組よりアニメ枠