JBL2 2010-11

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

JBL2 2010-11は、2010年10月9日から2011年3月まで、日本各地で行われたバスケットボールリーグである。

参加チーム[編集]

試合方式[編集]

レギュラーシーズン[編集]

プレーオフ[編集]

  • レギュラーシーズン1位と4位、2位と3位の組み合わせでそれぞれ一発勝負のセミファイナル、ファイナルを戦う。3位決定戦も行う。プレーオフは小牧市パークアリーナ小牧で開催。

結果[編集]

レギュラーシーズン順位[編集]

順位 チーム名 成績 勝率
1 豊田通商ファイティングイーグルス 22勝0敗 1.000
2 アイシン・エィ・ダブリュアレイオンズ安城 16勝7敗 .696
3 TGI・Dライズ 12勝10敗 .545
4 レノヴァ鹿児島 11勝12敗 .478
5 石川ブルースパークス 11勝12敗 .478
6 日立電線ブルドッグス 9勝13敗 .409
7 豊田合成スコーピオンズ 8勝14敗 .364
8 黒田電気ブリットスピリッツ 8勝15敗 .348
9 ビッグブルー東京 4勝18敗 .182

プレーオフ[編集]

  • プレーオフ・セミファイナルは3月26日、ファイナルは3月27日に開催予定であったが、3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響を受け中止となった。

最終順位[編集]

順位 チーム名
1 豊田通商ファイティングイーグルス
2 アイシン・エィ・ダブリュアレイオンズ安城
3 TGI・Dライズ
4 レノヴァ鹿児島
5 石川ブルースパークス
6 日立電線ブルドッグス
7 豊田合成スコーピオンズ
8 黒田電気ブリットスピリッツ
9 ビッグブルー東京

JBL2アウォード[編集]

部門 受賞者 チーム
MVP 宮崎恭行 豊田通商
ルーキー・オブ・ザ・イヤー 神津祥平 豊田通商
コーチ・オブ・ザ・イヤー 渡邊竜二 豊田通商

ベスト5[編集]

P 受賞者 チーム
G 並里祐 レノヴァ
G/F 宮崎恭行 豊田通商
F 鈴木鉄夫 アイシンAW
F/C 神津祥平 豊田通商
C 劉衡 Dライズ

リーダーズ[編集]

部門 受賞者 チーム 記録
得点 大原健 豊田合成 21.05点
アシスト 並里祐 レノヴァ 4.48本
リバウンド 劉衡 Dライズ 10.64本
野投成功率 ライアン・ウィリアムス 豊田通商 60.12%
フリースロー成功率 宮崎恭行 豊田通商 81.31%
3P成功率 尾﨑宏次 日立電線 35.42%
スティール 大原健 豊田合成 3.05本
ブロックショット クリス・ブラウン レノヴァ 2.57本

備考[編集]

参照[編集]

関連項目[編集]