JASDF羊羹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

JASDF羊羹(ジャスダフようかん[1])は、航空自衛隊三沢基地第3航空団基地業務群業務隊給養小隊)の開発協力によって井村屋が製品化した羊羹バー。2014年7月に開発が公表された[1]

概要[編集]

おにぎり約1個分に相当する194kcalのエネルギーと、脳の活動に必要なブドウ糖15gが補給できる栄養補助食品[1]。携帯しやすいポケットサイズで、1年間の保存が可能。カカオマスココアバターなど、原材料にはチョコレート用の材料が多く使われており、味はほぼチョコレート味だが、「チョコレートそのままだと暑さで簡単に溶けてしまう」という問題をクリアするため、井村屋の羊羹製造技術を応用したという[2]。また、同社の「えいようかん」との違いは、ブドウ糖・カルシウムを配合している点と、カロリーを通常の羊羹よりも高めに設定している点[2]。パッケージはデジタル迷彩柄で、迷彩柄の異なる複数の種類があるほか、箱の内側には自衛隊法第52条(服務の本旨)の条文が記載されている[3]

なお、当面は三沢基地の隊内使用に限定されるということで、井村屋では「一般への市販予定はない」としている。ただ、基地の航空祭などのイベント限定での一般販売の可能性については一企業の判断で左右できる問題ではないため「井村屋からはご返答できません」としている[2]

関連項目[編集]

同社製品のキャッチコピー「お口でとけて手でとけない」は、上記の軍用チョコレートに求められる「簡単に融けてしまわない」の問題をキャンディーコートで解決したものである。同製品開発のきっかけになったのは、スペイン内戦で兵士たちの口を楽しませていた砂糖でコートされたチョコレートであった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 航空自衛隊と井村屋がコラボした栄養補助食品「JASDF羊羹」味は濃厚チョコレート - アメーバニュース・2014年7月9日
  2. ^ a b c 沢山もらった『JASDF羊羹』へのご質問、FAQ的に解答してみました。 - togetter(井村屋公式アカウントによるまとめ)
  3. ^ ねんがんの『JASDF羊羹』をてにいれたぞ! - togetter(井村屋公式アカウントによるまとめ)