JBG音楽院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

JBG音楽院(ジェイビージーおんがくいん)は東京表参道と大阪梅田にある、DTM作曲作詞ミキシング、楽譜制作、ボーカル、ギターなどを教える音楽の専門スクールである。 バークリー音楽大学で学んだ講師が監修している「世界標準の最新音楽制作カリキュラム」を軸に、目的別に選べる4つのコース受講と、各講座の単科受講も可能。
「音楽は日々常に進化し続けている」をモットーに、リアルタイムでのヒット曲を題材にするなど、授業内容は随時アップデートされている。 授業は、平日夜間と土日中心の開講。
2009年10月の開校当時は、数ヶ月間の短期集中カリキュラムやレベル別コース、業界初となる「深夜開講」を特徴としていたが、2015年8月より大幅にカリキュラムを改編。前述の特徴を持つ形となった。
運営会社はジングルBGM楽曲制作株式会社である。

特徴[編集]

・各コースごとに、必要となるスキルを身につける講座を、メインプログラムの「作曲1」「作曲2」「DTM1」「DTM2」「作詞1」「作詞2」「ミックス&トラックメイキング1」「ミックス&トラックメイキング2」の中から組み合わせて受講する。
・コース修了後のさらなるスキルアップを目指すオプション講座として、「作曲3」「DTM3」「イヤートレーニング1」「イヤートレーニング2」「Finale1」「Finale2」が用意されている。
・メインプログラム受講前に「コアプログラム(必修コア)」と呼ばれる授業を3〜6ヶ月間受講する。これにより「音の聴き取り」「楽譜の読み書き」「DTM操作」「キーボード演奏」について、ミュージシャンや作曲家には不可欠な、音楽教養のスキルを身につけることができる。
・前述の必修コアに対し、音楽の素養、表現の幅を広げるための講座「選択コア」がある。「ボーカルコア」「作詞コア」「ギターコア」「Finaleコア」の4講座で構成されている。
・作品(アルバム)制作や高度なアレンジ研究を目的とした講座を「LAB.(ラボ)」と位置づけ、「プロダクションLAB.」「オーケストレーションLAB.」を開講している。
作曲の授業は、ワールドスタンダードな音楽理論を中心に、最新の音楽にも対応できるよう、常に内容の刷新が図られている。
DTMの授業は、操作方法だけでなく、様々なジャンルのアレンジや楽器の演奏法も学びながら、生徒による実践中心で進められる。授業内容には、レコーディングスタジオでの実習も含まれる。
作詞の授業は、ヒット曲の解析や、メロディに言葉をのせるテクニックを学び、「実践→講師の添削」を繰り返す。
ミキシングの授業は、プロエンジニアであるichiro氏が所有するスタジオ「プレミアエンジニアリング」で行われ、世界トップクラスのモニター環境で学ぶことができる。また、ichiro氏本人が講師を務めている。

開設コース(2017/8現在)[編集]

・アーティストコース
・ソングライターコース
・サウンドクリエーターコース
・プロデューサーコース

開講講座(2017/8現在)[編集]

・コアプログラム
 (必修コア4講座-DTMコア/ライティングコア/イヤートレーニングコア/キーボードコア)
 (選択コア4講座-ボーカルコア/作詞コア/ギターコア/Finaleコア)
・作曲1/2/3
・DTM1/2/3
・作詞1/2
・ミックス&トラックメイキング1/2
・イヤートレーニング1/2
・Finale1/2
・プロダクションLAB.
・オーケストレーションLAB.
その他特別セミナーなど

担当講師(2017/8現在)[編集]

《東京校》
・荒木健
・侘美秀俊
・Len
・Sasha
・伊藤和馬
《大阪校》
・栗田洋輔
・岩井ロングセラー
・植田良太
・野口亮
・増谷紗絵香